個人向けドローン買うならDJIのSPARKで決まり!価格や性能、動画なども紹介!

 

さて、ドローンは皆さんご存じですか?

あんまり良いイメージが無い人もいるかもしれませんけど、今はドローンももの凄い進歩しています。

首相官邸に落ちたりはしませんよwwwwそして今買うならDJIのSPARKがおすすめです。

価格や性能、動画も紹介していきましょう。いやあ本当に素晴らしい!

ドローンとは?

まず、一番始めにドローンについて簡単に説明しましょう。

ドローンというのは蜂の羽音を意味しています。

確かにドローンはそんな音がしますっていうか羽の音はうるさいぐらいです。

良く盗撮とか言われますけど、ドローンで盗撮っていうのはかなり難しいです。

よほど上空へ飛ばさないと羽の音で気付かれます。

でもドローンっていうのは本来無人航空機を指す言葉でした。

出典:http://hiah.minibird.jp

今ではドローンといえばラジコンのヘリコプターていうか遠隔操縦可能な比較的小型の無人航空機を指していて、マルチコプターのことをいってますね。

私も説明するのもそのドローンです。

まあ、ドローンも最初は軍事目的で作成された物でしょうね。

確かに無人で攻撃が出来れば人は死なない訳ですからね・・・。

また攻撃じゃなくても探索や偵察という意味でも非常に有効なものだと思います。

そうやって進化した物が、今私たちというか一般人まで手に出来るものがドローンだと思います。

ドローンといっても玩具みたいな安い物から、高性能なドローンまで様々ですよね・・・。

今回は比較的高性能な個人向けドローンの紹介をしていきましょう。

 

今買うならDJIのSPARKで決まり!価格や性能、動画も紹介!

DJI社は中国広東省深セン市にある会社で民生用ドローン及びその関連機器の製造会社になっています。

商用ドローン業界最大手であり、世界シェアの70%を占めているというもの凄い会社です。

ドローンを買うときに困ったらとりあえずDJI社製品を買えっていわれるぐらい有名です。

特に高い人気を誇っているのが「phantom」ですね。

出典:http://lowch.com

手軽に空撮を楽しむことが出来るドローンとして注目をあつめ、続く「phantom2」ではなめらかな映像を撮影することができる機種としてさらなる人気を獲得します。

そして2015年5月に発売された「phantom3」は事前予約がないと入手が困難なドローンとまで言われました。

今は「phantom4」が発売されていますが、どんどんと技術が進歩していく状態ですね。

またphantomシリーズの他に「Mavic Pro」というドローンも発売しています。

出典:http://static.dudeiwantthat.com

Mavic Proは折りたためるっていうのが一番凄かったですね。

500mlのペットボトルぐらいの大きさになります。

持ち運びに便利っていうのが売りなわけです。

そして高性能っていうのも変わらないっていうから、やっぱり凄いです。

Mavic Proでも凄いと思ったんですが、DJI社はさらに小型化を推進しました。

それで、新発売したのがSPARKという小型ドローンです。

出典:https://i1.wp.com

先程紹介したphantomシリーズは確かに値段も65000円~200000万円ぐらいの価格帯で、いいんですけど、ちょっと大きいんですよね。

そこが難点でした。Mavic Proも小型化していていいんですが、値段が130000万円ぐらいでしょうか?

個人で購入するにはちょっとハードルが高いですよね。

しかしSPARKは小型化に成功し、値段も安くなっています。

本体価格は65800円です。Mavic Proの半額ぐらいで購入出来るんですよね・・。

コレは安い!絶対に買いだよね!って思ったんですが、ちょっと待った!

実はSPARKは本体価格ってだけで、送信機が別売りです・・・。

合わせると8万円ぐらいになるんですよね・・。それでも安いですけどね。

また、SPARKはMavic Proよりも流石に小型化された分若干性能部分では落ちるんですが、それを補っているのがジェスチャーコントロールでしょうね。

SPARKはなんと、送信機もスマホもいらない、手のひらで操縦が出来るんですよ。

ハンドパワーみたいな感じですか?

動画を見た方が早いですよね。

コレは凄いです。これだと送信機は要らないかもしれませんね。

自撮りするなら本当にSPARK本体だけあれば良いことになります。

革新的技術ですよね・・。そして他にも機能が満載です。

・メカニカルジンバル

ウルトラスムーズ技術により、映像のブレやローリングシャッター減少が大幅に軽減。安定したなめらかな映像を撮影できます。

・最大16分の飛行時間

高性能バッテリーを搭載しているため、最長16分間の飛行が可能です。
これは小型の製品でも頑張っていると思います。

・フライトオートノミー

カメラやGPS、高性能なプロセッサーなどを搭載し、最大30メートルの範囲で正確にホバリングします。そして最大5メートル先の障害物を認識し衝突を防止します。

・安心の自動帰還モード

初心者にも安心なこの機能。バッテリーが少なくなったり、接続が切断されても自動でホームポイントに帰還します。

どうですか?凄い機能が満載ですよね。

これで買わなきゃいつドローンを買うの!ってぐらいです。

 

まとめ

DJI社のドローン・SPARKをご紹介しました。

別にDJI社の回し者じゃないですけど、それだけ優れた商品だと思います。

残念なのは重量が300グラムということで、日本の規制に引っかかってしまうことですね。

でも、これって都会の話で、田舎では普通に遊ぶことが出来ると思うんですよね。

都会の人は残念かもしれませんが、田舎の人はこのドローンで色々自由に遊べると思いますよ。

現在は予約受付中ですが、大人気なので、いつ発送になるんですかね?

今購入出来るのはホワイトだけなんですよね・・・。

個人的にはグリーンが欲しいんですが、いつ入荷するんだろう?

7月中には手元に欲しいですけど・・・。

ドローン購入するなら絶対にSPARKがおすすめ!っていう記事でした。

アマゾンでも購入出来ます!↓

アマゾンがいよいよコンビニ参入へ!日本の脅威になる?成功するか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP