高知東生が薬に手を染めた経緯は父の介護疲れが影響か!

 

元俳優の高知東生さん。
妻は高島礼子さんですが、
おしどり夫婦としても
有名でしたよね?
高知東生さんが覚醒剤と
大麻を所持していた罪で
逮捕されたみたいです。

芸能界の薬に手を染める率・・・
もう本当にヤバイと思いますよ。

今年に入ってからも、
清原が覚醒剤で逮捕され、
一大ニュースになったのは
記憶に新しいんですが、
まさかの高知東生さんが
覚醒剤などの薬に手を染めるとは
誰も想像していなかったですよ・・・。

妻の高島礼子さんの反応や、
薬に手を染めてしまった経緯など、
この辺りについて見て行きます。

高知東生が薬に手を染めた経緯

高知東生 薬 覚醒剤 大麻

芸能界と反社会勢力の
関わりについては昔から
噂が後を立ちませんでした。

それくらい、近くに薬の存在が
あるってことだと思います。

高知東生さんは元俳優であり、
大変ご活躍されていましたし、
引退を発表された時には、
色々な憶測が飛び交ってましたね。

ここで気になるのは、

 

『なぜ薬に手を染めてしまったのか?』

 

っていうことですよ!
これだけ薬物に対する
ニュースがある中で、
薬を使用してしまった・・・。

こういった経緯をみると、
不思議でなりませんが、
高知東生さんの引退理由を鑑みると、
なんとなく理由もわかります。

とはいえ、薬は絶対にダメで、
何を理由にしようと許される
ものではないというのだけは、
先に言っておきます!

高知東生さんが、
薬に手を染めてしまった経緯・・・

それは、

 

『妻の父親の介護疲れ』

 

これが影響しているのでは?
なんて言われています。

高知東生さんは2015年に
妻である高島礼子さんの父親の
介護に専念するとの理由から、
芸能界・俳優業を引退しています。

高知東生 逮捕 介護

高島礼子さんの父親は、
パーキンソン病を患っており、
要介護というレベルだと
報道されていましたよね。

10年以上も介護を続けていて、
50歳になった2015年に引退し、
介護に専念してきたみたいです。

これまで、相当華やかな世界で
活躍し遊びまくっていた高知東生さん。

それが急に『介護』だけの
人生にシフトしたわけですから、
精神的なダメージであったり、
ストレスは尋常じゃなかったのでは?
なんてことが噂されています。

介護ってかなり大変だと言いますし、
何十年も介護を続けた結果が、
色々な事件へと発展してしまう
最悪のケースもよくニュースで
見る事があると思います。

そういった中で、
薬に手を出してしまった・・・

絵に描いたような
薬物への依存って感じだね・・・。

とはいえ、薬の使用については、
どんな理由があろうとも、
絶対にダメですからね!
ここだけはハッキリさせておきます。

高島礼子にも逮捕の可能性?

高知東生 高島礼子

おしどり夫婦だと言われ、
仲が悪いという噂は全くなく、
むしろ夫婦仲は良かったと思います。

今回、高知東生さんは、
覚醒剤所持と大麻所持という
罪で逮捕ということですが、
実際の使用についてはまだ不明。

恐らく使用してるでしょうね(^^;)
これは残念ながら黒でしょう・・・。

んで、気になってくるのは、
毎日一緒にいて旦那の変化に、

 

高島礼子さんは気付かなかったの?

 

ってことなんですよ。
普通は気付くと思うんです。

いつもとは明らかに違う旦那に。
でも分からなかっということは、
別居でもしていたのかい?
こういった事に繋がりますが、
介護していたのが高島礼子さんの
お父さんということなので、
その可能性は低いかな。

高知東生 劣化

話を戻しますが、
もし、高島礼子さんが、
旦那の高知東生さんが薬を
所持・使用していたことを
知っていたというのなら、
ちょっと問題が出てきます。

さらに、高島礼子さんも
薬を使用していたらヤバイな・・・。

まぁ~少なからず疑いは
かけられてしまうと思うけどね。

まとめる

高知東生 高島礼子 逮捕 覚醒剤 薬

腐ってますね芸能界(^^;)
ここまで薬物が浸透してるとは・・・

高知東生さんも芸能界を
引退したといってもさ、
たかだか1年ちょっとの話。

芸能界で活動中に、
反社会勢力との関わりが
多少なりともあったという
理由がここに出てくるわけだ。

高島礼子さんもね、
知っていて警察に相談せず、
スルーしていたとなると、
なんらかの法的処分は下りますし、
芸能活動の自粛は免れないでしょうね。

ゲス不倫だったり、
世間の潮流はこういった芸能人の
不埒には過剰になってますからね。

ちょっと厳しいニュースです。
結局、薬に手を染めてしまうのは、
華やかな世界を知っている
人間なのかなと思ってしまうよね?

このニュースについては、
追って行きたいと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP