24時間テレビTシャツ2016のデザインは蜷川実花!

 

24時間テレビTシャツ
2016年度版のデザインは
蜷川実花さんが担当されたみたい!
これまで色々とコラボしたり
スベッたりしてましたが、
2016年のデザインも微妙かも。

これまでのデザインって、
なんかこうジャニーズ推しが
露骨に出てた感が強くて、
ちょっと着るのがね・・・(^^;)

なんて声も結構ありましたが、
2016年のデザインは恐らく、
そういった声を反映させたのか、
蜷川実花さんのデザインで、
さらには初の写真プリントです!

辺り障りのないデザインなんで、
普段着てても変ではないです。

過去の24時間テレビTシャツのデザイン

去年のデザインは、
メインパーソナリティーの
V6とHey!Say!JUMPの15名を
モチーフとしたニコちゃんマーク風な
デザイン+自由に顔を書ける
顔なしのニコちゃんが1つあって、
なんともジャニーズ推しが
顕著に表れた安易なデザイン!
なんて声も結構ありました。

それにしても、
24時間テレビTシャツって
毎年楽しみですよね?☆

過去のデザインを見返すと、
何気にスタジオジブリが
デザインを担当していたりして、
結構面白いんですよ(^^)

個人的に印象に残っている
24時間テレビTシャツの
デザインは2010年のやつで、
スタジオジブリがデザインした
『ありがとう』ってやつ。

24時間テレビTシャツ 2010

これねwww

カッコいいとかは抜きにして
なぜか非常に印象に残ってる。笑

確かこの時のメインパーソナリティーは
TOKIOだったような気がする。

もしジャニーズを起用するなら、
TOKIOのみ許せるんだよね。

多分、ダッシュ村の影響が
あるからだと思うけど、
親近感が1番あるのはTOKIOですわ。

最近の子だとやっぱり、
嵐とかJUMP!になるのかな?

2006年の24時間テレビTシャツも
スタジオジブリが手掛けているので
こっちも紹介しときます。

24時間テレビTシャツ 2016

完全にカオナシな件www
確か、中丸とのコラボでしたね。

だとしたら、中丸感ゼロww
どうみてもジブリ感が強い。

あと、1番売れたやつも
ついでに紹介しときます。

24時間テレビTシャツ 2013

嵐の大野くんと草間彌生さんが
コラボしたTシャツです。

これが歴代1位の売れ行きをみせ、
124万枚売れたそうです!!

確かにこのデザインは、
かなりイケてますからね。

街中でも普通に来てる人を
見かけたくらいだし。

ジャニーズコラボにしては、
2013年のデザインが1番かな。

2016年のメインパーソナリティーは
NEWSでしたよね?

コラボになっちゃうのかな~・・・
出来ればコラボはやめて欲しいな~。

24時間テレビTシャツ2016のデザイン!

なんてことを言ってますが、
24時間テレビTシャツ2016の
デザインが公開されましたね!!

24時間テレビ 蜷川実花 Tシャツ

デザインはAKB48の
ヘビーローテーションを担当した、
映画監督・写真家の、

 

『蜷川実花』

 

GUのTシャツ感あるけど、
まぁ~良くも悪くも普通って感じか。

今回のは個人的には好きです(^^)
っていうか、辺り障りがないし、
なによりジャニーズコラボでは
ないという点がいいですw

チャリティーTシャツとはいえ、
ここはやっぱりキチンとした
カッコいいデザインじゃないと、
売れないっていう罠があるわけで、
24時間テレビの課題だと思うわ。

とはいえ、2016年のデザインは
それなりにいいと思いますね。

まとめ

年々、24時間テレビって
ジャニーズの番組なの?
なんて感じが強まってきてるし、
今年も懲りずにNEWSなんだよね。

そろそろ気付こうぜっていう。

もういい加減ジャニーズを起用するのは
視聴者は辟易してますよ(^^;)

一時期はAKB48を推すために
全面協力をしたような番組ですしね。

もちろん、良い一面もあるし
一概にどうこう言えないんだけど、
毎度毎度ジャニーズだと、
ちょっと疲れるかな。

おっと!
話がそれてしまったけど、
今年の24時間テレビTシャツは
結構いい感じだと思います(^^)

昔に比べると、勢いっていうか、
面白味が減った気がするけど、
もう夏の風物詩って感じで、
ないと変な感じするからねw

まぁでも、それだけジャニーズの
人気が凄いってことなんで、
当然だとも思います(^^)

また今年も、
楽しませてもらいましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP