井上麻希の覚醒剤に依存していた過去が壮絶!薬で逮捕された末路!

 

覚醒剤っていうと芸能人や有名人が
隠れて使用しちゃってるイメージ。
最近では、清原和博元プロ野球選手が
逮捕されたことで再び注目を
浴びるようになったよね。
そんなこともあって、
テレビでは覚醒剤を使用していて
壮絶な過去を持っている人が
出演するようになった。

今は治療を受けて、
普通に生活しているような人でも、
覚醒剤によって壮絶な過去を持っていたり・・・

しかも、一般人だというから
有名人のパターンよりも身近で
怖くなってしまう内容なんだよね。

そんな過去を持つ一人、
井上麻希が注目を浴びている!

一般人なんだけど、
メガネが似合うとっても可愛い人!

こんな人が、
まさか覚醒剤をしていたなんて・・・?!

覚醒剤に依存していた過去が壮絶!

井上麻希 薬物 ダメ絶対
引用:女性治療共同体設立委員会 様

井上麻希が話題になったのは、
2016年2月24日に放送された
「情報ライブ・ミヤネ屋」での出演。

この日は、清原元選手が
再逮捕されたことを受けて、
覚醒剤の恐ろしさを伝えるために、
覚醒剤を過去に使用していた!
っという人がゲストに登場。

その中の一人が、
井上麻希という一般人の女性だというわけ。

井上麻希 覚醒剤

27歳だという彼女は18歳からの6年間、
毎日覚醒剤を使用していたという
壮絶な過去を持っている。

幼少期から人になじめない性格で、
入った不良グループが唯一の
居場所だったという。

不良グループに居る中で、
井上麻希は16歳で大麻とシンナーを使用。
18歳で上京してからは、
夜の仕事の関係で覚醒剤に手をだすことに・・・

覚醒剤を使用することで、
コミュニケーションが
取れるようになったという井上麻希。

とにかくどこでも覚醒剤と注射を持ち歩いて、
駅やパチンコ屋のトイレで打っていたという。

今でも腕には覚醒剤を打っていた
注射の痕が残っている・・・。

ほんとに、薬物はダメです!
なにがあっても、薬物だけは
絶対に頼っちゃダメ!(;_;)

薬で逮捕された末路!

薬物 ダメ

井上麻希が覚醒剤を
使用していることが明るみになったのは、
体が動かなくなって職を失ったから。

失業したために、
実家に戻った井上麻希は
家族にお金をせびる毎日だったという・・・

きっと、覚醒剤を手に入れる
お金が欲しくて実家に
帰ったんでしょうね・・・。

しかし、
母親が井上麻希の薬物使用を発見。
薬物使用者の家族グループにアドバイスを求めて、
家の鍵を変えたりして対応。

お金も渡さず、
「体が回復するならお金を出す」
っと言って突き放したのだそう。

結果的に、
逮捕されたのかどうかは明言しなかったけど、
奈良にある支援団体で回復プログラムに参加。

覚醒剤の依存からは抜け出したものの、
井上麻希は依然としてフラッシュバックを
起すこともあるのだとか。

 

「大阪で使ってたので、
大阪の街を歩くとお腹が痛くなる」

「病院で検査をしてもらうときに、
注射を打ってもらうと、すごくこう
使っていたような感覚に戻ってしまう」

 

番組出演のときは27歳だったけど、
まだまだ完全に薬から脱却するには、
時間がかかるのかも・・・

まとめてみた結果!

薬物 ダメ

現在は、薬物依存から
脱却するための女性専用施設
フラワーガーデンのスタッフとして
勤務している井上麻希。

18歳の頃から毎日6年間も
覚醒剤を使用していたという
過去は一般人とは思えない壮絶なもの!

人とコミュニケーションが取れないために、
楽しいからと誘われて始めた覚醒剤・・・

ところ構わず、
白い粉と注射器を持ち歩いて
駅やパチンコ屋のトイレで打っていたという。

そのため、今でも彼女の腕には
覚醒剤を打っていたころの傷が
消えないで残っている。

井上麻希 薬物 ダメ 後援会
引用:女性治療共同体設立委員会 様

家族の協力と、
施設での助けもあってようやく
社会復帰をしたものの、
薬物依存によるフラッシュバックは
今でもあるという・・・

ほんと、どこでもいるような女性で、
むしろ「メガネが可愛い~」
なんて言われる容姿の持ち主。

そんな彼女が6年間も覚醒剤におぼれ、
壮絶な半生を送ってきたなんて・・・
想像できないことでした!

誰にでも、
覚醒剤は忍び寄ってくる可能性は高いんだね・・・

有名人の逮捕っていう、
どこかの出来事じゃなくて
絶対に自分は手を出さないって言う
強い意志が必要だね!

薬物使用は絶対にダメです!!
何があっても、どんなことがあっても、
絶対に頼っちゃダメ!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP