斎藤隆がパドレスのフロント入り!家族やパドレスとの関係は?

 

日本、そしてメジャーでも活躍した投手・斎藤隆さんが来年1月1日付でパドレスの球団アドバイザーに就任することがわかりました。

アドバイザーってどういう仕事なんでしょうか?

家族はいるんですよね?単身赴任ですかね?何故にパドレスなんだろう?

色々と調べて見ましょう。

 

斎藤隆さんとは?

斎藤隆(さいとうたかし)さんは1970年2月14日生まれの現在46歳です。

ws000384

出典://http://www.zakzak.co.jp/

宮城県仙台市出身。身長188センチ、体重90キロと恵まれた体型をしていたんですね。

そんなに身長が高いとは思っていませんでした。

東北高校時代は2年先輩に後に大学、プロで同じチームメイトになる佐々木主浩さんと阪神で活躍した葛西稔さんがいました。

3年生の時には一塁手として甲子園に出場している様ですね。

高校卒業後は、東北福祉大学に進学。大学でも野手としてプレーしていたそうですが、2年生の時に遊びで投手の練習をしていたのを監督が注目し、それがキッカケでそのまま本格的に投手に転向したっていうことです。

こういうケースって珍しいと思うんですけどね。

普通エースとかって、小学生の頃からピッチャーばっかりって感じですけどね。

エースで4番って感じです。でもピッチャーとしての才能があったんでしょう。

大学2年から初めて1991年にはドラフト会議で横浜大洋ホエールズと中日ドラゴンズから一位指名を受けるぐらいの選手になったんですからね。

監督の見る目があったって事なんでしょうか?

こういうピッチャーが一番良いのは、伸びしろがあるって事ですよね。

また小さい頃からピッチャーをやっていないので肩が酷使されていないっていうことです。

だからこそ、晩年活躍出来たのかもしれませんね・・・

ドラフト会議では抽選の結果大洋ホエールズが指名権を獲得し契約金1億円、年俸900万円で入団しています。

ws000383

出典://http://www.mint-mall.net/

同期はハマの番長こと三浦大輔さんですって!

即戦力として期待されていましたが、あまり最初の頃は良い成績を残せていませんね。

大矢監督に代わってから成長した気がします。

先発として独り立ちしたって言う感じでしょうか?

しかしその後、リリーフエースの佐々木主浩さんがメジャーへ渡ったことも有り、抑え不在のなかで森新監督に「俺はお前と心中する」という言葉で、ストッパーに転向します。

この年は7勝1敗27セーブ、防御率1.67の好成績を収めています。

翌年も抑え投手として活躍しました。これが2002年のことですね。

その後FAを取得しますが、結局横浜と3年契約を結び残留、先発に戻りますが、あまりイイ成績を収められなかったと思います。

そして2005年に、「たった一度でもいいからメジャーで投げたい」と家族を説得し、自由契約と成り、メジャーリーグ挑戦をしています。

このとき斎藤投手は36歳。そして数年不振が続いていたことから、斎藤投手に興味を示す球団はなかなか見つからなかったんですよね・・・。

それでも2006年2月7日にドジャースとマイナー契約を結びます。

ここからの斎藤投手は凄かったんですよね。開幕直後にクローザーを務めていたエリック・ガニエが故障者リスト入りしたこともあり、メジャーに昇格。

ws000385

出典://http://image.news.livedoor.com/

それからは今までの不振が嘘だったかのように、大活躍を見せます。

結果、72試合に登板し、防御率2.07,リリーフ投手中リーグ1位のWHIP0.91、サイ・ヤング賞の選出投票で8位にもなってますからね・・・。

ちなみにこのときの斎藤投手の活躍を見て、巨人の桑田真澄投手はメジャー挑戦を決めたって事ですよ。

その後もレッドソックス、ブレーブス、ブルワーズ、ダイヤモンドバックスと渡り歩き活躍していますね。

そして2012年には東北楽天イーグルスと1年契約をしています。日本に戻って来たんですね。

ws000386

出典://http://www.rakuteneagles.jp/

地元ですしね。楽天では3年間プレイしていますね。あまり活躍はできていませんけどねwwww

こちらはまだバリバリ現役です!↓

イチローの成績とTシャツと名言は?現在の年俸と今後狙える記録とは?

 

パドレスのフロント入り!?

普通なら、コーチとかになりますよね?斎藤投手ほどの実績があればそうするんだと思ってたんですけどね。

しかし斎藤さんはそれを固持していたそうです。

その理由は「野球選手が社会に出ると何もスキルを持っていない。スポーツ界で必要とされる人材になるには、野球選手として一番得意なコーチを務める前に、それなりのスキルを身につけなければならない」ということです。

NPBへ復帰したときに待遇面でのMLBとの違いに疑問を感じたこともあって、MLB球団球団のインターンとして編成の現場で実務を学ぶ道を選んだと言うことですね。

しっかりした考えを持っていますよね。

で、何故にパドレスなのか?ってことですよね。在籍経験があるわけでもないのに・・・。

それにはドジャーズスカウト部長時代に斎藤さんの獲得へ奔走したローガン・ホワイトさんが、パドレスのゼネラルマネジャー付シニアアドバイザーを務めている事が大きく影響しているってことです。

ws000387

出典://http://www.shikoku-np.co.jp/

斎藤さんは現役引退を表明した2015年8月に”恩人”と慕っているホワイトさんに直々に報告し「今後はできれば球団の中の事(編成業務)を勉強したい」と打ち明けたって事ですね。

このとき、斎藤さんは7時間も掛けて会いにきてくれたことに感激し、上層部へ斎藤さんの受け入れを打診したってことです。

やっぱり人間、信頼関係が大事ですよね。ということで、1年間の受け入れが認められたってことです。

そしてこの一年間で数々の現場で学んできたってことです。それが評価されての正式なパドレスのフロント入りと言うことですね。

「ベースボールオペレーションアドバイザー兼パシフィックリムアドバイザー」という役職みたいです。

選手の育成やチーム戦略などの球団経営に携わりながら、アドバイザーとして日本球界との連携も強化していくって言うことみたいですね。

ちなみに、パドレス編成アドバイザーには野茂英雄さんもいます。

ws000388

出典://http://s.eximg.jp/

お二人の仲はいいんだろうか?そこはちょっと知りたいですねwwww

 

家族は?

あまりプライベートなことは喋らないのかどうかはわかりませんが、情報が少ないですね。

結婚はしていて、奥さんと娘さんが二人いるようです。

 

2006年のインタビューの時に11歳と8歳の娘さんがいると話していましたので現在は21歳と、18歳ですかね?

年頃の娘さんで父親としても心配かもしれませんね・・・。

っていうかメジャーに言ってるので、今は海外に住んでいるのかな?

わかりませんけど、家族の支えがあってこそメジャーで成功できたんだと思いますけどね。

家族には感謝していると思いますよ。

 

まとめ

斎藤隆さんについて調べました。

メジャーに渡った時に既にベテランだった気がしますけど、そこからの活躍は凄かったですよね。

だいたいメジャーに渡ってから球速上がるって凄いですけどねwwww

今後は、日本と米国を行き来し、プロアマ問わず、幅広くスカウティング活動していくと言うことです。

良い選手を見つけて欲しいですね。そしていつの日にかまた日本に戻ってきてくれることを期待しています。

そのときは地元楽天で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP