藤井聡太が羽生善治に完勝!アスペルガーの噂や炎の7番勝負とは?

 

藤井聡太さんが羽生善治さんを破る快挙を達成しました。

非公式戦ですが、凄い事ですよね。羽生善治さんもその実力は認めているみたいです。

アスペルガーの噂もありますけど、どうなんでしょうか?また炎の七番勝負っていうのも興味ありますよね。

今後も気になります。色々と調べて見ましょう。

 

藤井聡太さんとは?

藤井聡太(ふじいそうた)さんは2002年7月19日生まれの現在14歳。まだ中学生ですよ・・。

出典:http://www.pref.aichi.jp

将棋棋士としてプロになったのは2016年10月1日です。

21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士ということですね。

5歳のときに祖母から将棋を教わったと言うことで、2010年3月に「アマ初段」で東海研修会に入会。2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝。

同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝。

2012年6月に研修会B1に昇級し、新進棋士奨励会入会試験の一次試験免除の資格を経て、同年9月に奨励会に6級で入会。

奨励会入会前から詰め将棋の強さには定評があり、プロ棋士や奨励会員、詰将棋作家が多数参加する詰将棋解答選手権のチャンピオン戦には2011年の第8回大会に小学2年で初参加し、傘下24人中13位と検討していたそうです。

小学校2年生ですか・・。凄いですよね。

出典:https://rr.img.naver.jp

そしてこの大会で2015年には優勝し、以後2017年の第14回大会まで3連覇!

2016年9月3日、日本将棋連盟の第59回奨励会3段リーグで13勝5敗の1位となり、10月1日付、14歳2ヶ月でプロ棋士(四段)となる資格を得ました。

この中学生でプロ入りというのは加藤一二三さん、谷川光司さん、羽生善治さん、渡辺明さんに続く5人絵ということで、14歳2ヶ月というのは加藤一二三さんの14歳7ヶ月を62年ぶりに更新する最年少記録ということです。

これだけでも凄さがわかりますよね。

話題になったのは2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦の初戦、加藤一二三さんとの対局ですかね。

出典:http://www.sankei.com

年齢差62歳6ヶ月ということですからね。そしてここでも勝利を収め、公式戦出場と公式戦勝利の史上最年少記録を更新しています。

スピード出世っていう言葉が当てはまるかはわかりませんけど、若くして凄いですよね。

先程から凄いしか書いてませんけど、他に言葉が浮かびません。

ボキャブラリーのなさが情けないですけど・・・。

今後の成長が楽しみな逸材って事でしょう。

 

炎の七番勝負で羽生善治に完勝!

AbemaTV将棋チャンネルの対局企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」というのがあり、増田康宏四段、永瀬拓矢六段、斎藤慎太郎六段、中村太地六段、深浦泰市九段、羽生善治三冠という錚々たる顔ぶれとの対戦が行われました。

出典:https://cdn.amebaowndme.com

もの凄い相手ですよね。いくら今まで全勝で来ている藤井聡太四段でも、この戦いはキツいでしょう。

って思ったんですが、この方々達を相手に6勝1敗と大きく勝ち越しました。

負けたのは永瀬六段にだけですね。

4月23日に行われた羽生善治三冠との対決は非公式戦ですが、各マスコミで報道されました。

羽生善治三冠に勝利しましたしね。そりゃマスコミもざわつきますよね。

出典:https://i.ytimg.com

羽生さんは
「ちょっと攻め込まれる展開になってしまって、あとはちょっとづつ苦しいという感じ。非常に攻守バランス良く指されて、攻める時にはせめて、守るときには守ってと、非常にしっかりしている将棋」

と振り返っていました。

また今後の藤井聡太さんに対しても

「今の時点でも非常に強いと思うが、ここからどのくらい伸びていくか。凄い人が現れたなとおもいました。今の藤井さんはかなり完成されているというか、しっかりしているので、私がプロになりたての時と全く違うところだと思います。」

と評価していました。

ちなみに七番勝負の対局結果は

・第一局 増田康宏四段 先手 95手 勝ち
・第二局 永瀬拓矢六段 先手 114手 負け
・第三局 斎藤慎太郎六段 先手 91て 勝ち
・第四局 中村太地六段 先手 117手 勝ち
・第五局 深浦泰市九段 後手 122手 勝ち
・第六局 佐藤康光九段 先手 95手 勝ち
・第七局 羽生善治三冠 先手 111手 勝ち

今の時点で実力があるのは間違い無いでしょう、それは誰しもが認めていると思います。

でも皆さんが期待しているのはこれからの将棋界ですよね。

まだ中学生の藤井聡太さんですが、未来への関心に興味が移っています。

どれだけ活躍出来るんだろう?ってことですよね。

あまり期待するのはプレッシャーになって可哀想ですけどね。

それでも期待せずにはいられないって所でしょうね。

 

アスペルガーの噂は?

藤井聡太さんにはアスペルガー症候群の噂があります。

アスペルガー症候群というのは自分の興味があることはとことん集中するという傾向があります。

好きな事や興味があることに対しての集中力がもの凄く、その分野でとてつもない力を発揮することが多いようです。

集中しすぎて周りが見えなくなるって言うのもよく言われていますよね。

藤井さんも対局中や熱中しているときは極度な前屈姿勢になって、頭を譜面に近づける事がありますよね。

また母親から「生活能力が低い」という発言もありました。

出典:http://s.eximg.jp

中学生になってすぐぐらいに開催将棋会館に1人で泊まりがけで行かせたところ、持ち物を全て忘れてしまったっていうエピソードもありますしね。

将棋以外の事に関しては物忘れが激しいということも言われています。

まあ、こういったことからアスペルガー症候群っではないか?ってことなんでしょうね。

藤井さんに関してはそうかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。

誰もそんなことは調べてもいませんからね。結論はわかりませんって事です。

でも良いんじゃないですか?それで人に迷惑を掛けている訳でもありませんし、プロ棋士として立派な成績を収めているわけですしね。

そしてこれからの将棋界をになう若者って事でしょう。

多かれ少なかれ、そういう人は多いと思いますけどね。

人間の脳はまだまだ分からない事がおおいってことですよね。

 

まとめ

藤井聡太さんについて調べました。

早熟なだけなのか?それともこれからどんどん強くなっていくのか?

それはこれから証明されていくでしょう。

まだまだ強くなるなら末恐ろしい存在だと言うことです。

今後の活躍を見守りたいですね。

将棋に興味をもったらこちらの記事もどうぞ↓

松山ケンイチが太ったの将棋の為でドラマや映画での活躍は小雪の力?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP