シンゴジラ尻尾は人間なの?ラストの意味は3パターンあった!

   2016/10/27

シンゴジラ凄いですね!
実際に私も観たんですけど、
ラストの尻尾がアップになるシーンが
かなり気になったんですよ。
一体あれは何なのか?人間?

シンゴジラがあまりにも面白くて
もはや数回も観てしまいました!

もともと、ゴジラシリーズが
大好きだったので待ちわびたよ。
このシンゴジラは本当に待ちわびた!

12年ぶりに復活したゴジラ!
アメリカ版のゴジラのせいでさ、
なんかこう、シーン・・・って感じで
ゴジラってあったなぁ~みたいな
そんな雰囲気になってたけど、
シン・ゴジラでガッツリ
完璧に復活してくれましたね!

アメリカ版ゴジラの
最初のやつヤバかったよね?笑
単なる巨大な恐竜だったし。

初代ハリウッド版ゴジラ

そんなこんなで、
完璧な復活を遂げたシンゴジラ。

今回は、ラストのシーンで
尻尾がアップになるんだけども、
そのシーンについての考察や
ネットの声なんかについて
私なりに言及したいと思います。

なので、どちらかと言うと、
一度見た方向けの内容になります。

パターン1:尻尾の正体は『人間』説

シンゴジラ 尻尾 人間

シン・ゴジラの尻尾の先端には
骨のような歯のようなものが
ビッシリとついています。

ぶっちゃけ、

 

気持ち悪・・・

 

とか思っちゃったんだけども、
色々な考察をしているうちに、

 

「深い!!」

 

って感じになってきました。
マジで深いんですよシン・ゴジラ!

んで、その尻尾の先端に
くっついるのは、

 

『人間なのでは?』

 

っていう考察があります。
考察というよりはその見た目が
人間っぽい感じなんですよ!

一般公開されているシンゴジラの
ビジュアルではハッキリとは
確認できないんですが、
実際に映画を観たら分かります!

ラストのシーンで、
尻尾がめっちゃアップになるので!

苦しんでいる人間にも見えるんです。
歯とか骨とかも人間っぽいし!

では、この人間なんなの?
って思ったんですよ。

ネットでも言われているし、
映画館で話したゴジラファンと
この辺りについて喋ってたら、

 

『街で吸収した人間なのでは?』

 

っていうパターンを
考察していて興味深かったです。

ようは、上陸したゴジラが
踏んづけて命を奪ってしまった
住民達なんじゃないか?っていう
考察もあるみたいですよ~。

ただ、個人的にはこの説は微妙で、
人間を吸収する意味が不明すぎるから
う~ん・・・って感じなんです(^^;)

パターン2:尻尾の正体は『英霊』説

シンゴジラ 英霊 ゴジラ 自衛隊

これね。
このパターンもゴジラファンの
おっちゃん達が熱く語ってたよ。笑

シン・ゴジラを観た方なら
気付いたかもしれませんが、
ゴジラと戦うのって自衛隊ですよね?

んで、その自衛隊をゴジラが
攻撃する描写はないですよね?

凍結させる時に犠牲になった
自衛隊員の描写はありますけど、
故意にゴジラが攻撃したんじゃなく
暴れた結果、犠牲になったって感じ。

ゴジラは謎の古代生物が、
海底に不法投棄された核を
食べた事によって人知を超えた
完全生物になったっていう
設定ではあるものの、
これはあくまでも

 

『表の設定』

 

意外ですよね~?
私もゴジラファンのおっちゃんに
教えてもらって初めて知りました。

裏の設定っていうのは、

 

『旧日本軍の英霊達が集まって出来たのがゴジラ』

 

っていう事みたいです。

言われてみると、
そんな気がしてくるよね。

なんていうか、
これまでのシリーズをみても
ゴジラと戦う自衛隊っていう構図だが、

 

「ゴジラが負けるとテンション下がる・・・」

 

っていう気分になるからね。
おっちゃんにこれ言われたときに、
なるほどな~ってなりましたもん。

後味が悪いというか、
スッキリしないラストシーンが
ゴジラの特徴だよねくらいに
思っていたんですけど、
この新説はめっちゃオモロイ!!

シン・ゴジラは初代ゴジラの
設定をも復活させるという
コンセプトなのでこの説の
信憑性は異様に高いです!

まぁ~最期にゴジラが
カチンコチンに固まった場所も
東京駅っていうあたりもね。

その後ろには皇居があったから
守った的な感じなのでは?
っていう話をしていて妙に納得!

パターン3:尻尾の正体は『小ゴジラ』説

シンゴジラ 尻尾 子供 ゴジラ 意味

3つ目のパターンですが、
劇中のシーンを振り返ると、

 

ゴジラは無性生殖で増えたり、
空を飛べる固体が生まれて、
大陸を越える可能性もある!

 

っていうシーンがありましたよね?
ここが個人的にはかなり
引っ掛かったポイントなんです!

まぁ~恐らくシン・ゴジラは
続編をやると思いますけど、
その含みを持たせるようなラストだったし
劇中で上記のようなセリフですから、
ゴジラの尻尾にくっついていたのは、

 

『ゴジラの子供なのでは?』

 

この説もかなり有力です!
っていうか個人的にはこの説が
1番信憑性高いと思っている。

人間っぽい形もあったけど、
ゴジラの背びれがついたような人間(?)も
確かいたと思うので、
この説を推していますw

っていうか、
こうなってくるとさ、
『英霊説』とこの説が1セットで、

 

英霊&犠牲になった人

ゴジラに吸収

ゴジラの中でゴジラへと変化

無性生殖という形で増殖

 

凄くこの流れっぽい!
マジでそうなのでは?っと
個人的には思ってしまう。

皆さんはどの説が有力だと思いますか?
こういった説もあるのでは?
っていう考察もお待ちしてます(^^)
ぜひぜひコメントして下さい☆

まとめ

シン・ゴジラ キャスト 意味 尻尾 人間 英霊

ここ数年で1番面白かったです。
こりゃ評価も高いやろ~
なんて思っていたんですけど、
案外シン・ゴジラの評価が低くて
ビックリしてます。

感じ方は人それぞれですから、
なんとも言えませんが。

多分、思想が左に傾いている人は
シン・ゴジラ嫌いでしょうねw

途中、日本でもよくかける
デモ団体の描写があったしね。
動物愛護団体風な団体が押しかけ
ビルの下でゴッツイ騒いでいる描写!笑

完全に皮肉ってて
私は面白かったけども、
現実世界でこういった活動をしている
左寄りの方には面白くないでしょうね。

それくらい、シン・ゴジラの
メッセージ性は強いように思いました。

あと、素朴な疑問っていうか、
なぜゴジラは東京を襲うのか?
微妙に気になったので記事上げました。
皆様のご意見もお聞かせ下さい☆

→シンゴジラが東京を襲う理由

テラフォーマーズが
なかったことになっている今年の映画界w
シン・ゴジラを超える映画は
もう2016年内には出ないかな。

→テラフォーマーズが失敗した話

早速、石原さとみさんの演技に
アンチが騒ぎ出したようです。
本当に反響が凄いですよ!

→石原さとみの英語が酷いとアンチざわつく

ともあれ、シン・ゴジラは
マジで良かったですよ(^^)

もの凄く前向きになれるし
色々と考えさせられる映画です。

実際に、シン・ゴジラを観て
泣いたっていう人も多いみたいだし、
観なきゃ損でっせ。

ちなみに、私は4Dってやつで
映画を観たんですけどね、
迫力が通常の映画に比べて
断然違うっていうね!

シン・ゴジラを観るなら、
4Dがオススメです(^^)

それでは。

P.S
Huluでは「ゴジラ・チャンネル」が開設され、歴代ゴジラ・シリーズの予告編が無料で楽しめます。
また、1954年に公開されたシリーズ第1作目の「ゴジラ」~ 2004年に公開された「ゴジラ FINAL WARS」までの28作品が月額933円(税抜)で楽しめるんです。
シンゴジラを見て、歴代ゴジラに興味を持った方は、Huluを見てみてはいかがでしょうか?
今なら2週間の無料期間があるから試してみるといいですよ。

>> Huluで今すぐ視聴!2週間無料期間あり! <<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. カンちゃん より:

    ゴジラの尻尾で蠢く正体は、ラストに登場した最後の形態の最恐ゴジラの後に更に形態を変える途中の状態だと思う。最終的に、つまり人間になる。
    人間が一番恐ろしい進化の最終形態と言うことだ。
    核も使うしね。そう言う意味だと思う。違う?

    • エマジカ管理人 より:

      そういう見方はしたことなかったです!
      可能性は充分ありますね!!!

    • ty より:

      カンちゃんさん、その説がおおかたあってると思います。ただ最終的にというよりは単に”次の形態”
      人間が一番恐ろしいからではなく、その環境に最も適した生体と判断したゴジラの遺伝子が求めて進化し始めたのが人間。

      一個体の強い生き物であるゴジラが、多数の弱い個体である人類に敗北した。なら次はその力に対抗するためにやはり多数の個体へと進化しようとしている姿だと 僕は見ています

      まぁ「一人一人が弱くてもみんなで力を合わせればどんなに強い相手でも倒せるさ」みたいな感じじゃね?と僕は思います

  2. シンゴジラを二回みた人 より:

    自分を倒した「人」へと進化しようとした結果

    牧五郎博士の怨念

    一番恐ろしいのは人という制作側のメッセージ

    だと自分はとらえました

    • シンゴジラを二回みた人 より:

      追記

      牧五郎博士の怨念という理由

      ゴジラの出現ポイントのすぐそばで
      自殺もしくは行方不明になっており、
      遺書には「私は好きなようにやったry」
      と書かれていたので、私は恐らく
      牧五郎博士が眠っていたゴジラに
      何らかの影響を与えた、または吸収
      されたからなのではないかと考えています。

  3. 無名 より:

    ゴジラの誕生を表している可能性も感じました。
    つまりは広島原爆の犠牲者という考えで、原爆の放射能から生まれたというのがゴジラの原点でもありますので。元々ゴジラは原爆への脅威へのメッセージ性が強い作品ですので、今回も原爆を使わせない演出は在りましたので、訴えかけるものは感じます。

  4. 無名 より:

    補足
    ベース、蜥蜴種の生物が放射能下で進化する際に犠牲者の遺体を取り込んだということですね。分かりづらくてすみません。

    • エマジカ管理人 より:

      核に耐えうる進化の中で、人間を取り込んでいる説が有力かもですね。

  5. 町山 より:

    英霊説は過去作品の引用

    あと恐竜じゃなくてイグアナな

  6. santami より:

    ワシはどっちかというと中道左派だけど、シンゴジは楽しめたけどなあ。

    それはさておき、あのラストのしっぽは、ゴジラが凍る直前、何らかの形で自分の個体の複製を残そうとしたものと解釈しています。

    もしかしたら、1体ぐらいは生きたまま地上に産み落とされているかもしれないな、とも。

    • ゴジゴジ より:

      そうですよね。
      僕も左寄りですけど、楽しめました。

      というか今回のゴジラは、安保法や核問題についてのアンチテーゼのようにも感じました。

      このゴジラはどんどんと進化して行った。弾丸は最初から効かず、地殻ミサイルを撃ち込まれた後はミサイルそのものを排除するように光線を出せるようになった。

      これは核抑止力の脅威を表してるように思えましたね。核の脅威を知らしめるためのゴジラなんですから、左派が嫌うはずはないと思うんですけどねえ。

      • エマジカ管理人 より:

        ゴジラは核問題に対する
        メッセージが強い作品ですよね。
        確かに左派が嫌うはずないと思います。

      • より:

        あの皮肉に気付いて欲しいけど君には届かなかったみたいだね左巻きさん

    • エマジカ管理人 より:

      確かに、ゴジラの子供みたいなのが既にいて
      続編でそれらが主役になるっていうのも
      考えられますよね。

  7. take より:

    これは深い意味ないと思う。

    ゴジラのデザイン・造形の竹谷隆之は作品に色々な骨を取り入れるのが特徴。
    監督がそのデザインを気に入ったから意味ありげに映しただけかと。

  8. 名無し より:

    ありがちだけどナウシカへの伏線だと私は思ってます。
    石原さとみの『まさに神の化身』というセリフも意味ありげですし、ゴジラの体から自然になのか、人工的になのか、『巨神兵』が産み出されるということのよう気がしています。
    また極限微生物に関しても、放射能に適応した微生物が『腐海の森』になっていくように感じます。

    もうひとつの根拠は『風の谷のナウシカ』の巨神兵の出てくるシーンは庵野氏が作画担当者だったから、というのもあります。

  9. ラル より:

    私はナウシカに出てくる巨神兵に似ていると思いました。
    数体が槍みたいな物を持っていたようにも見えたのですが・・・。

    • エマジカ管理人 より:

      槍みたいなのもありましたよね!
      もし巨神兵だとしたら、
      どんな扱いになるのかも気になりますよね。

  10. tar8 より:

    個人的には最後の尻尾はそこまでの意味はつけていないのでは?と思います。
    ただゴジラを凍結させる作戦名が古事記におけるヤマタノオロチを眠らせた酒『ヤシオリノサケ』からきているので、そう考えるとゴジラの尻尾から割れて出てきたものは『アメノムラクモノツルギ』ってことになります。
    だからなんだって話ですけど、エヴァで『ヤシマ作戦』なんて出てきたくらいだから庵野監督は意識してそう。

    • エマジカ管理人 より:

      エヴァの時もそうですが、
      庵野監督がこういった歴史というか
      都市伝説みたいな物語を入れてくるので
      頂いたコメント内容には「なるほど!」って感じでした!!

  11. P吉 より:

    楽しく、なるほどと思いながら読ませていただきました。

    僕も個人的な考察をまとめたのでよろしければ目を通してみてください。

    1.ゴジラ原爆被害者説。
      原爆の被害者の怨念の集合体なのではないか、と。だから尻尾の先の人間?のようなものは、溶けかかっていたりと不完全な形のものが多くいた。DNAの量が何百倍だかって説明もそれで説明がつくかと。

    2.ゴジラ裁定者説。
     個人的にはこちらのほうが有力かと思います。
     物語は、「風の谷のナウシカ」庵野監督とは関係が深い作品ですね!
     ゴジラの光線のシーン。まさに火の七日間を彷彿させるような地獄絵図、
     ゴジラは神に作られ、全てを灰とし、新たな世界を作る。
     ゴジラの無性生殖機能と膨大なDNAデータは、焼き払った後の地球に生きるべき生物の情報をすべて積み込んだ。
     ノアの方舟のような存在であると考えられる。
     最後の尻尾は、新人類を産み落とすことで、自分の細胞を残そうと考えた。
     何とも、庵野監督の好きそうな展開で。
     実際、エヴァQの「巨神兵東京に現る」ではまさしく破壊と創造がテーマになっている。
     焼き払った後の世界に放射線が残ってしまっては新人類の害になってしまうため、3年ほどで消えるものにした。
    しかし、現人類の思わぬ反撃にゴジラは敗北してしまう。
    =神?の意志は遂げられなかった
    つまり、今度はもっと強力なゴジラを製造投入してくる可能性がある。(次回は巨神兵?)
    だから、まだ気は抜けないというセリフなどがあるのではないか、と。

    • エマジカ管理人 より:

      2.ゴジラ裁定者説。
      これはありえそうですね!!
      私も最後のシーンは続編への伏線であると思っています。

  12. データ より:

    今までの庵野作品を観てる身からすれば、
    あれは使徒以外の何物でも無い様な気が……
    ココは、ハリウッドに対抗した(ジャスティス、アベンジャーズね)エヴァvsゴジラだ〜ね(^_^)a

  13. のーねーむ より:

    論議しても無駄。クリフハンガーなだけ。
    そもそもパターン1もありえないし、パターン2なんてgmkの設定じゃんかよ
    ネット適当に見て書いただけの考察になってないクソ記事の量産おつかれーす

    • エマジカ管理人 より:

      ゴジラファンの皆様と楽しくやっておりますので
      お言葉は選ばれた方が素敵だと思いますよ。

  14. 今日観て来ました。 より:

    自分は単に進化の到達点としての人間という事だと思います。劇中では凄まじい速度で形態を変化させましたがそれは進化と言って過言では無いと思います。
    そこから逆算するとあのゴジラは最初はもしかしたらトカゲのような姿ではなく、魚のような姿をしていたのではないかと妄想してしまいます。

  15. マフラー より:

    楽しく読ませて頂いています。さて、最後の尻尾シーンですが、「何が映っているのかわからなかった」方、いないでしょうか?見終わったあと、ナンジャ、今のシーン?と流していたのですが、ネットでいろんな仮説が展開されているのを知って、え~~~!!って感じで、面白さの3割くらい損した気分です。(かといっても一回見る気はないですが) 私と同じようにラストシーンが意味不明だった人いませんか?俺だけ?

  16. 新古ジラ より:

    今日見てきました!

    最後に尻尾を大きく写す演出、無性生殖の話からして3が続編に繋がるには有力な気はしますね。人っぽくも確かに見えましたけど、無数でしたね。
    無性生殖というワードは平成ガメラのギャオスや、ハリウッド版ゴジラが前例としてありますし

    伏線として次回にとんでもない進化をするゴジラが現れるのではと期待してしまいますね!(不安もありますが…)
    あくまで全て憶測ですしただの空論とバカにせず好きな方は好きに語っていいと思いますよ!

    Ps.個人的には石原さとみは不要論に1票

  17. ザコリーマン より:

    僕は、どちらかと言えば少し左よりの人間だけど…シンゴジラは面白かったよ!
    英霊説にも納得。左よりである事と英霊を尊敬しない事とは別。英霊は尊敬してます。
    僕が庶民だから、今の金持ちのための政治がツラいだけだよ。
    なんにせよ…シンゴジラは楽しめました!!!!!
    なぜか、テンション上がった!

  18. ザコリーマン より:

    僕はどちらかと言えば少し左よりの人間だけど…シンゴジラは面白かったよ!
    英霊説にも納得。それもあり得るね。
    左よりである事と、英霊を尊敬しない事とは別。英霊は尊敬してます。僕が庶民だから、今の金持ちの為の政治がツラいだけだよ。
    なんにせよ、シンゴジラは楽しめました!!!!!
    なぜか、テンション上がった!

  19. 通りすがり より:

    庵野監督は思わせぶりな表現して、勝手に考察させてるだけだよ
    何も深いこと考えてないよ
    エヴァでこりたよ

  20. 名無し より:

    教授?博士?の私は好きにした。君らも好きにしろのセリフは、監督の心情を代弁したセリフだと思う。なので、最後の尻尾は君らが好きに解釈しろ、私は特撮映画を好きに撮った。と言う意味だと思いました。
    あの監督のやりそうな事です。

  21. まー より:

    僕はゴジラの正体は核や、放射能で犠牲になった人々の集合体である。
    ということを示したシーンなのかなって思いました。
    古いゴジラの設定かなんかでも
    そんな説明があった気がしたので。

  22. ゴジンゲリオン より:

    庵野監督はゴジラを「人型決戦兵器」として捉えて、エヴァンゲリオンへのオマージュをしているのでは?ですから次回作はゴジラから生まれた人型決戦兵器 vs 人型決戦兵器エヴァンゲリオンの対決で、そのための伏線では?と個人的に思いました。

  23. tg より:

    マキ博士そのものが核により何らかの水棲生物と融合してゴジラの元となり、核廃棄物を取り込んで爆発的な進化と巨大化を遂げていったと推測する。
    ラストで凍結されたものの核エネルギー(ゴジラ)は休止しているだけで、再稼働した場合は更なる進化が始まる。
    とはいえ、糞尿や生殖器の器官が見当たらないことから、自ら増殖して熱線を出せる尾から子体を産む。
    それがラストの尾であり、姿はマキ博士と水棲生物の融合した当初の形の胎児である。
    なんてな♪
    なお、次回は復活しさらに進化したゴジラと、尾から増殖したゴジラ同士のバトルがドラマに加わる。
    勝利のキーはマキ博士の発見した、あるいは発明した水棲生物と融合する物質か?

  24. カタトゥンボ より:

    続編は作らないらしい

  25. 科捜研のビオランテ より:

    シン・ゴジラにでてくるゴジラは牧博士とゴジラの細胞+αのかけ合わせた人造生命体説を押したい。

    1.冒頭、牧博士がボートから行方不明になっている。(牧博士ゴジラ細胞を取りこむ)

    2.牧博士がいなくなった付近からゴジラが突然出現した(牧博士ゴジラ化)

    3.ゴジラがむかしからいる生物なのにオタマジャクシ形態から始まっている

    つまりシン・ゴジラはまさしく人・ゴジラだったっていう説

    だからゴジラが積極的に攻撃せずやられたらやり返すスタンスだったのはまだ生まれたてだから、
    東京に行ったのは牧博士の最後の思念から?

    最後の尻尾のはさらなる進化かまたは生殖か
    生殖の可能性が高いですね。

    この説からいえることは、本当のゴジラは他にいるといこと

    まぁあんなバカなプログラムの様なゴジラが本当のゴジラなわけねぇっていうゴジラ信者の妄言ですがね

    • 新井 勉 より:

      牧教授がゴジラの幼生を東京湾まで導き、自分の身体と新放射性物質を発生させる物質を食べさせて、第1形態が発生したものと考えます。巨大化と体内の発熱により水蒸気が発生し、アクアトンネルを潰してしまったんですね。最終形態の姿が人ゴジラだと思います。羽が生えるかわかりませんが。(^_^;)

  26. 2ゴジラ より:

    今日二回目観てきました!
    二回目でも楽しめた♪

    で話題になってるラストの尻尾、私なりの解釈はゴジラの細胞分裂!分身を産み出してる過程だった。

    と、皆さんと然程変わらない解釈かなw

    で、これの意味するところは、ゴジラ=フクイチと言われてるように今も溢れ続けている汚染水や、廃炉への懸念を表してるのでは?と思っています。

    海に流れ出た汚染水は、本当に奇形を産み出す可能性を持ってますからねぇ・・・
    現実に何時ゴジラが現れてもおかしくない!という可能性を表現してる気がします。

  27. 五木田 より:

    シンゴジラのあの尻尾のラストショットから実写版・進撃の巨人の前編につながるのでは!?

  28. Ak より:

    尻尾の複数の人形は無性生殖だと思いますね。人形なのは直立二足歩行により適した形態への進化だと思います。
    現に第二形態から第三形態への進化は二足歩行化でしたから、ゴジラが陸上活動に際して二足歩行を選択している事実があります。
    巨神兵っぽいのは単なるオマージュかと。作中オマージュ沢山出てきましたし。

    あと最後の尻尾アップシーン、先端部スカスカでしたよね。あれは無性生殖による子供が既に何匹か産み落とされた後であると言う意味だと思います。

  29. ゴジラエヴァファン より:

    ゴジラの正体は牧教授を捕食した海中生物の成の果てなのではないかと個人的には推測しました。
    まず、劇中で放射能に耐えうる超生物の存在がいわれてましたが、何故急進化を遂げたのか謎であるとの台詞がありました。
    牧教授はこの生物の潜伏場所を突き止め(東京湾のグローリー丸が漂流していた近辺と思われる)、ゴジラが覚醒するきっかけを与えたと思います。きっかけについては色々考えられますが、牧教授自身の体をゴジラに喰わせ、ヒトの遺伝子を取り込ませて急激な進化を促したのではないでしょうか。
    そう考えれば、ゴジラの形態変化が魚→両生類→爬虫類→哺乳類(最後の尻尾のヒトガタ)と段々と人間の形に近づいていくことに説明がつきます。
    そして、牧教授がゴジラを覚醒させた動機については、これは奥さんを見殺しにした日本政府への怨念、そして巨大災害を前に日本人がどう動くかを試したかったみたいなところかなと思います。
    教授の奥さんはこないだの原発事故で被爆して命を落とすに至り、対応が至らなかった日本政府に対する怒りから教授はゴジラを発言させた。一方で日本人への期待を完全に捨ててはなく、様々なヒントを残しました。核の使用も含め、好きにしてみろ。これがあのメッセージの意味なのではないでしょうか。ちなみにこの解釈はYouTubeの岡田トシオさんの動画をかなり参考にしました。
    ゴジラが2度目に上陸した際、大臣が「なんでまたこっちにくるんだ!」と憤慨するシーンがありますが、これは日本政府を恨んだ教授の意志がゴジラに残っていたからとすると辻褄があいますね。

  30. もんもん より:

    東宝は続編作りたいだろうけど、総監督はやらないと思います。
    本人もそう言っているし。
    だからやるとしてもヤマト2202のように、監督スタッフ変えてってことになるだろうが、
    それはもう、僕らの大好きな「シン・ゴジラ」じゃないよねえ。

    尻尾は、自分の子孫を残そうと何かしら産む寸前だったんでしょう。
    それが何なのかはわからないけど、
    人型でしたが、即、巨神兵や使徒には繋がらないと思います。
    それらは、別の話だもので。
    とりあえず固まったが、安穏としてる場合じゃないよとの警告でしょう。
    映画として余韻のあるいい終わり方でした、でいいんじゃないでしょうか。

    そんなことより!
    牧教授は何を好きにしたのか、わかりません!
    どなたかご意見を。
    ゴジラ=牧ってのすごくピンときます。

  31. おん より:

    最後の尻尾のシーンは意味深でしたね
    自分は、体は凍らされたんですけど
    尻尾がクパァっと割れてるように見えました
    菜の花というか植物的に見えて、あそこから復活するんだろうなと

  32. シンゴジラ4回目 より:

    よく見ると
    ゴジラの尻尾はペ○ス
    ゴジラの放射能火炎?の発射口はヴァ○ナ
    にそっくりなんですよね
    尻尾の人型の謎と何か関係ありそう

  33. より:

    劇中のヒントのみによる解釈

    ①行方不明の博士はゴジラ出現地点で失踪している。博士は妻を救えなかった日本に恨みを持っていた。

    ②ゴジラは無性生殖できることが示唆されている。

    ⇒博士はゴジラに取り込まれた後、日本を襲い、日本人を試した。無性生殖を始めていたゴジラには博士の遺伝子が取り込まれていたため、尻尾の先端には分裂しかけている人型の骨が無数にあった。

  34. ジラ より:

    平成ゴジラシリーズが大好きだった世代ですが、やっぱりビジュアルが好きになれなかったですね。
    顎が裂けた時に冷めてしまいました。

    ゴジラとしては微妙ですけど、シンゴジラとして観るならおもしろかったです!

    やっぱりエヴァ要素はいらないかったかな。。。

    • アイロンミシン より:

      僕も「恐竜から核で進化した」っていう設定を崩されるのは嫌かな。なのでゴジラの体内から人間とか別生物ってのは最も避けてほしい。
      半永久的に生き続けるけど進化するってことは細胞分裂はするんですよね。アメーバみたいな増え方なら有りかな。

  35. より:

    お前ら巨神兵知らねーのかよ
    もっと映画見ろ情弱共
    尻尾から光線出た時点でエヴァQの本編の前の巨神兵が想像できるだろ
    生殖とかアホみてーな推測すんな

    • 関係者 より:

      なんでも「巨神兵」に結びつけようとするのは短絡的です。

      申し訳ないですが、あれは単に「第5形態=小生物化」を意図したものです。
      様々な人が言っている、劇中の台詞に合ったものです。

      刺激や攻撃などにより、急きょ進化するメカニズムを想定。攻撃中に人型小型生物(小ゴジラというイメージではありませんが)に進化しようとしていたんだよ、というイメージにしています。
      更に、最後の2人の会話にある「多国籍軍の核攻撃はSTOPしただけ」に絡めて、もしも復活した場合に次の攻撃対象は[大型]ではない。1発2発の核では倒せないよ?という意味合いを込めています。

      そうなると「巨神兵」にイメージは近いかもしれませんが[巨]は付かない感じですね。

      ちなみに続編の話は当方から打診がありましたが、丁重にお断りしています。

  36. 駄犬 より:

    基本的には「特撮映画の再生」でしょう。
    商業レベルで金星大魔艦とかさよジュピとか、絶望をフィルムにしたようなものを見せられ続けた怨念。
    シンゴの咆哮は積年の呪詛を粉砕する一撃かと。

    SWが登場したあとで「どうしてこんなものを撮るんだ」という失望、硬直し肥大しきった映画産業に
    参画できない歯がゆさと無念、既存映画産業への
    問いかけ(これは結果的にですが)となった自主制作『帰ってきたウルトラマン』。
    しかも、いかなる批判にも斜めにずれた回答しか
    寄越さず衰退していった「特撮映画」産業。
    アニメはともかく、広がる一方だった日米映像技術の格差――
    これら30年余の流れを踏まえると偏食監督の意図は
    実に端的で綺麗に表現されていると思いました。

    カテゴリ的には旧東宝特撮のメインストリームではなく、「ガス人間」系のテイストでしょうか……
    右や左の旦那様が〝本編に付加された〟と主張する
    メッセージの最たるものは「うるせえ、観ないでごちゃごちゃ論う奴らはみな死ね」ですな
    ありもしないメッセージを汲み取って軍国化だのなんのと騒ぐ連中は、対象のコンテンツを10中120観て
    ませんからねぇ
    「平成ガメラ」「ガルパン」に軍国化の兆候と戦争賛美を見出す人たちは頭大丈夫か?ってなもんで

    映画の中にあるとされるメッセージはシミュラクラのようなもので、心霊写真の顔のようなもの
    つまり「見たいように見られる」物に過ぎません
    どうとでも解釈できる…それが一番優れた演出であり、かつ一番大事なのは
    「見て面白い」
    その部分だけです
    見た後で面白かったから勝手に本題読解を試みる
    どう解釈しようと観客の勝手ですがな

    左派監督のように巻き切れた政治的メッセージを強要する馬鹿な映像作家に付き合う義理はありません
    ・まず娯楽映画
    ・良好な興行成績
    ・その上で半世紀後まで賞賛されるもの
    「社会的メッセージがうんたら」は、これら簡単な要求が達成できない場合の弁解以外の何物でもありません
    写真屋なら撮った映像で勝負しろ、ぐだぐだ語るな、と名も無き末端消費者は思ったのでした゚∀゚

  37. キャノ より:

    ゴジラって半永久的に存在できるから生殖の意味が無いと思う。完全系に進化する途中なんじゃないかな

  38. 巨神HEY より:

    あの尻尾は庵野さんの
    『巨神兵東京に現わる』とを観た方なら、
    納得されると思います
    ナウシカの巨神兵=エヴァで、ストーリーが全て繋がります

  39. ケイ より:

    ゴジラは荒ぶる神・呉爾羅にちなんで名づけられただけで全くの別人(?)であり、その呉爾羅が英霊の怨念の集合体というのも『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』だけの設定だったような・・・。
    シリーズのファンだと、いろんな知識があると思うけど、今作の世界ではゴジラの存在はおろか、「怪獣」という言葉さえ知られていない世界なので、アブソリュートビギナーズとして受け入れた方がいいよ、おっちゃん。

  40. みみ より:

    しっぽが苦悶している人に見えるのは「ゴジラは人々の苦しみをしっぽのようにひきずっている」事の暗喩ではないかなと
    今回のシン・ゴジラが象徴していた「天災による原発事故」って、そういうものだったし

  41. ゴジラ第6形態 より:

    確か、ヤシオリ作戦の準備中、ゴジラが休止している時(眠っている時)に、金属音と共にしっぽの先端辺りの一部が剥がれるシーンがあったと思います。

    そして、ラストのしっぽのアップでは、「体躯は人間に似ていて頭の形が人間とは異なるもの」が、数体~十体程度見えました。
    まるでサナギから成虫が羽化-孵化するような、反り返るような姿勢で。

    ゴジラとこれら複数の幼体(?)との間に、既にヘソの緒的な繋がりがなく、独立寸前の状態だったとしたら、ゴジラに経口投与された凍結剤は、幼体に影響していないので、劇中ラストの直後に孵化してしまう、、、と考えました。

    個人のこんな妄想も、シン・ゴジラの楽しみかたの一つだと思いました。

  42. 小心者 より:

    邦画の特徴として、危機的な状況に家族とか友人模様を放り込むというのがあるように思います。
    戦争ものは特に。
    この映画の満足感は、その場面が一切無いことも一つ。個人的にはですが。
    石原さとみさんって「優しい」象徴というイメージなんですよ。
    だから、出るなら関係者の家族とか恋人とかでどうかなぁ。
    あの役なら、LiLiCoぐらい見た目にも迫力ある人でどうでしょう。
    長谷川さんも長身だから相手にももう少し背が欲しかった。

  43. しんゴジラ より:

    ゴジラのDNAは人間の8倍だから、その中の一部に人間そのものが入ってるんじゃないのかな

  44. はな より:

    今日、観てきました。確かに、作戦シーンの間に、カツンと音がして何かがゴジラから剥がれました。これについて、その後フォローなかったのは、気になります。

  45. ミーハー より:

    シンゴジラが低評価な人の思想を勝手に決めつけているようですが
    私のように、元々ゴジラは好きでも嫌いでもなく
    話題になったから見たと言うだけの層はニュートラルな思想から
    賛否どちらも生まれると思いますよ

    私個人は初めは楽しく見ていましたが
    緊張感が最初から最後まで高く
    悪く言えば単調で、途中で疲れてしまいました
    そう言う評価もあると思います。

    ただ、見ていて取材量を凄く感じたと言うか
    良く言えば最初から最後まで高い密度で情報が詰め込まれていたとも思います
    見て損をしたとは全く思っていません

    ではでは、突然のコメント失礼しました!

  46. 名無し より:

    ゴジラ英霊説はGMKゴジラのことでシンゴジは関係無いですよ。

  47. 超絶イケメン より:

    ゴジラ英霊説とかはるか昔からあるのに新説とはこれいかに?にわかファンの意見大変参考になりました(^ ^)次はgmkでもみてください

  48. タカッキー より:

    石原さとみ、モロ朝鮮顔でした。。。
    前からカワユイと思ってたが嫌いになってしまった

  49. タカッキー より:

    ゴジラは先の大戦で散った英霊たちの化身。
    アメリカの属国となり、新自由主義が蔓延る首都東京を見て「こんな国に誰がした、ぶっ壊してやる!」と叫びながら破壊しているのです。
    石原さとみは、前からかわいいと思っていたがモロ朝鮮顔でしたね。大嫌いになりました。

  50. らんちゅう より:

    こんにちは。

    そもそもヤシオリ作戦のヤシオリとはスサノオがヤマタノオロチを退治するときに飲ませた酒のことなんですよね。
    さらに言うなら血液凝固剤注入部隊をアメノハバキリと呼称していましたがアメノハバキリとはヤマタノオロチを倒した時の剣の名前です。

    つまりゴジラをヤマタノオロチに見立ててるんですね。

    スサノオはヤマタノオロチを倒した後その死骸をバラバラに切り刻みます。そしてその尻尾から一本の剣を見つけます。それが神代から現代にいたるまで(途中で遺失したそうですが・・・)日本を守る草薙の剣です。

    つまりゴジラの尻尾の正体がなんなのかはわかりませんが少なくともプロトンビームの発射が可能な何かなわけで、これを元に対怪獣兵器を開発するんでしょうね。それが結果として巨神兵になるっていう話なら分からない話ではないと思います。あそこから直で巨神兵が生まれるのではなく、あれを元にして巨神兵が生まれるという説です。こういう解釈がなんとなくエヴァっぽいかなぁと。 

  51. いやあん より:

    博士が自分の奥さんを再生させるためにゴジラのなんかの体機能を使ってなんかやったんじゃないかな、と思った。

  52. より:

    アメリカの属国日本を描いてるから自民党支持層的にも微妙な心境のような

  53. 丸子橋が!? より:

    今日レイトショーで見てきました。
    地元が初めの戦場だったので、それだけでテンション上がりました。
    子供の頃見たゴジラシリーズを思い出させる良いデキだったと思います。

    確かにラストシーンは次回作への伏線かと思いました。
    また、パッと見で浮かんだイメージは庵野さんの巨人兵でしたが、
    素直に考えると牧博士がゴジラであった証と考えるのが全ての辻褄が合い、
    初めのシーンに意味を持たせるための演出であったと思えます。

    ここからは私が感じたメッセージですが、
    一個人が抱える苦悩や怒り、世界に対する閉塞感と絶望、
    それらを感じつつも何もできない人間の私、、、
    ならば、この私が人間を越えた存在となり、この世界を変えてしまおう
    という考えが『私は好きなようにやった』ということであり、
    『好きなようにしろ』は、この世界を君たちはどう変えるのかという
    博士からの挑戦と希望であったのではないでしょうか。

    これまでのゴジラ=核の脅威から、
    世界の在り方への問題提起へと進化したのが、
    シン・ゴジラであったのではないかと私には思えました。

    皆さんのコメントを見させて頂き、色々と考えるキッカケとなった、
    これだけで私にとって、この作品は価値あるものになりました。
    とても楽しめ、考えさせられた良い作品です。
    ありがとうございました。

  54. ootsu より:

    自分の解釈は、最後のヤシオリ作戦は理想の世界で虚構。現実(映画の中の)では核が落とされたのだと思って見ていました。その理由としてヤシオリ作戦に入ってからの音楽、映像が急に作り物っぽくなったことです。みなさんはそう感じませんでした?ラストのしっぽは核で焼けた人間でしょう。原爆資料館にいけば同じような真っ黒になって固まった人間の写真はいっぱいありますよ。現代の日本が国連決議に逆らって独自の作戦を実行できるわけもなく、ここまでリアルを追及した展開からも核を落とされるのが当然の流れですから、ほかに考えようがないと思いますが。

  55. ジンガ より:

    他の方もおっしゃられてますがゴジラ英霊説は既に以前のゴジラ映画で使用された設定なのでまず違うと思います。
    具体的に言うと「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」(通称GMK)というゴジラ映画の設定です。
    あれだけ詳細に設定を作る庵野監督が過去のゴジラ映画の設定と丸被りになってるのに構わず使うというのはまず考えられないです。
    色々な解釈が出来るように作ってるけど具体的には特に決めてないってのが私の説ですね。エヴァの頃からそういう描写が得意な監督でしたので今回もそうかなと。

  56. 暇ぁ より:

    最後の人型ゴジラは、新人類の誕生だと思う、だが生む直前冷凍化され、新人類は、全滅.。。
    次の説
    自分説
    新巨神兵の誕生
    2011~2012巨神兵が東京に現れる東京壊滅。2013~2016東京再復興。その間、巨神兵全滅その一体が、そ卵を生む誕生しそしてウミイグワナ系を食べ続けて死亡また卵を、産みゴジラ型誕生し海に上がり、だが大きかったせいで橋に激突、謎の事故発生。博士を食べ、また潜る。謎の背びれの動画がとられる。第一から第五までの進化その間また、東京壊滅(第一東京)凍結作戦実行。ゴジラ凍結成功最後に、尻尾に人型発見それが、新巨神兵だと思うだが、全死亡。それと、第二東京計画を実行。対巨大生物兵器の開発。  以上
    説明下手ですいません。それとあくまで自分説なので暴言等言わないでください。

  57. 素人 より:

    コメント楽しく読ませていただています。
    恥ずかしながら無知を承知で意見させてください。
    凍結前の尻尾の赤くなっている部分に高度に進化した大脳のような器官があり、尻尾同様に赤くなっている胸部に単純な行動などを行う器官があるのではないでしょうか?
    そのため、大量のエネルギーが必要になり赤色化しているのではないかと考えています。
    凍結後に変色したのはエネルギーが失われて、動力源がむき出しなのでは?
    疑問分だらけですみません。

  58. 通りすがりの帰国子女 より:

    石原さとみだけじゃなくて全体的に英語アクターの演技が。。。最悪でした。B-2パイロットがなんかその辺のオタクみたいな英語だったし、政府の人は棒読みだし。。。自衛隊の交信とかかっこよかったのでより残念。

  59. ASKA より:

    うーん左派にルサンチマン感じてる多いね
    俺も自我共に認める左翼だけど、釘付けになって見るほど普通に面白かったわ
    類似したデモ団体が出たから左翼は嫌いそうは固定観念に思考停止してるとしか言いようが無い
    批判要点になってる自衛隊ばんざーいのプロパガンダ臭は鼻についたが防衛省が協賛協力してるところもあるからしょうがないかなと、別にこれも今回が初めでも無いし特生自衛隊みたいなのが出てきてからきな臭くなったしね
    皮肉うんぬんかんぬん垂れてるネトウヨだか自称中道だか知らんが自分の都合のいい材料だけをトリミングするんだから面白いよなーホント
    信者の中でも問題視されてる、石原さとみは正直いらなかったかなぁと
    コメ欄で発狂してるゴキウヨみたいに個人的な私怨はないけど、あの役自体不要だったかな
    作中のシリアスな雰囲気に似つかわしくなかった。

  60. たか より:

    マキ博士→ゴジラ説 を押したい!
    今の世の中へのアンチテーゼでしょ

  61. ご飯が足りない より:

    やっと今日観てきました。まんまエヴァと友人が言ってたのでどんなもんかと思ってましたが、エヴァのいないエヴァでしたw
    あと、私は観てて福島第一原発事故を思い出しました。安全と思って(政府が)楽観視していた原発が事故(この災害がゴジラ)を起こし、現場の人間が生死をかけて役割に取り組み(凝固剤をホースで流し込むとこが原発に放水してる様に見えました)、解決はするもののゴジラ(原発)そのものは残っている、と。
    個人的に反核もそうですが、反原発を訴えていると感じました。
    最後のしっぽのシーンは、先のコメントを読んでさらに進化したゴジラってのが一番納得できました。自分は、映画であまり犠牲者の描写ってのがなかったんで、しっぽから取り込まれた(吸収?)、ゴジラ(災害)に犠牲になった人々を映すことで犠牲になった人が存在するんだってことを忘れないでっていうメッセージだと解釈してました。
    いろんな見方ができて非常におもしろい映画でした。この調子でエヴァの続きをはy・・・

  62. KUMA より:

    映画・アニメ・小説のような、芸術作品を論説する場合、注意しないといけないのは、これはエンターテイメント(芸能)なのかアート(芸術)ということです。

    エンターテイメントは製作者が視聴者に1つの回答を見せるのに対し、アートは逆に製作者が視聴者に1つの疑問を投げかける形式になります。

    アートに関しては、つまるところ、視聴者の数だけ正解が存在し、製作者が正解を言わない限りは、すべては正解であり不正解です。そのなかでやってはいけないことは、他人の意見を頭ごなしに否定することです。

    ちなみに、個人的な推測では、あの尻尾のシーンに目的は、このコメント欄のように視聴者にいろいろなことを語らせて、騒いでもうらうことだと思います。ある種の炎上商法ですね。エヴァが未完成でおわって、結果的にヒットしたので、今回も庵野さん自身が狙っているように思えます。

    ゲスな言い方をすれば、「このコメント欄、お前ら全員、庵野の術中にはまっている、ざまあああ」ですかね。

    あ、個人的にはシンゴジラ、すごく楽しめましたよ!

  63. KUMA より:

    ってことで、庵野さんの術中にドハマリします。

    尻尾の人間については、皆さんと同じく、巨神兵だと思っていますが、気になっているのは、劇中、ボトッて起きてきた肉塊ですね。劇中で1つだけでしたが、あれが海底の中に何個もあったとすると・・・。
    あの肉塊から、過去のVSシリーズのキングギドラやスペースゴジラが生まれたり、それに対抗するために国連総出でメカゴジラ製ったり、でも、それでも対抗できなくて、ゴジラの肉塊を利用してデストロイヤーを造ったり、なんかするルートなんかあっても面白いかと思いました。

  64. しん より:

    クソ記事すぎ

  65. ジミー より:

    全体的に演技がヘタクソで残念な作品だなぁと思いました。
    ゴジラもデザインがキモいし、
    特に第一形態なんてキモすぎて
    「お、こいつが今回のゴジラの敵か!」と思ったら、
    お前がゴジラかーい!!ってびっくりしたくらいです…。
    なんか色々と酷すぎてガッカリ…。
    最近は監督の自己満足映画が流行ってますが、
    これもまさにその一つだなぁと思いました。
    一昨年公開されたハリウッド版ゴジラの方が断然面白いですね。
    正直、二度目はないなって感じの作品です…。
    音楽もエヴァからパクってきたりしてるし( ゚д゚)

  66. でんどんでんどん より:

    先にもありますが肉塊、あれから増殖できるのでは?と劇中で語られてましたね。そしてゴジラの第1形態は不明。巨大化して上陸したのは初めて。つまり環境に合わせていろんな形態になる?牧博士が東京湾までゴジラを連れてきた?つまり次の形態は人間型。。。
     デモ隊、ゴジラを倒せ!と守れ!両チャンネルから聞こえますよ

  67. talor416 より:

    冒頭の船内のシーン、靴が綺麗に揃えてありましたよね?ということは、ゴジラに襲われたのではなく博士が妻を亡くした苦悩から自らの身体をゴジラにしてしまった…「好きなようにやれ」というのは警告的な遺言なのかなと解釈しました。

  68. noir より:

    はじめまして!皆様のご意見、楽しく読ませていただきました。
    本日観て来ました。楽しかった!

    最後の尻尾のシーン、私はモヘンジョダロの遺跡を思い出しました。
    一瞬にして命を奪われたかのような大量の人骨、超高熱でガラス化した砂や遺跡…
    ラーマーヤナに記されている神の兵器、アグネアの矢にて焼き尽くされたかのような。
    まるで巨神兵ですね!
    私もゴジラは裁定者と思います。劇中でもスクラップビルトと言っていますし、一度世界を焼き尽くし再生させる神の化身なのかも知れません。
    ただ、ヤマタノオロチの神話と作戦名も興味深いです。
    ヤマタノオロチ討伐後、尻尾から出てきた雨の叢雲。後に草薙の剣として三種の神器とされて、天皇の武力の象徴とされているそうですが、その武力の代償が原爆被害者であるという、なんとも皮肉なメッセージが込められているのかな?と感じました。

    最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

  69. ガッジラ より:

    今日、機会があったので知人と観に行ってきました。知人は元からゴジラファンだったらしく、上映終了直後に「俳優さん達、演技下手だったよね?」と言ってましたが、個人的にはトータルに面白いと思いました。観る前は、ネット上の悪評やゴジラが全部CGだなどとあり、正直あまり期待してませんでしたが、CGとも思えないような迫力を感じました。庵野秀明の作品とは知っていたもののまさか、あのbgmが作戦会議中にかかるとはww聞き覚えのあるbgmを久々に聞いて意表をつかれて映画内容が一部飛んだ気がしますw ゴジラ新作映画に関する庵野秀明のコメントを読む限りだと今回のシン・ゴジラは東宝からのお願いであり、初めは断っていたのに、熱意に動かされて作ったとか。観る前に、rssを読むのと読まないのでは見方が違ってくるかもしれません。わたしは、観る前に読んでいたので色んな意味で楽しめた♪見方はそれぞれですが登場人物につい突っ込みを入れたくなるような目線でも楽しめると思います。

  70. まさ より:

    皆さんのような高度な考察できませんが
    ラストをみて、続編があるならば
    尻尾が頭部になり、頭部が尻尾に変化する
    これで、手の向きの謎が解決とか思いましたw

  71. あかしお より:

    ※個人的な見解です。

    ・ゴジラは牧教授と生命のスープである海洋DNAの混合生物である。

    核を恨み、政府を恨んだ教授は自らの研究で自らがゴジラになる研究をしていた。
    執拗に都心を狙ったのは政府への恨みからでしょう。

    「私は好きにした。お前たちも好きにしろ」

    冒頭、小型船の中にあった鶴の折り紙=平和の象徴
    人類にゴジラの設計図解読のヒントを残した。(設計図を折り解読するシーン)
    「核に頼り滅びの道を選ぶのもいいだろう」
    「設計図を解読し核に頼らず生きる道もある」
    という意図を感じました。

    ラストシーンの尻尾は、元々は人間がベースであるという示唆か。ゴジラの進化の先が人間であるという示唆か、はたまたこの先、進化分裂を仄めかしているのかは、わかりませんでした。
    (人類が核攻撃を選択した場合それが引き金となってさらなる進化を促す可能性も…)

    だけど面白い映画でしたね。

  72. えにまる より:

    教授「ゴジラ作ったった(私のやりたいように)。核兵器、もしくは血液凝固で倒せるけどどうする?(君たちのやりたいように)」
    最初の時点で血液凝固が有効かは不明であり、日本政府の核に対する姿勢を試している。結局は核反対派が諦めない事により、血液凝固作戦が実行され、ゴジラは停止する。日本政府の選択の勝利である。
    そして実は、ゴジラに核は効かったのである。核といえど、原爆ドームの骨組みは残る。つまりミサイルの効かないようなゴジラは余裕で生き残るのだ。核の熱で生き残る生物はいないというセリフもあったが、腹の中が核兵器のゴジラは熱にも耐えるだろう。
    ラストのシーンは頭が人間でないことからも、子ゴジラである。
    もし人類が早まって核兵器を使用していれば、子ゴジラが産まれ、全人類を滅ぼしていましたよ。という描写である。
    緊急事態に、す核を使うならば人類は滅ぼす。使わないなら生かす。教授による試練の物語だと解釈しました。

  73. シンゴジラ より:

    まぁどんなに考えても庵野のやったことだからどうせ意味深なだけで何も無いんだけどね

    それと映画見るのにいちいち左だの右だの言ってる人は大変だね、自衛隊だってせっかくあんなにカッコよく戦車で戦ってたのに…

  74. 空飛ぶゆうれい舟 より:

    映画を総合芸術とみなすなら、芝居のひどい俳優陣に演技指導が徹底できていない今作は駄作。

    映画をエンターテインメントとみなすなら、芝居のひどさを上回る映像表現、進化が著しいVFX、謎が謎を呼ぶ庵野監督定番の演出などによってとても楽しめる快作。

    やはり真相はわからないが、エンディングが巨神兵などにつながりをつける伏線というのは、穿った見方で深読みしすぎでは、と思う。 もしそれが正しい見方だとすれば、庵野監督は我田引水的な暴挙、ゴジラの歴史への冒涜を行なったと言わざるを得ないし、ゴジラとともに育ってきた日本人として許せない。

    ただ、随所に日本の神道的性格を帯びた演出やプロットが尊重され、散りばめられていること(そもそもゴジラそのものも神格化している)、第1作への回帰を志向していることなどから、庵野監督はそうしたゴジラを巨神兵というまだゴジラに比して小さなワールドに引き下げるような利己的な演出は意図していない可能性が高いと思える。

    よって、マキ博士の遺伝子取り込みによる影響説を取りたい。

  75. より:

    謎残して鑑賞する人が色々な解釈出来て楽しい映画でした!小説モスラは三人の純文学作家の合作で、その一人、堀田善衛と宮崎駿は懇意の仲で敬愛し何度も対談されてます。ナウシカを観てもらいたく宮崎駿と鈴木敏夫はビデオデッキ片手に自宅訪問し王蟲登場シーンで喜ばれたと話あります。
    庵野秀明はゴジラの尻尾を巨神兵にして先達の意思を引き継ぎ具現化されたと思います。もし、続編があればナウシカの世界に突入するでしょう!(^^)

  76. けいちゃん より:

    いやいや、あの尻尾に骸骨がいっぱい入ったみたいなラストはフォルムのかっこよさと意味深っぽく思わせられるというだけで深い意味はないのでは?
    列車で攻撃するシーンやゴジラが光線出すシーン、自衛隊出動シーンなど、おたくをうならせるかっこいいシーン続出でしたね。
    石原さとみ評判悪いですが、庵野監督が特撮だけではなくアニメおたくである事もお忘れなく!カヨコさんは完全にアニメキャラでした。私は面白いと思ったよ。
    庵野はやっぱりKING OF オタクだわ〜。

  77. FS より:

    そういえば第17使徒も人間でしたよね。

  78. 元ゴジラファン より:

    元ゴジラファン(特撮を年齢的に卒業)であり右寄りですが、結論から言うと残念な部類に入りました。
    ゴジラの皮を被ったエヴァンゲリオンと言いますか、どこかで聞いたようなBGMにどこかで見たような演出やシーン。
    そう、エヴァンゲリオンです。監督が同じだからと言いますが、監督はこれしか出来ない訳ではないですよね?そう言う方が失礼だと思います。
    そしてここで議論になっている尻尾のデザイン、監督が携わった作品への伏線だと憶測が出てますが、
    ゴジラファン、ゴジラを観に来たにしてみたらそんなもんいらないんじゃないんですかね、ゴジラが見たいんだから。
    ゴジラブランドに自作品の広告を混ぜた商売なんでしょうかね?実際「ゴジラvsエヴァンゲリオン」なんてお菓子も出てますし。
    純粋にゴジラが好きで作ったというより、「ぼくがかんがえたさいきょうのゴジラ」感が強い自己満作品

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP