さゆり(かつみさゆり)の病気は子宮と関係?美脚は健在で劣化知らず!

 

かつみ・さゆりの夫婦お笑いコンビ。
すごい借金を抱えているというのと、
さまざまな副業に手を出しては失敗しまくり・・・
それでも、夫婦仲は変わらず、
テンションンの高さも変わらずに
活動を続けてるからスゴイよね~。

そんなかつみ・さゆりだけど、
実はさゆりが病気にかかっていたことが判明!

病気を乗り越えてもなお、
衰えない美脚のこととか、
知られざるさゆりの一面について、
今回は調べてみたよー!

病気は子宮と関係?

さゆり 芸人 可愛い

さゆりのことを調べていると、
真っ先に出てくるのが病気のこと。

実はさゆりは元々、
女性の日が重くて2000年頃からは
市販の薬で痛みを抑えながら
仕事をしていたこともあったんだとか。

その頃は、地方回りなんかの
仕事が多く入っているときで、
定期的に健診を受けていたものの、
それもやがて行ったり行かなかったり・・・

そんなことをしているうちに、
2004年6月にテレビのロケ中に
大量の出血をしてしまい緊急搬送!

さゆり 芸人 病気

この時に、
さゆりは卵巣嚢腫と子宮筋腫、
子宮内膜症を発症していることを診断されて、
すぐに手術を受けることに・・・

それでも明るさを失わなかったさゆりは、
この出来事をブログにアップ。

病室でも笑顔の写真をアップしている他、
1ヶ月後には仕事に復帰!

さらに、同じ病気を抱える人のためにと
定期的な健診の大切さを訴える活動も
実はこなしているんだって!

壮絶な病気の体験があるからこそ、
重みがある活動だよね~。

あんなに明るいさゆりに、
こんな体験があったなんて驚き~!

美脚は健在で劣化知らず!

かつみさゆり さゆり 美脚

さらにさゆりのことを調べてみると、
「美脚」っていうキーワードが!

そう!さゆりって、
超ミニスカート姿が多いんだよね~。

お笑いっていうキャラだからか、
そのセクシーな衣装に
何となく気づかないこともあるけど・・・

そして、さゆりは何を隠そう
1969年生まれで、すでに46歳!!

びっくりした人も多いでしょう~!

あまり年齢は公開してないけど、
改めてみてみると・・・
「え~っ?!」って声が上がるよね!

とにかく、
さゆりの写真を見ると・・・
足が細くて、長~い!

さらには、身長は163cmあって、
体重は45kgだというから・・・
まさしく立派なモデル体型!

特に、膝がたるんでいない・・・!!
足元は、膝辺りに年齢が出るんだけど・・・

他のタレントたちと並んでも、
さゆりの美脚は一目瞭然!

年齢がぐっと下の、
あやまんJAPAN!の
メンバーと写っても・・・

当時15歳と16歳だった
スマイレージと並んでも・・・
まったく引けをとっていない!!

こんな驚異的な40代(しかも後半!)が
お笑い界にいたということは
盲点だったんじゃないかな~?!

まとめてみた結果!

さゆり スマイレージ

かつみさゆりのボケ担当、
さゆりは、実は大きな病気を
していたことが判明!

それは女性にとって大切な
子宮と関係するもので、
卵巣嚢腫と子宮筋腫、
子宮内膜症を同時に
発症していたというもの!

ロケ中に大量出血を起こして緊急搬送!
すぐに手術を行うハメになったんだけど・・・

入院中も、
笑顔で写真をブログにアップするさゆり。

その後も1ヶ月で仕事に復帰するとか、
とにかくすごい病気のハズなのに、
そんな影はみじんも見せず・・・

明るいキャラを徹底しているというか、
周囲を心配させないように配慮してるのかな?!

さゆり 美人

それでも、自分が病気になった体験は、
多くの女性に婦人科検診の大切さを伝えるため、
っと啓発活動のお仕事もしているみたい!

いつも明るさを絶えないようにしているさゆりだけど、
実はハードな事情があったなんてビックリだよね~。

びっくりといえば、
さゆりの美脚!

さゆりは46歳ということは
あまり知られていないけど・・・
それもそのはず、超ミニスカートで
美脚を惜しげもなく
晒してるからだと思う・・・!

20代や10代のコと並んでも遜色ないくらい!
むしろ、美脚を見せる立ち方が上手い~!

膝に年齢が出ていないのも驚異!

水着写真とかはないみたいだから、
グラビアの経験はない・・・
っというかあえてしないのかな??

病気を乗り越えて、
明るさを失わないさゆり。
これからもかつみ・さゆりとして
頑張って欲しいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP