京唄子さんが死去!若い頃や過去作品は?私生活から伝説など色々調査!

 

夫婦漫才や女優としても活動していた京唄子さんが4月6日午前10時に肺炎の為に死去されました。年齢は89歳。

近年は体調を崩し、半年前から入院していたそうですね・・。

年齢的に仕方無いとはいえ寂しいですよね。

ということで、若い頃の画像や作品、私生活、そして伝説について京唄子さんについて色々と調べて見ましょう。

 

京唄子さんとは?

今の若い人は知らないでしょうね・・。

京唄子さんは本名を鵜島ウタ子さんといいます。

1927年7月12日生まれということで89歳でお亡くなりになったんですね。

出典:http://hot-fashion.click

京都府京都市出身。

1945年、宮城千賀子の劇団「なでしこ劇団」に入り、京町唄子の名で舞台女優になっています。

18歳の頃ってことですね。その後、一座を転々とし俳優の浪花五郎さんと結婚していますが5年で離婚。

1956年に鳳啓助さんと出会い、漫才コンビ「唄子・啓助」を結成して漫才を始めています。

鳳啓助さんとも結婚しますが、1965年に離婚していますね。でも漫才はそのあとも続けていますよ。

そのあとも3度目の結婚は三田マサルさん。そして4人目が現在の結婚相手だった旦那さんです。

モテるってことでしょうね?じゃないと4回も結婚しませんよね。

この記事を書いている私は中年のおじさんですが、昔の京唄子さんは知りません。

トレードマークの大きな口っていうのは確かにわかります。

漫才のネタとしてよくいじられてもいたそうです。

あと大きな帽子を被っているすがったも印象に残ってますね。

上沼恵美子さんと親交が深く、たびたびゲストとしても出演していたそうです。

1969年から1985年まで16年間フジテレビのトーク番組「唄子・啓助のおもろい夫婦」という番組をやっていました。

二人のやりとりが番組の名物で大変人気のあった番組だったようですね。

出典:http://www.asahicom.jp

夫婦漫才の先駆けがこの二人ではないですかね?

 

若い頃や過去の作品は?

89歳で死去ということで、芸歴はかなり長いですよね。

それだけ芸能活動を数多くこなしていたってことです。

テレビドラマを羅列していきましょう。

・てなもんや三度笠
・日本沈没
・連続テレビ小説 (鮎のうた 心はいつもラムネ色 おんなは度胸 やんちゃくれ)
・遠山の金さん
・水戸黄門
・好きやねん
・ひとりじゃないの
・赤い霊柩車20

などなどです。女優としてはやはり一番印象に残っているのは「渡る世間は鬼ばかり」ですかね?

「渡る世間は鬼ばかり」もお化けドラマだと思いますけどね。

1993年4月スタートの第二シリーズから出演しています。

本間病院の医院長・本間常子を演じています。

岡倉家の五女・長子(藤田朋子)が常子の長男・英作(植草克秀)と結婚。

嫁姑の関係や本間病院の倒産などが描かれました。

2011年5月19日放送回が最後の出演だったということですよね。

出典:https://daily.c.yimg.jp

一緒に共演した植草克秀さんは

「初めてご一緒した際に”お母ちゃんて言うて”と仰っていただいたことを今でも鮮明に覚えています。本当の母子のように接してくださいました。いつも元気でシャキシャキした心優しい大阪のお母ちゃんが僕の心の中にいます」

と偲んでいます。

また嫁姑の関係役だった藤田朋子さんは

「おしろいの下の愛らしい瞳、遠くからでも聞こえる”へえ!へえ!おはようさん!”の声。思い出は尽きません・・」

とコメントしています。ベテランでも大物ぶって大女優って感じじゃなかったんでしょうね。

皆さんから愛されていたのがわかります。大阪の良いおばちゃんってイメージですかね?

しかし、京唄子さんの若い頃は凄く美人です。

出典:http://ag-skin.com

なんかハーフっぽい顔をしていますよね。

目鼻立ちがはっきりしていて、4回結婚したのもうなづけます。

 

私生活や伝説とは?

私生活では4回の結婚をしている京唄子さん。

3回目までは芸能人って事ですけど、現在の旦那さんは一般人のようですね。

で、子供がいたのか気になったんですが、娘さんがいたようですね。

10歳年下の旦那さんと一緒に晩年は介護していたそうです。

そのお二人が看取ったみたいですね・・・。

で、京唄子さんには伝説もあります。

・1億円着服事件の犯人を見破る!

1987年チケットを売る協力をして貰っていた京都市の会社社長に保険の勧誘を受け契約。

しかし「言動が心配だし。評判もよくない。おかしい」と損保会社幹部に相談した結果、1億円を着服していたことが判明しました。

このときは凄い眼力ということで話題になりましたね。

・骨折でも女優魂を発揮

1966年に骨盤骨折で全治6ヶ月の重症も、わずか3ヶ月で仕事復帰。

他にも右手首を骨折したときにもギブスをはめて「役者として恥ずかしい」と涙で挨拶しています。

男気があるっていうか根性が座ってますよね。

・父親の香典で焼き芋販売

家計が苦しかったため、父親の葬式の香典5000円を元手に「焼き芋屋をやろう」と母親へ提案。

生計を支えるため、焼き芋を売って回っていたそうです。

苦労もしているんですよね・・・。だからこそ人に優しく出来るんだと思います。

 

まとめ

京唄子さんについて調べました。

昭和の人達が亡くなっていきますよね・・。

寂しいですけど、仕方無いことなんでしょうね。

それでも作品は残ってますので、顔を見ることは出来ますよね。

芸能人はそういう意味では良いんじゃないかと思います。

ご冥福をお祈りします。

この人も亡くなりましたよね・・↓

名脇役・神山繁さんが死去!病気だったの?出演作品や過去を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP