前事務次官・前川喜平の天下り斡旋とは?加計学園問題の真実と出会いバーについても調査!

 

さて、なんか色々と賑わってますよね。

加計学園問題ですけど、今回新に前事務次官の前川喜平さんが会見を開き、また一騒動ありそうです。

前川さんと言えば天下り斡旋で事務次官を辞めさせられてるんですよね・・。

加計学園問題では政府と真っ向から対立していますが、真実はどこにあるんでしょうか?

また出会いバーについても調査していきたいと思います。

前川喜平さんとは?

前川喜平(まえかわきへい)さんは1955年1月13日生まれの現在62歳。

出典:http://www.asahicom.jp

文部科学省官僚。文部科学省審議官を経て、文部科学事務次官。

奈良県御所市うまれということですね。

小学校4年から東京に転居し、麻生中学校、高等学校を卒業。そして東京大学に進学しています。

1979年東京大学法学部を卒業後、文部省へ入省。
1986年9月、宮城県教育委員会行政課長
1989年2月、在フランス大使館一等書記官
1992年3月、文部省官房政策課政策調査官
1993年4月、官房政策か政策企画官
1994年6月、大臣秘書官事務取扱
1995年6月、大臣秘書官事務取扱
1995年10月、教育助成局財務課教育財務企画室長
1997年7月、文化庁文化部宗務課長
1998年7月、高等局主任視学官兼中央賞庁等改革推進本部事務局参事官

ちょっと長いから省略しますwww

2014年7月、文部科学審議官
2016年6月、文部科学事務次官
2017年1月、文部科学次官退任
2017年3月、就職先斡旋の口利きが発覚したため、定職相当の懲戒処分を受けています。

まあ、流れはこういう感じなんですけどね。

元元は朝鮮学校の無償化の推進を務めていたってことです。

民進党と仲が良いとか、安倍総理を良く思っていないとか色々言われていますけどね・・。

情報が錯綜しているので、イマイチわからないっていうのが正直な所です。

でも頭は良いんだと思うんですよ。日本を動かしている官僚ですからね・・・。

天下り斡旋とは?

各大学側が文部科学省の各種事業の補助金、交付金を貰うための天下りを受け入れるための「職務上知り得た人事情報」を渡すパイプ役をしていたってことです。

衆院予算委員会では

「文科省と日本政府への国民の信頼を損ねた。万死に値する」

と謝罪しています。天下り斡旋の違法行為が発覚し、2013年3月に定職相当の懲戒処分が発表され、その直後に辞任しています。

この辞任に関しても、前川さんは「引責辞任は自分の考えで申し出た」としていますが、官庁長官の菅さんは「私の認識とは全く異なる。

当初は責任者として自ら辞める意向を全く示さず、地位に恋々としがみついていた。その後、天下り問題に対する世論の厳しい批判にさらされ最終的に辞任した」と発言しています。

二人の言ってることは真逆って事なんですけどねwwww

どちらを信じればいいんでしょうか?

ちなみに懲戒免職される前に自主的に退職することで退職金8000万円が支給されたってことです。

こういう所がおかしいですよね。悪い子としてるんだから、退職金なんかやらなくても良いでしょう!って思いますけど・・・。

加計学園問題の真実は?

加計学園問題とは第二の森友学園問題とも言われています。

森友学園問題はこちら↓

籠池泰典とは何者?森友学園を巡る騒動とは?黒幕は誰?

森友学園のほうは安倍昭恵夫人のほうが言われていましたが、加計学園問題は安倍首相が問題になっています。

簡単に説明すると

”学校法人加計学園の国家戦略特区への獣医学部新設計画について安倍首相が優遇措置をとった”という疑惑です。

加計学園の理事長を務める加計孝太郎さんは安倍首相の40年来の友人と言うことですからね。

出典:http://wonderbridge.net

疑惑に拍車を掛けているわけですよ・・。

文部科学省が国家戦略特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したとされる文書があるとかないとかっていうのでもめてるわけです。

内閣府はそんな書類は存在しないといっています。調査してもなかったということですね。

しかし今回会見した前川喜平さんが”文書は存在している”ということから対立しているわけですね・・・。

出典:https://cdn.images-dot.com

で、問われているのは前川さん自身のことです。

信頼出来る人なのか?ってことですよね。それこそ天下り斡旋の件もあり、内閣に敵対している感じもします。

それで、文章もねつ造したんじゃないのか?とまで言われています。

今のままでは水掛け論で”文章がある。文章はない”というただそれだけが繰り返されるだけですけどね・・。

本当は安倍首相が国民の前できちんと説明して欲しいところではあります。

だって、首相が口利きしたって疑われているんですからね・・・。

こういうことがあると、今までにもこういうことが色々あるんだろうなって疑ってしまいますけどね・・。

出会いバーについて

さてこちらは何も関係が無い気がしますけど、先程も書いたように、前川さんという人を信頼出来るかどうかっていうことでは大事な事なんですよね。

まあ出会いバーというのは売春や援助交際の交渉の場になっているということで、祖言うところに通っている人を信用できるのか?っていう話です。

で、会見でもこの事は聞かれていましたが、前川さんも出会いバーに言ったことは認めていました。

「女性の貧困の実態調査」「女の子にお小遣いを上げて食事もした」

出典:https://i1.wp.com

 

っていうことです。

コレが本当なら自腹でそんな調査をして偉い!っていわれるんだろうか?

明らかに苦しい言い訳にも聞こえますけどね・・・。

まあ、この出会いバーの報道も突然でてきた話なので、内閣と対立しているのはわかりますけどね・・・。

前川さんの品位を落とそうっていう狙いなんでしょう。

それは見事に成功しているとは思いますけどね・・・。

なんか、国の事なんですけど、人が絡んでますよね。

国民の為じゃなくて、私欲のために働いている気がします。

そこは国民として傍観しているだけではなく、何かをしなくちゃいけないんですかね?

日本って国はどうなるんだろうか?

それこそ革命みたいな物を起こさないと変わらないのかな?

正直言うと、またうやむやのまま終わりそうな気配ですけど、注目はしていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP