ジダンは監督でも魔術師だった?レアルの強さの秘密や無敗記録は?

 

クラブW杯で2年ぶり2度目の優勝を目指す欧州王者のレアル・マドリード。

12月12日に来日ということで、午前5時に羽田空港に到着しましたが、この早い時間でもファンが500人集まっていたと言うことです。

流石スター軍団ですよね。そしてそのスター軍団を指揮するのがジネディーヌ・ジダン監督です。

元スーパースターですけど、監督としてもその魔術師ぶりは相変わらず見たいですね。

レアルの強さの秘密やジダン監督の哲学、無敗記録について等色々と調べて見ましょう。

ジネディーヌ・ジダンさんとは?

ジダンさんは1972年6月23日生まれで現在44歳です。ってかメチャクチャ若いですね。

ws000245

出典://http://cdn-ak.f.st-hatena.com/

もっと年上かと思ってました。やっぱり髪の毛のせいだろうか?ハゲてるから年寄りに見えるのかな?

顔の色つやとかはやっぱり若いと思いますけどね。

さて、そんなジダンさんはサッカー選手としては1988年から2006年まで攻撃的ミッドフィルダーとして司令塔の役割で活躍していました。

いや大活躍ですね。FIFA最優秀選手賞、バロンドール、ゴールデンボール賞などの個人タイトルに加え、所属チームではワールドカップ、欧州選手権、トヨタカップ、チャンピオンズリーグなど主張タイトル全てを獲得しています。

ws000246

出典://https://encrypted-tbn3.gstatic.com/

過去50年の欧州のサッカー選手として最も優れた選手に選ばれていますしね・・・。

9歳から地元のクラブでサッカーを始め、すぐに才能を認められています。

ASカンヌのスカウトの目に留まり、ジダンはマルセイユをはなれ、1988年にはカンヌのトップチームと契約。

1992年にはボルドーに移籍し、1996年ににはイタリア・ユベントス、そして2001年にはレアル・マドリードに移籍しています。

どこのチームでも成功していると思いますね。とくにレアル時代は銀河系軍団とよばれてチームの攻撃陣の中心として活躍していましたよね。

またフランス代表としても1988年フランスのワールドカップ初優勝に大きく貢献しています。

2005年のワールドカップ決勝戦で、マルコ・マテラッツィから何事か挑発され、頭突きを食らわせ一発退場になっています。

ws000247

出典://https://vtps.c.yimg.jp/

これが現役最後の試合なんですよね・・・。そこがとても残念ですけどね・・・。

これについては色々と言われていましたけどね。

その後フランスのテレビ放送局で解説者を務めていましたが、2009年にレアルマドリードのクラブアドバイザーに就任しています。

2013年にはUEFA公認の指導者ライセンスを取得し、レアルマドリードのトップチームの副監督に就任しています。

2014年には助監督に就任しましたが、正しい指導ライセンスを所有していないということで、スペイン・サッカー協会から3ヶ月間の活動停止処分も受けています。

2015年にプロライセンスを獲得しています。

現在は今年1月に解任されたラファエル・ベニエスの後釜としてレアル・マドリードの監督に就任していますよね。

そして今の最強のチームを作り上げたわけです。

選手としても監督としてもUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成した人物となっています。

ジダンは監督でも魔術師だった?無敗記録は?

1990年代後半から2000年代前半にかけて「世界最高のサッカー選手」と称えられています。

イブラヒモビッチは「ジダンはぬきんでている。ジダンがピッチに入ると、その瞬間から他の10人が”上手だな”程度の選手にみえてくる。他の星から来たようだ。魔法だ”とコメントし、ケビン・キーガンは「ジダンのボールさばきは、まるで彼が通り抜けて行く道を買っているようだ。彼を非常に特別にしているのは彼のビジョンだ」とコメントしています。

他にも色々言われていますけどね”魔術師“”真の天才“”史上最高のプレイヤー”などなど、ジダンを賞賛するコメントはたくさんあります。

そして、選手時代のそんな魔術師ぶりを監督になっても発揮しているって言うのが凄いですよね。

レアル・マドリードは35戦無敗ですよ。ジダンが監督になって、まだ1年に満たないんですよ。

トップチームでの指導経験が全くないなかでの監督ですからね。しかし5月には欧州Cl制覇をはたして、手腕を証明しています。

ジダン監督亜が大事にいているのが”選手目線のでの指導”ということですね。

ws000248

出典://http://f.image.geki.jp/

いくらジダンが選手時代に凄かったと言っても上から目線では指導しないと言うことでしょう。

主将のDFセルヒオ・ラモスは「選手時代は”魔法”(のようなプレー)で魅了してくれたが、指導者でも同じだ。彼が来てからチームの雰囲気は良くなった」とジダン監督を心酔しているようです。

まさしく監督としても魔術を発揮しているようですね。

選手と近い位置で話しをするっていうのは大事なんでしょうね。

まだ若いですし選手の気持ちが分かるんだと思います。

そして監督としての手腕としてはレアルの監督は勝たなくてはならないと言うことを知っていると言うことですね。

公式戦35試合無敗のクラブ新記録はその積み重ねとも言えそうです。

この記録はまだ伸びるんでしょうか?いや伸ばして欲しいですよね。

今のレアル・マドリードなら可能じゃないでしょうか?期待しています。

 

まとめ

ジネディーヌ・ジダンさんについて調べました。

個人的には大好きな選手でした。そして大好きな監督にもなりそうです。

選手としても監督としても活躍出来る人なんて滅多にいませんよ。

人格が優れているんでしょうね。じゃなきゃ人は付いてこないと思いますよ。

まだまだ若いですし。頑張って欲しいです。

たぶん無理ですけど、日本代表監督になって欲しいですwwwww

とりあえずはクラブW杯優勝頑張ってください。応援しています。

こんな悲劇もありましたよね↓

シャペコエンセとはどういうチーム?ライバルが救済措置!今後は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP