石原慎太郎に婚外子の隠し子が発覚?宗教に傾倒した現在!

 

現在の都知事、升添要一が
さまざまな問題で連日メディアに
出てるけど、都知事関連のか、
再注目を浴びているのがこの人、
元都知事の石原慎太郎。
作家でもあり息子たち政治家だったりと、
一家そろって有名人なのはご存じの通り!
そんな石原慎太郎もスキャンダル?

婚外子や隠し子が発覚したという噂や、
宗教に傾倒しているらしいとの噂も・・・

何かと強気な発言をしているだけに、
この人にまとう黒い噂は気になるところ~。

さっそく、まとめてみるよー!

婚外子で隠し子が発覚?

石原慎太郎 婚外子

ずいぶん前の話だけど、
1999年の新聞に石原慎太郎の
婚外子についての記事が掲載!

内容は、1996年に石原慎太郎に、

 

元ホステスの愛人がいた!

 

っというもので、1980年代には
男児ができているんだとか・・・

新聞に掲載された当時、
石原慎太郎は都知事だったこともあって
事実関係を認めて会見まで
やってるんだよねー。

選挙では、

 

「若者の性風俗の乱れ」
「新しい道徳教育の導入」

 

なんて公約を掲げてたけど・・・

1980年代に生まれている男児なのに、
認知したのは1994年とも書いてあったから、
責任も果たしているとは言えないよね~。

まぁ、ちゃんと認知しただけ
隠し子ではなくなったのかー。

自ら性風俗の乱れを
露呈しちゃったってカンジ?w

しかも、計算してみると
愛人との関係は50代の時なんだよねぇ・・・

 

「20何年か前かの頃で、
若気の至りというか・・・」

 

なんて言い訳してたけど、
50代で若気の至りってどーよ?!

石原慎太郎 愛人 隠し子 婚外子

この愛人と男児については、
愛人の故郷でひっそりと
暮らしている・・・ってことで
詳細は不明なんだよね~。

いくら田舎とはいえ、
石原慎太郎の隠し子ってだけで
目立つだろうし一般人だから
仕方ないよね~。

宗教に傾倒した現在!

石原慎太郎 宗教 世界救世教

そんな石原慎太郎が、
現在は宗教に傾倒しているという噂が!

石原慎太郎は元々、
オカルトというか不思議なものに
熱中する傾向にあるようで・・・

かつてはネッシーの存在を信じて、
探索隊を組織したとか。

大地震のインチキ予言を信じて、
息子4人に学校を休ませたことがあるとか・・・

意外と夢見がちなところがあるんだよね~。

そんな石原慎太郎が
傾倒してる宗教というのが、

 

「世界救世教」

 

という名の宗教!

何でも、創設者が手をかざすだけで
病気が治るんだとか・・・。

石原慎太郎 世界救世教

石原慎太郎は、
この霊能者の祈りで重病の母が
治ったという経験を持っている.

そこから、

 

「裕次郎は犬をいじめて
病気になった!」

 

とか発言が出てきたり・・・

長男である石原伸晃も、
その宗教団体の機関紙で
対談したり祝辞を寄せていたり・・・

とにかく、家族ぐるみで
宗教に傾倒してるみたいだね。

石原慎太郎 世界救世教 宗教

政治や芸能界では、
創価学会が有名だけど、
石原慎太郎は他の宗教に
実は傾倒していたんだね~。

「宗教をしているから安心」じゃなくて
逆にこんな人が政治に関わって・・・
かなり心配してしまうのは何故なんでしょう?!

まとめてみると

石原慎太郎 傾倒 宗教 カルト

石原慎太郎には、
婚外子で隠し子がいた!

すでに1999年には
新聞に載ったことだけど、
元ホステスとの間に、
1980年代に男児が誕生している。

1994年まで認知していなくて、
隠し子だったんだから、
婚外子をつくっておいて
責任も取らないというのは・・・

どーかと思うね!
それで、「若者の性風俗の乱れを正す」
なんて公約を掲げていても嘘らしい~。

石原慎太郎 カルト教団 宗教

さらには、宗教に傾倒している
現在だというから驚き!
現在というよりも、
元々オカルト的なことが大好きな様子。

母親の病気が治ったことから、
世界救世教に家族ぐるみで
のめり込んでいるんだとか・・・

長男である石原伸晃も政治家だし。
日本の政治家も、
創価学会とか少なからず宗教とは関係があるけど・・・

あんまり常識外なことをするものには、
傾倒して欲しくないね~。

発言することと実際の行動が
一致してないけど、
国を引っ張っていく人が不安定だと、
安心してついていけないわ~。

ヘンな新興宗教だけは、
のめりこまないで欲しいなー!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP