松坂大輔が離婚?全盛期からの不調はさげまん嫁のせい?激太り画像も!嫁と子供はセレブ生活満喫中!?

 

Pocket
LINEで送る

高校時代から大活躍し、全盛期は「平成の怪物」と呼ばれて主要な賞を総なめにしていた松坂大輔(37歳)投手。

現在は、テスト生として中日ドラゴンズに入団し、今度こそ活躍が期待されています。

今回は、そんな松坂大輔投手の「現在」や「全盛期時代」や、「激太り画像」、嫁の柴田倫世(43歳)さんが「さげまん」 と呼ばれている理由や、そんな夫婦の「離婚危機」についてお伝えしたいと思います。

  • プロフィール
  • 激太り画像も!日本球界に復帰した松坂大輔投手の現在は?
  • 松坂大輔投手「平成の怪物」と言われた全盛期時代!!
  • 年棒に驚愕!松坂大輔のメジャーリーグ挑戦は失敗だった!?
  • 松坂大輔が離婚?さげまん嫁と子供はボストンでセレブ生活満喫中!?
  • をお伝えします。

プロフィール

本名:松坂 大輔(まつざか だいすけ)

愛称:マツポン、マツ、ダイスケ/MLB:Dice-K、D-Mat

生年月日:1980年9月13日(37歳)

身長:183cm

体重:93kg

血液型:O型

出身地:東京都

学歴:横浜高等学校

職業:プロ野球選手

投打:右投げ/右打ち

ドラフト年:1998年(1位)

所属球団:西武ライオンズ(1999~2006)→ボストン・レッドソックス(2007~2012)→ニューヨーク・メッツ(2013~2014)→福岡ソフトバンクホークス(2015~2017)→中日ドラゴンズ(2018~)

激太り画像も!日本球界に復帰した松坂大輔投手の現在は?

出典:https://twitter.com/

2015年に日本球界に復帰した松坂大輔投手。

福岡ソフトバンクホークスと3年12億円という長期契約を結びました。

大事なオープン戦で、今度は肩を故障し、一軍登板はゼロ。

出典:https://twitter.com/

メジャー時代から怪我続きなのも、松坂投手の激太りが原因なのでは?とも言われています。

2016年10月に日本初復帰となる一軍登板を果たすも1回5失点。
ソフトバンクに在籍している間は、1勝も出来ず、成績が振るわなかったため、2017年に福岡ソフトバンクスを退団しています。

そんな松坂投手は、引退するのではないかと言われていました。

ですが、今年1月23日にナゴヤ球場で行われた中日ドラゴンズの入団テストを受けて合格。

単年契約で、年棒1,500万円+出来高とみられています。

松坂大輔投手「平成の怪物」と言われた全盛期時代!!

横浜高校での甲子園でスターとなり、「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔投手。

松坂投手は、1998年のドラフト会議で西武ライオンズにドラフト1位で入団し、鳴り物入りでプロ野球へやってきました。

プロ入り1年後も期待通りの活躍を見せた松坂投手は1年目から7,000万円という高額な年収をもらっています。

3年連続の最多勝に、2年連続の最優秀防御率で日本野球界に輝かしい成績を残しています。

1999年は16勝5敗、防御率2.60で最多勝を獲得し、ベストナインとゴールデングラブ賞も受賞し、能力の高さを証明し、2000、2001年も14勝、15勝と3年連続の最多勝、2001年には沢村賞を獲得するなど、プロ入り3年目で球界を代表するエースになったようです。

2006、2009年のWBCで優勝し、両年ともMVPを獲得しています。

西武ライオンズに在籍していた8年間で、松坂投手は、10勝以下だったシーズンは1度。

「平成の怪物」こと松坂投手は、メジャー移籍後も17勝5敗、防御率2.13という圧倒的な数字を残しています。

年棒に驚愕!松坂大輔のメジャーリーグ挑戦は失敗だった!?

出典:http://business.nikkeibp.co.jp/

松坂大輔投手がメジャーリーグに挑戦したのは、2007年からです。

レッドソックスは、松坂投手を獲得する際、60億円を西武に支払っています。

◆これは、松坂投手のメジャーリーグ時代の年棒です。

チーム・成績(勝敗/防御率) 年俸
レッドソックス(15勝12敗/4・40) 6億3000万円
レッドソックス (18勝2敗/2・90) 8億3000万円
レッドソックス (4勝6敗/5・76) 8億3000万円
レッドソックス (9勝6敗/4・69) 8億3000万円
レッドソックス (3勝3敗/5・30) 10億3000万円
レッドソックス (1勝7敗/8・28) 10億3000万円
インディアンス (3勝3敗/4・42) 1億5000万円
メッツ     (3勝0敗/3・89) 1億5000万円
米国通算   (56勝40敗/4・45) 米合計・54億8000万円

引用元

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

松坂投手の54億8,000万円というメジャー通算年棒だけでみると、メジャー失敗とは言えない金額です。

メジャー時代は、レッドソックス1年目に15勝、2年目には18勝と上々な成績を残した松坂投手。

ですが、3年目には肩や肘、下半身などの不調を訴えて故障者リスト入り、3年目は結局4勝と低迷、2009年には9勝して少し持ち直しましたが、2011年に本格的に肘を壊し、肘の側副靭帯再建手術「トミージョン手術」を受けます。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

その後、怪我の影響もあってか、中継ぎに変更しますが、メジャー後半はほとんど活躍出来ていませんでした。

松坂大輔が離婚?さげまん嫁と子供はボストンでセレブ生活満喫中!?

私生活では、1998年に日本テレビに入社した元美人アナウンサーの嫁・柴田倫世さんと出逢います。

翌年の2001年に嫁の柴田さんにプロポーズし、その4年後の2004年に2人は結婚。

2人が出逢ったきっかけは、高校を卒業してすぐの(プロ1年目)から活躍していた松坂選手に、1年目シーズンの終わりに嫁の柴田さんがインタビューをしたのがきっかけだったようです。

嫁の柴田さんは、松坂選手の6歳上ですが、歳の差を感じなかったのが良かったとコメントしています。

出典:http://cherry0704.com/

落合博満さん、原辰徳さん、イチロー選手等と、嫁が“姉さん女房”で活躍している野球選手は多いんですが…。

松坂夫婦には、2005年12月に誕生した長女と、2008年3月に誕生した長男、2010年に誕生した次女と、3人の子供がいます。

高給取りの松坂大輔さんは、ボストンに豪邸を建てています。

ボストンは、子育てにも非常に良い環境で、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などの名門大学や、名門市立小・中・高校があり、全米No1と言われるくらい教育制度も整っているようです。

出典:https://www.youtube.com/

そんな教育制度の整っているボストンで暮らしている松坂投手の子供の教育費はそれぞれ1,000万円を超えるという。

実は、松坂投手がニューヨーク・メッツ時代や、日本球界に復帰した2015年も、嫁の柴田さんや子供3人はボストンで生活し、松坂投手は、単身赴任生活をしているそうです。

「倫世夫人は間違いなく子供の生活を最優先にしています。

現在は子供がそれぞれ12歳、9歳、7歳ですから、この時期にボストンを離れる気はないでしょう。

松坂がレッドソックスからニューヨーク・メッツに移籍したときもボストンを離れませんでした。

それだけ、ボストンが子供にとって素晴らしい環境だと考えているのです。

松坂が活躍できないのは『アスリートの妻として全く機能していないから』なんて陰口さえ囁かれています」(スポーツ記者)

引用元

出典:https://www.amazon.co.jp/

スポーツ選手にとって大事な食事管理も、単身赴任中の松坂投手は、自身で食事管理から健康管理をしなくてはいけない状態。

そのため、『アスリートの妻として全く機能していないから』柴田さんは、“さげまん嫁”と言われており、一部では、離婚の危機の囁かれているようです。

松坂投手は、2009年から徐々に太ってきており、この頃から不調が続いていることからも、嫁の食事管理が出来ていないから。

ですが、テスト生として中日入りした松坂投手、年棒1,500万年でも現役を続けているのは、嫁や子供のためではないかとも言われています。

松坂大輔投手が、今後も活躍してくれることに期待したいですね。

 

Pocket
LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


▲ PAGE TOP