競泳女子・池江璃花子が史上初の5冠達成!彼氏や高校、父親など調査!

 

競泳女子の池江璃花子さんが女子史上初の5冠を達成したってことですね。

日本選手権で50メートル、100メートルのバタフライ、そして50,100,200メートルの自由形の計5種目で見事優勝って事です。

凄い記録ですよね。見た目もとても綺麗ですけど、彼氏とかはいるんでしょうか?

また高校や父親なども調査してみたいと思います。

 

池江璃花子さんとは?

私があまり競泳に興味がないからなのか、名前を聞いても全然ピンと来てません。

有名な人なんでしょうね。だって急に5冠獲れるわけないし、今までも活躍していたんでしょう。

無知ですいません・・・。

ってことで、wiki風に最初は説明していきましょう。

池江璃花子(いけえりかこ)さんは2000年7月4日生まれの現在16歳。めちゃくちゃ若いですね。

出典:http://k-bass.com

東京都江戸川区出身。専門は自由形とバタフライって事です。

身長170センチ、リーチは184センチと手が長いですよね。

2017年3月29日現在、個人種目9つとリレー種目5つの計14種目の日本記録を保持しているってことでもうすでにレジェンド級じゃないですか?

16歳なのに?スゲーとしか言いようがないですけどねwwww

まず最初から驚きますけど自宅の風呂場で水中出産により誕生しています。

だから水の中が得意なのか?それはわかりませんけど、何か因果関係とかあるのかな?

そして生後2ヶ月ゴロから幼児教室に通い超早期教育を受けていたそうです。

母親が幼児教室の講師ってことでそういう情報があるんでしょうね。

脳の発達に雲梯が良いってこととで、生まれてすぐに雲梯に取り組んだそうです。

生後6ヶ月で母親の親指を握ってぶら下がり、1歳6ヶ月の時には鉄棒の逆上がりが出来たそうです。

そういうのを聞くと雲梯ブームが起きそうですけどね。だっていま凄い成長してますし、凄い活躍してますからね・

やっぱり早期教育は良いんだ!って思いますし、雲梯も良いんだ!って思っちゃいます。

実際はわかりませんけど、何もやらせないよりも、何かをやらせた方がいいっていうのは言えるでしょうね。

地元のスイミングスクールにも3歳から通っていたそうですしね。

お兄さん、お姉さんの影響ということで、5歳の時には自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法全てで50メートルを泳げるようになったということです。

出典:http://co-family.net

やはり何事も始めるのは早いほうが良いんだと思います。でも、お兄さん、お姉さんはそういう早期教育をうけていなかったのかな?

受けていたとするならば、やっぱりそれだけで良いっていう結果にはなりませんよね。人には個人差もやっぱりあるって事でしょう。

小学校3年生の頃から全国レベルの大会に出場するようになっています。

大器晩成の反対はなんていうんだろう?早熟とはちょっと違う気がしますけど。

まあそういう感じで若い頃からっていうか若すぎるうちから大活躍しています。

中学生で日本代表入りしたりしてますからね。

それで良くある、若い時だけっていう神童じゃなくて、今でも成長しているのが素晴らしいと思います。

これからもっと成績があがっていくとなると、とても期待出来ますよね。

っていうか期待しかないです。東京オリンピックがとても楽しみですね。

この人も若いとき凄かった!↓

岩崎恭子の現在は離婚する寸前?記録や名言がやはり非凡!

 

史上初の5冠達成!

日本競泳界の女子選手では初めての5冠達成ってことですね。

中学生の頃から「負けたくない」というのが口癖だった池江選手。

それは今でも変わらずっていうか今は「絶対誰にも負けない」という言葉に変わっています。

負けず嫌いなんでしょうね。だからこそ練習もするんでしょう。

そして選手としての特徴として言われていることがあります。

・長いリーチ

リーチが186センチ、170センチの身長に対して108%にあたるということです。

コレはリーチが長いことで有名なマイケル・フェルプス選手の105%、メリッサ・フランクリン選手の104%と比較しても長いって事ですよね。

・少ないストローク数

リーチが長いことから出来る事なんでしょうけど、ストローク数が少ないということですね。

成長をするに従って回数も減少しているって事です。

水の抵抗が少ない泳ぎが出来ているってことみたいですね。

・水の抵抗が少ない泳ぎ方

「水の中を潜るように腕も足も一体となって泳いでいる」
「首に力が入らないで脇の下を使いながら楽に水を掴んで後ろに持っていく作業ができている」

など、体の柔軟性があると言うことを言われています。

まあ、成績はとても素晴らしいですし、性格も負けず嫌いで練習もしっかりしていますよね。

これが5冠達成の理由でしょうか?

リーチが長いのは雲梯とか鉄棒のおかげとか早期教育がとか言われますけど、やっぱり一番は本人の努力だと思いますけどね。

そうじゃないと、誰もが雲梯や鉄棒やれば水泳が上手になるって話ですからね。

それは違うと思います。彼女の努力や精神面を評価して上げたいですね。

 

彼氏や高校、父親は?

池江璃花子さんは高校一年生です。

ってこと現役高校生ということですよね。凄い記録ばかり出しますけど、まだまだ若いぴちぴちの女子高生って奴です。

で気になる高校ですが、淑徳巣鴨高校ってことですね。バタフライ日本代表の長谷川涼香さんも同じ高校に通っています。

ライバルが近くにいるって言うのは良いですよね。

お互い切磋琢磨できますしね。ライバルで有り親友なんでしょうか?

なんかドラマや漫画みたいです。

ドラマならこの2人で彼氏を取り合うなんてストーリーなんでしょうけど、調べて見ても池江選手の彼氏の存在はわかりませんでした。

競泳一筋って感じなので彼氏を作る暇も無いかもしれませんけどね・・・。

で、他に父親についてですね。

母親は先程も書きましたが、七田チャイルドアカデミー本八幡教室で代表を務めています。

出典:http://nownow-news.com

父親は顔出しをしていませんが、池江俊博さんだということです。

出典:http://pitoshi.moo.jp

なかなかイケメンで渋い父親ですよね。

株式会社ノーザンライツ代表取締役ってことですよ。

夫婦揃ってなかなか良い仕事してますよね。

そしてこの父親が凄い経歴なんですよね。

元空自戦闘機操縦士ってことです。パイロットですよ!

他にもお兄さんが池江毅隼(いけえたけはや)さんで、早稲田大学で水泳をやっているって事です。

出典:http://genryu08.com

国体にも出場している程の実力者のようです。

またお姉さんもいますが、お姉さんは頑なに画像がありませんね。

顔出しNGみたいになってます。まあ良いんですけどね。一般人ですしね。

色々と妹が凄いと苦労もあるんでしょう。

ご両親、そしてお兄さん、お姉さんの協力もあっての池江璃花子さんの成長だと思いますけどね。

今後もますます活躍してくれそうで、期待です。

まとめ

池江璃花子さんについて調べました。

まだ16歳、今後も応援し続けたいと思います。

日本の希望の星ですよね。東京五輪では金メダル取りまくって欲しいですね。

頑張ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP