三池崇史監督の作品は駄作という評価?実写化映画が多いけど、今までの作品も調査!

 

三池崇史さんといえば映画監督ですよね。

実写化映画が多い気がしますけど、駄作ともいわれています・・。

どうなんですかね?今までの作品や三池崇史さんについて調べてみましょう。

三池崇史さんとは?

三池崇史(みいけたかし)さんは1960年8月24日生まれの現在56歳。

出典:http://tarot-channeling.com

大阪府八尾市出身。

幼少時代は三重県で過ごしていたそうで、大阪工業大学高等学校時代はラグビーを行っていましたが、入部した瞬間にレベルの違いを思い知って挫折。

ラグビーを断念してバイクサーキットのライセンス取得にいどんでいますが、走りにくい状態で前をはしる人間を抜く欲求が生まれなかったため、これも断念しています。

横浜放送映画専門学院(現在の日本映画大学)に進学、横浜にあった今村昌平さんの私塾で映画を学んでいますが「脚本とは芸術である」という言葉に、自分が場違いであることを気づかされてこれも挫折。

ってことで、挫折ばかりを繰り返している若者だったようですね・・・。

でも挫折するって事はそれだけやろうとしている気持ちは強いって事なんだと思います。

何もやらないよりはやって挫折する方が良いと思いますよ・・。

専門学校もあまり真面目には通っていなかったようで、横浜のディスコでアルバイトをしていたって事ですよ。

専門学校2年生の時に先輩からTVの仕事の手伝いを頼まれ、これを引き受けています。

これが転機だったんでしょうね・・。

その後、今村昌平さん、恩地日出夫さん野田幸男さん、西村潔さん、井上梅次さん、村川透さんらの助監督を経て、1991年にビデオ映画「突風!ミニパト隊」で監督デビューを果たしています。

三池監督のその映画製作スタイルは鮮烈な暴力描写を伴うために、しばしば論争を巻き起こしますが、海外での評価は高いと言うことです。

昔は良かったけど、最近は・・・?っていう声も多いようですけどね・・。

作品は駄作という評価?

三池崇史監督の作品はつまらない・・っていう評判が多いようです。

ま、駄作って事なんでしょうけどね・・。

そんなこと言われたら本人も良い気持ちはしないと思いますけど・・。

三池監督は映画の製作を”来たもん順で受ける”ってことです。

断らないって事なんでしょうか?

だからこその多作なんでしょうね。作品の本数がとても多いと思います。

もしかすると面白くないと思っても仕事は受けるっていうスタンスなんでしょうか?

でもね、昔は良かったっていう声も多いわけです。

ということで三池崇史監督作品のこれを見ろ!っていうことでご紹介です。

・オーディション

2000年製作の映画になります。

出典:http://2.bp.blogspot.com

有る映画監督が自分の再婚相手を探すため、映画のオーディションのフリをして再婚相手を探すが・・っていうストーリーの始まりです。

なかなか女優さんも良い味出していますし、石橋凌さんも良い感じです。

・風に立つライオン

さだまさしさんによる同名曲のファンである大沢たかおさんが小説家と映画化を熱望し、自身の主演、そして三池崇史監督により映画化されています。

こういう作品も作れるんですよね・・・。暴力的シーンだけじゃないって事です。

ま、他にも色々ありますけど、金集めは上手いが監督としては二流以下とか、暴力的な描写が素晴らしいとか色々本当にいわれています。

賛否両論って感じですよね・・。

海外の有名な賞を取る作品でも、日本では低く評価されていますからね・・・。

ま、好き嫌いがあるっていうか、それが作品によっても違いがあるって事なんでしょうね・・。

商業監督って事でしょうか?

自分が作りたい作品しか撮らないっていう監督ではないって事ですよね・・。

なので、数ある作品の中でも素晴らしい作品もあれば、駄作もあるって事なんでしょうかね・・。

実写映画化が多いけど、今までの作品は?

三池監督は実写映画化の作品が多いと思います。

「クローズZERO」は面白かったですけどね・・。

出典:https://rr.img.naver.jp

不良漫画が原作ですけど、喧嘩シーンとかは非常に迫力があってまた見たいと思わせるデキだと思います。

他にも「ヤッターマン」「忍たま乱太郎」「土竜の唄」シリーズなどがありますよね・・。

当たったのもありますし、コケたのもあります。

一番大失敗したのは「テラフォーマーズ」でしょうか?

出典:http://cdn.top.tsite.jp

めちゃくちゃ期待されていましたけど、もの凄い酷評ですよね・・・。

また木村拓哉さん主演の「無限の住人」もコケたのかな?

そして8月4日から公開されている「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」がありますけど・・。

映画化が決定したときから大丈夫?っていわれてましたけどね・・。

しかも三部作なんですよね・・1作目でコケたらそれ以降も作られるんだろうか?

ジョジョなんて一番映画化が難しい作品だと思いますけどね・・。

よくそれを引き受けるなっていうのが正直な感想です。

来る物は拒まずの精神だから色々な作品の監督が出来るんでしょうかね・・・。

三池監督としては、映画監督としての自分の物作りの信念、こだわりはむしろ邪魔っていう考えみたいです。
原作がある場合はそれがすでにあるわけで、原作者のこだわりと監督のこだわりがぶつかるところなんて見たい人はいないだろうって言うことですね。

確かにそうですけどね・・・。

原作がない方が良いのかな?

三池監督のこだわった映画作品が見たいですけどね・・・。

今後も作品は作り続けていくんでしょうけど、たまには断ってもいいんじゃないでしょうか?

頑張って欲しいですね。

こちらも監督ですけど、タイプが全然違うって事でしょう↓

河瀬直美監督作品「光」やカンヌとの関係?山田孝之や夫も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP