葛西紀明の嫁画像!オリンピック出場回数に海外の反応は“ロックスター”と尊敬!

 

Pocket
LINEで送る

2018年平昌五輪のジャンプノーマルヒル予選で冬季五輪出場を果たした葛西紀明さん。

そんな葛西さんの年齢は、45歳で、スポーツ選手の中では高齢のスキージャンプ選手です。

今回は、そんな葛西紀明さんの「嫁画像」や、「オリンピック出場回数」に海外選手が感銘を受けているという「海外の反応」についてお伝えします。

  • プロフィール
  • 葛西紀明が結婚した13歳年下の嫁画像も!!
  • 葛西紀明のオリンピック出場回数やメダル獲得回数は?
  • レジェンド葛西紀明の海外の反応は「ロックスター」

をお伝えします。

プロフィール

本名:葛西 紀明(かさい のりあき)

愛称:NORI、カミカゼ、レジェンド

生年月日:1972年6月6日(45歳)

身長:177cm

出身地:北海道上川郡下川町

職業:スキージャンプ選手

所属:東海大四高校→地崎工業→マイカル→土屋ホーム選手兼任監督

出典:https://twitter.com/

オリンピック選手の多くは3~4歳の頃からスポーツを始められるそうですが、葛西紀明選手は、10歳からスキージャンプを始めています。

そんな葛西選手は、始めてからすぐに才能を発揮し「雪印杯日本ジャンプ大会ジュニア部」では数々の優勝を獲得しています。

中学3年生の時には、4歳年上の東昭広選手が同大会で優勝した飛距離を上回り才能を発揮していました。

葛西紀明が結婚した13歳年下の嫁画像も!!

出典:https://geinou-japan777.com/

葛西紀明さんが結婚したのは、2014年2月とつい最近なんですね。

結婚した嫁の年齢は、葛西さんの13歳下で、現在31歳です。

13歳年下の葛西さんの嫁の名前は、「張磨怜奈」(はりま れいな)さん。

出典:http://hibiomo.com/

そんな葛西さんの嫁は、料理上手でマッサージ師の資格も取得しているとか。

スポーツ選手には理想の嫁ですね。

残念ながら、葛西さんの嫁画像は、結婚式のしかありませんでした…。

葛西紀明のオリンピック出場回数やメダル獲得回数は?

東海大四高校に入学後の1年時には、11月に札幌で開催された「スキージャンプ・ワールドカップ」に当時史上最年少の16歳6ヶ月で初出場しています。

16歳の時からオリンピックに出場にしている葛西選手は、30年以上もスキージャンプを続けていることになります。

そこから「レジェンド」と称されている葛西さんは、2018年の平昌オリンピックの出場も決定しています。

  • 1992年:アルベールビルオリンピック
  • 1994年:リレハンメルオリンピック
  • 1998年:長野オリンピック
  • 2002年:ソルトレイクシティオリンピック
  • 2006年:トリノオリンピック
  • 2010年:バンクーバーオリンピック
  • 2014年:ソチオリンピック

2018年平昌オリンピック出場を含めると、葛西さんのオリンピック出場回数は、「8回」になります。

8回の出場回数の内、メダルの獲得回数は、3回。

リレハンメルオリンピックで団体で銀メダルを獲得してからしばらくメダルは獲得出来ていませんでした。

ですが、4年前に開催されたソチオリンピックで団体で銅メダル、40歳を越えた葛西さんが個人で「銀メダル」を獲得されています。

今回の平昌オリンピックでは、金メダル獲得が期待されています。

レジェンド葛西紀明の海外の反応は「ロックスター」

平昌五輪のスキージャンプ男子ノーマルヒル予選で冬季五輪史上最多の8度目の出場を果たした葛西紀明さん。

1992年のアルベールビル大会から8大会連続出場を続ける45歳の葛西さんについて、アメリカメディアは『ロックスター』と称しています。

「米紙「USAトゥデー」は「冬季五輪において、男子ノーマルヒルほど不適切につけられた名前はない。

なぜなら、それが全くもって“ノーマル”ではないからだ」と記し、葛西の五輪史上最多となる8度目の五輪出場という偉業を特集している。」

「日本のレジェンドについて「ロックスター」と評し、45歳でもスキージャンプという競技と向き合い、空を飛び続ける姿勢に賛辞を送っている。

尊敬の眼差しはスキー界のライバルからも送られているという。」

引用元

また、米国選手のケイシー・ラーソンさんがかつて葛西さんの競技前の姿に感銘を受けたことをコメントしています。

「彼は僕のような若いアスリートにとって、憧れの大物だよ。

また、ベテランの選手からも、忍耐とハードワークの象徴的存在として尊敬されている」

引用元

さらにラーソンが感銘を受けたのは、競技前に、葛西が日本人選手とサッカーボールを蹴り合っている姿を見て、

「常に屈託のない明るさだ。常に楽しく過ごすことを目指している」

「その楽しむ姿勢こそ、日本のスターにとって原動力だ」

と伝えていたそうです。

葛西紀明さんは、今回のオリンピックで出場回数は8回。

今の年齢は45歳という葛西さんは、スポーツという広い世界で見ても高年齢です。

多くの人が、今回の平昌オリンピックで葛西紀明さんは引退するのではないかと思っていました。

ですが、2017年の終わりに平昌オリンピックにに着用するウエアの発表会見で、「4年後の北京オリンピックに出場する可能性はあるのか」と聞かれた際、葛西さんは「あります!」と回答しています。

北京オリンピックに出場すれば、出場記録9回。

これからも、レジェンドや、ロックスターとして葛西さんの活躍に期待したいですね。

 

Pocket
LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


▲ PAGE TOP