林家たい平に創価学会の噂!つまらないのに起用される理由はこれか!

 

桂歌丸の司会勇退騒動、
新司会に新メンバーと
何かと話題尽くしだった笑点。
あらかた新体制も整って、
フレッシュな番組になって
きたのではないでしょうか~?
それにしても新メンバーが林家三平
というのにはびっくりしたな~!
まったくチェックしてない
人だったもんでね・・・

それにしても。
これで、林家一門からは
2名も笑点に出てるってコトじゃない?

まぁ、圓楽一門からも2名だけど・・・

この人ね、
どーもアヤシイ雰囲気がバリバリ~!

今回は元のメンバーである林家たい平
サイドからテレビ出演の裏事情を調べてみたよ!

ちらつく創価学会の噂!

林家たい平 宗教 創価学会

はい。
テレビの黒い噂といえば・・・
創価学会ですね~!

落語は日本の伝統芸能。
そんな新興宗教とは
無縁だと思ってたんだけど・・・

テレビに出てる以上は、
仕方ないのかな~。

笑点だけは、
どこかで他の番組とは
違うと思ってたんだけど・・・

林家たい平自身を調べるというよりも、
そもそも林家一門が創価会員だらけ!
っていう噂もチラホラ・・・

林家たい平 創価 傾倒

何より、林家たい平にとっては
師匠の師匠である初代林家三平の
奥さまがあの海老名香葉子!

海老名香葉子は、
創価学会の子供展というもので
コメントを発表しているし、
共産党しんぶん赤旗にも
対談が載っているとか・・・

林家たい平の芸名は最初
「たいぺい」だったところ
この海老名香葉子の鶴の一声で
「たいへい」になったというエピソードもあり。

初代林家三平が亡くなった後も、
林家一門において、海老名香葉子の
影響力はまだまだ大きいんだとか・・・

海老名香葉子 三平

さらには、問い病中である
林家たい平の師匠『林家こん平』
また聖教新聞に体験談を載せてるし・・・

つまらないのに起用される理由はこれか!

林家たい平 師匠 こん平 宗教

林家一門が創価学会に
染まっているというのは、
個人の宗教観というよりも
一門あげてのことだというのは
ハッキリしてるよね~。

林家たい平の場合、
笑点の大喜利において、
そんなに面白いことを
バシバシ言うわけでもない・・・

まぁ、若さとふなっしーの
モノマネくらいじゃない?

林家たい平 ふなっしー

最初は、難病になってしまった
師匠の代わりにと代役で出てきたんだけど、
師匠の回復に目処が付かなくて
笑点の正式メンバーにコンバート。

最近入った、
林家三平のパターンを見ても、
どうも笑点にも創価の力が
入ってきたというカンジが
ビシビシするんだよね~。

⇒林家三平がつまらないのに笑点抜擢理由

他にもいただろうに、
そのまま弟子が起用されたというよりは、
創価学会の力だったのかも・・・

新たなメンバーや人事もあって、
これからどんな風に変わっていくのか?
興味深々なところです。

まとめてみた結果!

林家たい平 現在 宗教 創価学会

林家たい平は創価だった?!

というか、
師匠である林家こん平も、
さらには大師匠の奥さんである、
海老名香葉子も創価メンバー!

もう、林家一門が創価と、
深~いつながりがあると見て
間違いないみたいです!

芸の世界で、師弟制度が
ハッキリしている落語の世界。
特に林家一門は先代の奥さんである
海老名香葉子の権力が今でもある様子・・・

個人の宗教観とか信仰心というよりも、
もしかしたら創価に入会するのは、
半ば強制的なのかもね~。

だからといって、
林家たい平の熱心さは分からないけど・・・
あんまりおもしろくないのに、
笑点の正式メンバーになったのは、
この辺も関係ありそう。

笑点 メンバー

笑点は、落語会の中でも
その座を狙っている人が多い番組。
笑点メンバーというだけで、
地方寄席のギャラが桁違いという噂もあり・・・

創価メンバーというだけで、
その座をゲットしたならちょっと残念。
他の落語家のやっかみなんかも買いそう~。

新メンバーも、
同門の林家三平になったことだし。
ってか林家三平はそれこそ
海老名香葉子の息子だしねwww

林家たい平は24時間テレビでの
マラソンランナーにまで決定~!
笑点メンバーの中では若手だけど、
実はもう51歳になってるし・・・

落語家って普段はあまり
体を動かさなそうだから、
ちょっと心配~(汗)

無事に完走することができるように、
祈ってますよ~!!学会だけにね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP