ベッキー復帰会見で太った姿を晒し笑顔をみせるも不快だと批判殺到!

 

先日、復帰会見を開いた
ベッキーさんなんだけども、
もう何やってもダメねwww
会見中は終始薄ら笑いを浮かべ、
それすらも不快だと批判され、
何をやっても裏目に出るみたい。

ベッキーの不倫騒動は、
もう何をやっても収束しないわ。

6/10に開いた会見でもさ、
なぜか終始薄ら笑いを浮かべて
見る人からすれば不快でムカつく!
なんて捉えかたをされかねない、
何がしたいのか謎な会見でした。

ベッキー復帰会見も裏目で撃沈!

ベッキー 復帰会見 太った

私はベッキーさんが不倫しようと
別にどうでもいいわ!っていう
タイプだったりするんだけど、
この会見は正直イラつきましたw

っていうのも、
会見中はずっと薄ら笑いを浮かべ、
笑顔っていうかなんていうか、

 

『この会見終わればまたカネが入るぜ!』

 

みたいな感じがして、
とんでもなくイラついたよねww

まぁそれはそれでいいし、
別に批判的に捉えてはない。

ベッキーさん的には、
笑顔だったのかも知れんけど、
これは明らかに腹黒い人の
薄ら笑いだったように思う。

⇒ベッキー復帰会見の動画

私だけか~?って思ったら、
案の定ネットでは祭り騒ぎwww

何をやっても炎上するね。
この会見もやる必要性が謎だし、
5ヶ月くらい潜伏してたんでしょ?

その間にどうやったら、
好感度を復活させるのか?
あるいはテレビ出演できるのか?

っていうのを死ぬほど考えて
作戦を練っていたのはさ、
容易に想像できるわけだよね。

この会見が終わったら、
復活できるぜ!チョロいぜ!
っていう気持ちが前面に出てたw

多分、この会見では
好感度を上げる目的があったのは
間違いないと思うし、
全てを話してテレビ復帰を
させて貰う算段だったと思うが、
見事に裏目にでたよねこれはwww

ベッキー太る

ベッキー 太った 会見

復帰会見を見た感じ、
結構太ったように見えました。

ずっと家に引きこもって
色々と計画を立てていたでしょうし、
昔のようにスタイル維持という
意識も欠如してたでしょうに。

この点についてはかわいそうだわw
そういうキャラでいくのかな?笑

復帰はできるのか?

ベッキー 復帰 会見 引退

いち視聴者的な意見だと、
ベッキーさんが出てくる番組は
全くもって見る気は起きない。

でも、テレビサイドのウザイところは、
じゃぁ見るなの精神なんだよね。

一応は公共のものなんで、
それは通用しないんだけど・・・。

そんな話はおいといて、
復帰は出来るのかどうか?
ここが気になるポイント。

まぁ~ムカつくことに
復帰はしてくるでしょうね。

これは間違いなくしてくるはず。
しかも、不倫ネタを隠すでしょう。

ベッキーがこの先テレビ復帰を
果たすためには2つのポイントを
キッチリと抑えるしかないかな。

ゲスキャラで行く

ベッキー ゲス キャラ

自分が行った行為を売りにして、
ゲスキャラで行くという方法。

個人的にはこれが有力で、
以前のベッキーのキャラでは
また炎上して終了すると思うわ。

であれば、
開き直ってゲスいキャラで
活動していくしかないよ。

男遊びもしまくってるし、
不倫だってしてきたのよ!
っていうマジでゲスキャラねw

矢口みたいに隠すとさ、
ウザさ満点だからねwww
そうなると見てても面白くないし、
消えてくれとしか思えないんで、
その辺りはベッキーもわかってるやろ。

炎上キャラ+嫌われキャラ

ベッキー 不倫 今まで通り

今までのキャラで行けば、
炎上するわ嫌われるわで、
散々なキャラになるはずです。

でも、事務所的にはこの方法で
復帰後もいくかも知れない。

だとしたら、
今まで通りのキャラでいって、
偽善者ぶりをテレビで露呈し、
その都度、炎上するキャラでいけば、
それなりに需要はありそうwww

でも、この方法の弱点は、
精神的に持っていかれるってこと。笑

持たないでしょうね、精神的にww

であれば、キャラ変更しないと、
もうベッキーは無理かな。

まとめ

ベッキー 太った 現在

ベッキーの復帰については、
まだまだ難航するかもね~。

こんだけ炎上するわ長引くは・・・
ベッキー本人も思ってなかったでしょw
これは以上事態だよね~・・・。

正直なところね、
好感度で仕事を取っていたり
CM契約していたのは確かなんで、
そんな人が不倫したとなれば、
まぁ~長引くはな・・・(^^;)

どの番組で復帰するのかは
ちょっと謎な部分もあるし、
気になる部分もあるので、
ここはちょっと追っていきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP