島耕作、次は「事件簿」!今までのシリーズと名言、モデルなども調査!

 

始まりは「課長 島耕作」ですよね。

漫画の話ですけど、それがここまで長期にわたりシリーズ化されるとは作者の弘兼憲史さんもびっくりでしょうね。

今までのシリーズはどれくらいあるのか?

そして色々な人物が漫画には出てきますが、モデルはいるのか?

色々と島耕作シリーズを調べて見ましょう。

島耕作とは?

島耕作っていうのは架空の人物ですよね。

出典:http://kokorono.biz

始まりは漫画「課長 島耕作」です。ということで、今回は漫画のお話って事ですよ。

「課長 島耕作」は1983年から1992年まで「モーニング」で連載されていました。

作品概要としては1980年代の日本経済成長期から同年代後半のバブル景気を経て1990年代初期の失われた20年前夜に至までの日本経済の動向、大企業間の競争、大企業内部の派閥争い、経済活動の末端で働くサラリーマン、得に団塊世代の群像の様子をリアルに描いていました。

とても面白い作品でしたけどね。大人向けの漫画といえると思います。

サラリーマンのバイブル的漫画だったと思いますけど・・・。

で、この漫画の主人公が島耕作です。

大手電機メーカー・初芝電機産業のサラリーマンです。

漫画の初期の頃はうだつの上がらない普通のサラリーマンだったんですけどね。

それが漫画ですから当たり前ですけど、見事なサクセスストーリーで出世していきました。

最後には会長になるわけですからねwwwww

そして色々な社会背景や女性関係も取り入れ、大人気作品となったわけです。

これほど有名なサラリーマンはいないですけどねwwww

今までのシリーズとは?モデルは?

・部長島耕作

1992年から2002年まで「週刊モーニング」誌上で掲載された漫画作品です。

まあ、課長島耕作の続きですよね。部長になっても相変わらず出世していきます。

そんなに幸運が続くかよってぐらいの運の良さで出向させられても、出世していきますからね。

このときはワインのお話と、レコード会社の話でしたけど、モデルは宇多田ヒカルさんだと思いますけどね・・・。

その時々のトレンドを入れるのが島耕作シリーズの醍醐味だと思います。

特定のモデルはいないと思いますが、各年代でそのときにあった事件だったりを取り入れてますよね。

ドラマとかですと宅麻伸さんが演じたり、田原俊彦さんも島耕作を演じていました。

出典:http://www.fami-geki.com

宅麻伸さんはぴったりってかんじでしたけどね・・・

・取締役島耕作

2002年から2005年まで連載されています。

取締役になった島耕作が上海と東京を行き来して、急成長する中国経済が描かれています。

島耕作の恋愛、性交の絶倫ぶりも相変わらずっていうのが凄いですwwww

・常務取締役

2005年から2006年までの作品。短いですね・・。

取締役の頃は上海だけでしたが、ここでは東京、上海、北京の勤務となり多忙になっています。

・専務島耕作

2006年から不定期連載されていました。

中国を担当していて、他にもインド、アメリカも担当ということで、ワールドワイドな活躍になってきましたね。

五洋電機との経営配合で誕生する「初芝・五洋ホールディングス」の初代社長に就任。

社長に就任したことにより、専務編は終了ってことですね。

・社長島耕作

2008年から2013年まで連載。作者の弘兼さん曰くこの作品で島耕作シリーズは終了予定だったそうですが、後に会長編がスタートしてますね。

出典:http://macoblo.up.n.seesaa.net

2008年5月29日には「島耕作社長就任会見&乾杯式」と銘打ったイベントが開かれ、アニメーションの島耕作がメッセージを述べています。

2011年には東日本大震災が発生し、それもリアルタイムで漫画に反映しています。

社長として、企業としての震災対応が描かれています。

・会長島耕作

2013年から連載していました、最近終了ってことですよね。

社長を退任し会長となった島が経営者としての一線を画して環境問題、食糧問題など財界人としての視点で日本経済を俯瞰するという内容で描かれています。

・ヤング島耕作

2001年から2010年まで「イブニング」で連載された作品です。

島耕作が初芝電機産業へ入社した当時の様子を描いています。

過去を振り返って読むって言う意味では面白いですよね。昔が懐かしい感じがします。

・係長島耕作

「ヤング島耕作」の続きですね・・・。

2013年まで連載されています。平社員から主任へ係長へとステップアップしていく様子が描かれています。

最終話で課長に昇進し、シリーズが1つに繋がる形で連載が終了しました。

・学生島耕作

2014年から2017年まで「イブニング」誌上で連載。

島耕作の早稲田大学での大学生時代を描いています。ここまで来るともはや何でも有りですけどね・・。

島耕作の事件簿とは?

こちらは「モーニング」で8月宇17日発売号から連載されるって事ですね。

課長時代の島耕作が大事件に巻き込まれ、警察から逃亡しながら怪事件を解決していくスペクタクルサスペンスってことです。

島耕作って人はどれだけ凄い人なんでしょうwwwww

まあ、それだけ人気があるって事なんでしょうね。コンテンツが優れてるんだと思います。

だから色々派生作品が作れるんですよね。

ヒロインの大町久美子さんの高校時代を描いた「JK 大町久美子」なんてのもありますからね・・・。

出典:https://pbs.twimg.com

「島耕作の事件簿」の原作は「金田一少年の事件簿」「探偵学園Q」などの樹林伸さんが務めるって事ですね。

弘兼さんは作画を担当しています。コレは異色作ですけど面白いと思います。

新たな島耕作が見られるんじゃないでしょうか?

島耕作名言集!

さて、色々な名言が漫画の中にちりばめられていますので、それを抜粋しますね。

「いやな仕事でえらくなるより好きな仕事で犬のように働きたいのさ」
「まず走り出せ!問題は走りながら解決しろ!」
「一生は往復じゃない。片道切符なんだ。だから、やりたいようにやった方がいい」
「何かを棄てたら失った何かを得た。人生なんて常にそういうプラスマイナスでバランスがとれているんだ。それに気付いても何かを棄てるということは難しい気もする」

他にも色々ありますけどね。

読んだこと無い人は是非いちど、島耕作を読んでみる事をおすすめします。

今読んだら、当時の事がわかって面白いと思いますけどね。

過去を知るって意味でもイイと思います。

これからも島耕作の活躍を期待しましょう!

こちらも怪物漫画です↓

漫画「アカギ」が連載終了する理由は?明言や鷲巣、アニメに実写も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP