神の子・格闘家の山本KID徳郁が死去!悲しみの声が続々と!

 

Pocket
LINEで送る

過去にはレスリング選手としても活躍していた格闘家の山本KID徳郁さんが、9月18日に亡くなっていた事が判りました。

8月26日には自身のInstagramで癌である事を公表、「帰れるように頑張る」と決意表明していた矢先でした。

41歳と言うあまりに早い死に、各業界内外からも驚きと失意に包まれているようです。

今回は神の子・格闘家の山本KID徳郁が死去!悲しみの声が続々と!などの情報に注目していきます。

神の子・格闘家の山本KID徳郁が死去!

8月に癌闘病を明らかにした格闘家の山本KID徳郁さんですが、9月18日に力尽き他界しました。

41歳での死に、業界関係者のみならず格闘技ファンや一般視聴者にもショックがあったようです。

KIDさんが主催している格闘技ジムの「KRAZY BEE」では次の様に伝えています。

山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ

山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が本日9月18日に逝去致しました。

生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申し上げます。

尚、山本家、家族、友人への取材はご配慮頂けますようお願い申し上げます。

癌闘病を明かしたKIDさんでしたが、癌の詳細は明らかになっていませんでした。

KIDさんが亡くなった後、癌は「胃癌」であり、約2年前から患っていたそうです。

目立つために、都内の病院は避け地方の病院で治療を受けていたと言うKIDさん。

今年の2月からは「終末治療」と言って良いグアムの病院へ転院、後は奇跡を待つと言う状態だったようです。

山本KID徳郁さんの訃報にネットでの反応が気になるところですね。

◎早すぎだろ・・・・・・

◎マジか、御冥福をお祈りします 

◎実はあんまり知らん(*´・ω・`*)

◎それにしても41歳って何だよ?残念だ ご冥福をお祈りします

◎ああ…やっぱりグアムはホスピスだったんだな

◎俺と同い年くらいの奴が死ぬとショック 

◎公表の時点で末期だったんだな

◎早すぎる。無念だろうに 

◎みんな平成最後に急ぎ過ぎ 

◎ついこの間「頑張る」言ってたのに

◎車椅子乗って結構痩せ細ってたもんなぁ…… 

◎公表した時には手遅れだったのか(´;ω;`)

◎今年は有名な人が亡くなる事多いな・・・

引用元

山本KID徳郁の訃報に悲しみの声が続々と!

そんな山本KID徳郁さんには実に多くのコメントが業界内外から寄せられているようです。

日が経つにつれ、その数はどんどん増えています。

妹であり、レスリング元世界王者の山本聖子さんは自身のSNS上に「I Love this fighter forever」、このファイターを永遠に愛していると投稿しました。

姉であり、格闘家の山本美憂さんは予定されていた試合に出場すると宣言した後に、「弟の為に絶対勝ってみせる」とコメント。

KIDさんと対戦をした事もある格闘家の宮田和幸選手は「中学の時、仲良かったよね。その時から強くてカッコ良くて普通じゃなかった。小さい時から闘い続けて疲れたと思います。KID選手 ゆっくり休んで下さい」と語っています。

元修斗米大陸ライト級王者のジェフ・カランは「わが友よ、私は我々の戦いから学んだことをいつまでも忘れないだろう。あまりにアメイジング対戦相手であり、後に友人になれたことに感謝します。安らかにKID」としました。

UFCライトヘビー級9位のアンソニー・スミスは「残念。真のレジェンドで開拓者だった。信じられない程悲しい。安らかに、KIDヤマモト」とコメント。

更に元UFC世界ヘビー級王者で日本でもお馴染みの格闘家ジョシュ・バーネットは「お悔やみ申し上げます。何て言ったらいいか…..さようなら私の友人」と日本語でKIDさんの死を嘆きました。

UFCライト級エリック・コクは「安らかに。この男を見て育ってきた。エンターテイメントを有難う。いつでも見ているのが楽しかった」と話しました。

UFC女子フェザー級女王クリスチャン・サイボーグは「KIDヤマモトが亡くなったと今知りました。とても悲しいニュースです。ご家族と山本美憂に祈りを」とコメントしました。

国内、国外、業界内外問わず続々とコメントがまだまだ寄せられており、生前のKIDさんがいかに愛されてきたのかが良く判るのではないでしょうか。

まとめ

今回は神の子・格闘家の山本KID徳郁が死去!悲しみの声が続々と!などの情報に注目しました。

兼ねてより癌闘病中だった格闘家の山本KID徳郁さんが9月18日に亡くなりました。

41歳と言うあまりに若く、早過ぎる死に多くの人にショックを与えたようです。

山本KID徳郁さんのご冥福をお祈り致します。

Pocket
LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


▲ PAGE TOP