林家三平がつまらないのに笑点に選ばれた理由は?ファン不満爆発!

   2016/05/30

現在、笑点は改変期ですね。
司会の歌丸さんが引退し、
春風亭昇太が司会になったり、
昔からのファンは疑問を抱いていますね。
今回特に疑問視されているのは、
昇太の後釜に抜擢された林家三平!
かなり大ブーイングを受けてますねww
落語家というよりはタレントというか、
対して実力もないのに奥さんが綺麗!
っていうのも原因なのかもww

まぁ~今回、まさかの大抜擢された
林家三平さんについてですが、
散々ですね、この叩かれようwww

司会の昇太さんに関して言えば、
確かに面白くは無いけど、
司会は向いているかも知れませんね。

他人を活かせるタイプだし、
もともとは落語家っていうより
タレントのイメージが強いからね。

林家三平はつまらない?

林家三平 つまらない 笑点

とはいえ、林家三平さんも
どちらかと言えばタレントっていう
イメージがあるんだけどね・・・

実際に、落語家だっていうのを
知ったのも比較的最近だし・・・。

なんなら、
俳優だと思ってたからなww
実際に2011年に出演した水戸黄門で
共演した国分佐智子と結婚してるし、
完全にタレントだわこの人!笑

この時は結構話題になったよね~
国分佐智子ってかなり綺麗だしさ、
なんで林家三平なんだよ!っていう
世のサラリーマンから大ブーイングww

しかも、林家三平さんは色々な
番組に出演しているんですが、
笑いをとってるの見たことない・・・

 

⇒林家三平の実力を国分佐智子はどう見る?

 

まぁ~お兄さんの林家正蔵(こぶ平)も
信じがたいくらいつまらないし、
司会業やってるみたいだけど、
全く盛ってハマってないからな。

ってなあれか?
林家はスベり芸が売りなの?

イラっとする芸風なんだよな。
タレントとしてもハンパだし、
落語家としても中途半端な感じ。

っていう一派の人間がさ、
日曜の心の拠り所でもある笑点に
突如出演するってなると、
そら大ブーイング出るよまじで(^^;)

抜擢された理由は?

林家三平 笑点 つまらない 実力不足

ちょっと前置きが長くなってしもた!
っていう世間の声もあるよって
説明しただけでこの長さねww

はい、本題なんだけども、
なんで林家三平さんがこのタイミングで
笑点のメンバーに選ばれたんでしょうね?

この辺りは色々と考察されてて、
まず1番それっぽいのが、

 

「林家三平の知名度」

 

実際に昇太さんが抜擢された時も、
彼の知名度とかタレントとしての
実績みたいなのが考慮されたのでは?
っていう事が言われてました。

んで今回。
昇太さんよりもっとタレント寄りの
林家三平さんをコンバートしたのは、
やっぱり笑点の視聴者を引き下げたいという
思惑もあったのかも知れない。

若者にも見やすい番組かつ
落語を身近に感じてもらいたいという
番組制作側の意図がガンガン伝わる。

とはいえ、なんでわざわざ、
つまらないと評判の林家三平さんを
コンバートしたのかね(^^;)

一応、スベり担当みたいな事?
でもそれって林家木久扇さんが担当やろ?
林家三平さんもスベり担当って
2名もいらなくないか・・・。

まとめ

林家三平

う~ん・・・
なんていうか、テレビで林家三平さんを
見てても爆笑したことはないなwww

それに、面白くない割りに
ドヤ顔も腹立つからな~笑

これは兄の林家正蔵さんと
完全に共通している部分ですわww

兄弟揃って面白くないし、
タレントとしても微妙だらかな~。
性格悪そうだし、かなり。

でも、林家三平の嫁は、
国分佐智子っていう超美人www
性格は良いのかも知れんw

以前、笑点のメンバーが
ある番組に出演していた時に、
若い落語家達は寄席よりも
テレビ出演を重視すると話していて
なんか、グサっときたんだよね。

確かにな~って気がします。
多分、ギャラも全然違うしね。
この手の内容はタイガー&ドラゴンっていう
TOKIOの長瀬智也さんが主演のドラマで
似たようなストーリーがあります。

落語家なのにテレビ出演してて、
その苦悩を描いているような。

とはいえ、笑点が長寿番組だとしても
やっぱりどこかで変化の時がやってきます。
それが今回だったっていうことですかね。

まだ実際に収録されてないし、
林家三平さんの活躍には期待やね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 波田純 より:

    確かに面白くないですね・・・。
    ベテラン組もキレが落ちてきたので、若手に頑張ってもらいたいところなのですが。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP