大隅良典教授の美しい兄弟愛とは?今後の医療への応用も気になる!

 

大隅良典東京工業大栄誉教授が2016年のノーベル医学生理学賞を、細胞内で不要なたんぱく質を分解、リサイクルする「オートファジー(自食作用)」の具体的な仕組みを解明したとして、授与されるということです。

凄く難しい言い方ですけど、結局何を解明したのか?そして今後の医療への応用はどうなるんでしょうか?

わかりやすく説明していきたいと思います。

大隅良典教授の素顔と美しい兄弟愛とは?

2016-10-04_184217

出展//http://jiyuubito21102.com/wp-content/uploads/2016/10

1945年2月9日生まれの71歳。太平洋戦争末期に福岡県福岡市で生まれています。

父親は九州大学の工学部で教授を務めており、4人兄弟の末子として生まれています。

ちなみに大隅さんのお兄さんは東京女子大の教授と言うことです。

要するに学者一家ということですよね。やっぱり遺伝っていうのはあるんだろうなあと思います。

もしくは環境ですよね。お兄さんの和雄さんは科学の本を、末っ子の良典さんに送り続けたそうです。

「弟には理系に進んで欲しいという、密かな思いがあったそうです」それがノーベル医学生理学賞ですからね!

結果は大成功って事でしょう。

大隅良典さんは福岡高等学校を卒業し、東京大学に進学して、大学院まで行き、医学博士の学位まで取得しています。

これがどれくらい凄いのかはよくわかりませんが、とても凄い事なんっでしょうね。

その後はアメリカのロックフェラー大学に留学もしています。

東京大学理学部助手、講師、基礎生物学研究所名誉教授などを経て、現在は東京工業大学統合研究院特任教授として活躍しています。

子供の頃からとても真面目な性格だったという大隈さん。

科学に興味を持ったのも、お兄さんからの科学の本のプレゼントだったと言います。

もしも、お兄さんからの本のプレゼントがなければ、今の大隅さんは無かったかもしれません。

そう思うと、美しい兄弟愛だと思いませんか?

やっぱり、環境って大事なんですよね。

そんなお兄さんがいれば、私も立派な科学者になっていただろうか?

いやそれは無いですけどね・・・。

また、大隅さんは頭も非常に良いんでしょうけど、とても気さくでユーモアがあるそうです。

楽しく研究できる環境だと学生から達の受けも良いようですね。

頭の良い教授とかってなんとなく、変人みたいなイメージもありますけど、大隅教授はそんなことはないようです。

奥様にも冗談を言ったりして、からかっているということですからね。

なかなかできることではありません。夫婦仲が良いって言うのはそれだけで精神安定的にもイイと思いますよ。

2016-10-04_184503

出展//http://i1.wp.com/kenzoranran.com/wp-content/uploads

そういう環境があるからこそ、大隅教授も研究に没頭出来たのかもしれませんよね。

オートファジーって何?

結構前かもしれませんが”ファジー”と言う言葉が流行りました。

たしか、ファジーっていうのは”曖昧”みたいな意味だったと思います。

コンピューターとかではイエスとかノーではなく、その中間の曖昧さを表した言葉だったと思いましたけどね・・・

今回の大隅教授が受賞したのは「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明したことが大きいと言われています。

では「オートファジー」とは何でしょうか?

2016-10-04_184731

出展//https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?

たぶん凄く難しいと思いますが、簡単にいうと「オートファジー」というのはギリシャ語で”自分を食べる”という意味です。

細胞が自分で自分の中にあるタンパク質などを分解したり、再利用したりする機能を維持しているということですね。

細胞のリサイクルシステムといえばわかりやすいですかね?

今までもオートファジー自体は知られていましたけど、それを解き明かしたのが大隅教授って事ですかね?

 

今後の医学への応用は?

オートファジーはがん神経疾患にも関係があると言われています。

オートファジーの機能を活性化することによって、症状の改善などが期待出来ると言うことです。

またがんの治療の研究にも繋がると言うことですね。

この場合はオートファジーを発動させることでがん細胞の動きを抑えるのかと思いましたが、実は逆です。

オートファジーが機能しすぎると、がん細胞も活発化してしまうと言うことです。

細胞ごとにオートファジーがあるわけですから、がん細胞も同じと言うことですね。

つまりオートファジーを停止状態にするということなんですよ!

そういう薬が作ることができれば、がんの治療に役立てられるってことですね。

他にも細胞が劣化してしまう「アルツハイマー病」と言った病気の場合は逆にオートファジーを活発化させてやれば病気の進行を遅らせることができると言うことです。

2016-10-04_184924

出展//http://www.minnanokaigo.com/a_topics/data

オートファジーの仕組みの解明は、将来の医学にかなりのプラス効果をもたらしそうです。

医学の進歩ってこういう研究によって支えられているんですよね。

いつか病気のない世界になるかもしれません。夢は広がりますよね・・。

いつかは不老不死なんて事も本当に夢じゃ無いのかも?

ネットでの評価は?

 

まとめ

大隅良典さんについて調べました。

ノーベル生理医学賞としては日本人で3人目ということです。

日本人は優秀ですね。こういう研究とかいうのは忍耐も必要でしょうけど、そういうことに日本人は向いているのかもしれません。

まだまだ元気そうな大隅教授。今後も頑張って欲しいですし、後進の育成をして欲しいですね。

おめでとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP