出所直前!服役中の月形刑務所で死去したTHEFOOLS・伊藤耕の死因とは!?

 

10月17日、ロックバンド「THE FOOLS」のボーカル・伊藤耕さんが服役中の北海道・月形刑務所内で亡くなっていたことが、同バンドの公式サイトで発表されました。

10月16日に刑務所内で亡くなったという伊藤さんの死因については、「現在、検視結果の報告待ち」で「詳細等、また判明次第、報告させてもらいます。」とコメントしています。

  • ■ロックバンド「THE FOOLS」のボーカル・伊藤耕
  • ■伊藤耕の逮捕歴や逮捕理由とは?
  • ■出所直前の死去!服役中の月形刑務所で亡くなった伊藤耕の死因とは!?

をお伝えします。

ロックバンド「THE FOOLS」のボーカル・伊藤耕

東京都出身の1995年生まれという伊藤耕(享年62歳)さん。

ギターの川田良さんと伊藤さんを中心として1980年に結成されたロックバンド「THE FOOLS」のボーカルとして活動してたようです。

伊藤さんは日本のパンク・ロックの草分けとして知られ、1990年代を中心に存在感溢れるライブパフォーマンスで活躍していたようです。

2014年1月に川田さんが亡くなっており、過去に幾度もメンバー変更を重ねていたようです。

#伊藤耕 #ブルースビンボーズ #theFOOLS

A post shared by おがわまさひろ masahirOOgawa (@masahiroll) on

「初期メンバーは伊藤さんの他、元「村八分」の青木真一さん(2014年死去)ら。

過去に幾つものメンバー変更を重ねており、2017年現在までの参加メンバーは総勢18人にのぼる。

伊藤さんは存在感溢れるライブパフォーマンスで1990年代を中心に活躍し、日本のパンク・ロックの草分けとして知られる。

一方で複数回にわたる逮捕を繰り返し、2015年秋から服役中だった。

同バンドはその間、メンバーの闘病、死去に見舞われながらも、活動し続けていた。

2016年5月、20年ぶりのフルアルバム「REBEL MUSIC」をリリース。

キューバ音楽の映画「Cu-Bop」で知られる写真家・高橋慎一氏が手がけた、同バンドのドキュメンタリー映画の公開も控えており、公式ツイッターは17年1月24日、「10月公開予定で、同時に本も出版されます!」と宣伝していた。」

引用元

https://twitter.com/sorochkaroma/status/920450288745508864

昨年には、伊藤さんが出頭前のレコーディングした25年ぶりとなる新録音フルアルバム「REBEL MUSIC」をリリースしていたとこと。

また、高橋慎一監督のドキュメンタリー映画の公開も10月に控えていたようです。

伊藤耕の逮捕歴や逮捕理由とは?

伊藤さんはこれまでに何度も逮捕歴があるようです。

1度目は1980年代、2度目はバンド「THE FOOLS」が活動停止中の1995~2006年の間、3度目は2009年10月に逮捕、その後、2013年1月に出所するものの、出所からわずか8ヶ月という同年9月にも逮捕と複数回の逮捕歴があるようです。

◇2015年秋から北海道・月形刑務所で服役中だった

路上で職務質問された際、伊藤さんの反応がおかしかったため、薬物簡易検査で陽性反応が出たため身柄を拘束、麻薬取締法違反で逮捕されたようです。

その後、家宅捜索するも薬物などは発見されていないとのことです。

2014年7月に一審裁判で無罪判決を受け釈放されますが、同年9月に刑事告訴を受け、在宅起訴により2015年3月に行われた2審裁判では逆転有罪判決を受けています。

伊藤さんは2審判決を受け、最高裁に上告しましたが、棄却されています。

懲役2年10ヶ月の実刑を受けた伊藤さんは、2015年秋から北海道・月形刑務所で服役中でした。

出所直前の死去!服役中の月形刑務所で亡くなった伊藤耕の死因とは!?

10月17日、ロックバンド「THE FOOLS」のボーカル・伊藤耕さんが服役中の北海道・月形刑務所で亡くなっていたことが判りました。

10月16日に服役していた月形刑務所内で亡くなった伊藤さんの死去を、翌日17日にバンドの公式サイトで「悲しいお知らせですんません。」と題し発表しています。

「伊藤耕は昨夜、服役中の月形刑務所内で亡くなりました。

現在、検視結果の報告待ちです。

詳細等、また判明次第、報告させてもらいます。

出所が40日後だったのに残念です。」

THE FOOLS 公式サイト 引用元

つくりばなしだろ?MR.FREEDOM 何がどうなってんの? 高校の時初めてクロコダイルでFoolsみたぜ。Kazベース弾いてた頃。そりゃカッコよくて、たぶん”funk”って意味をその時初めて理解した。山口冨士夫のTumblingsもその少し前クロコで観て両者共、ホンモノのあのギラギラした感じ、まるで昨日の事の様に強烈に焼きついてる。 その何年か後、一緒にライブ観に行った友達がFoolsの運転手やってて、よく伊藤耕&川田良の破茶滅茶でファンキーでイかれてて、最高におもしろい?話を沢山聞かされた。そいつの家でPublic EnemyやFunkadelic聴きながら。 ほんの25〜30年位前の話。 くそなんてことだよ。 愛すべきならずもの 国家権力に時間と体を奪われても 誰も自由な魂を閉じこめられなかった Super Bad Ko MR.FREEDOM 安らかに #fools #weedwar #伊藤耕

A post shared by Kiyo Bayakas (@mitsuki69) on

死因については現在、検視結果の報告待ちで、判明次第報告があるようです。

まだ検視結果が報告されておらず死因が不明なため、「伊藤さんはヘビースモーカーだったためそれが死因ではないか」「何度も逮捕歴がある薬物が死因ではないか」など伊藤さんの死因に様々な憶測を呼んでいます。

伊藤さんの突然の訃報に、ファンや関係者たちから伊藤さんの死を惜しむ声が多く上がっているようです。

◇高橋慎一さん18日のツイート

「伊藤耕について少し考える時間が欲しいです

僕が制作しているドキュメンタリー映画に関しては、今は何も言えません」

引用元

◇パンク・ロックバンド「サンボマスター」のボーカル・山口隆さんの18日のツイート

「伊藤耕さんの自由な空気がたまらなく好きだった。

THE FOOLSは最高だし、ブルースビンボーズ(編注:伊藤さんが所属した他のバンド)の素晴らしさは僕を随分と救ってくれた。

この喪失は僕だけじゃなく日本語ロック全体の喪失だと思ってます。

伊藤耕さんあなたこそロックンローラーでした」

引用元

ご冥福をお祈り申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP