清原和博に再犯の可能性!現在も薬が抜けず判決は実刑?

 

覚醒剤所持で逮捕された、
元プロ野球選手の清原和博。
いよいよ、初公判が始まって、
またまた注目を浴びつつある事件だよね~。
とはいえ、裁判は時間がかかってしまうもの・・・
一体、どんな判決がでるのか?
気になるところだけど、
結果が出るのはちょっと先かな~。

でも、有名人による薬物事件は
過去にもたくさんあるわけで・・・
そんな例から、清原和博の判決も
あちこちで予想されているような状態。

ここでも、清原和博について
詳しい予想を立ててみるよ!

再犯の可能性!

清原和博 再犯 薬 可能性

薬物を使用してることで逮捕されてしまうと、
心配なのは再犯の可能性!

薬物を使用したことはないけど、
その中毒性は何度も何度も報じられてるよね~。

逮捕されてしまうと、
当然ながら使用できなくなるから、
禁断症状っていうのが出てくるんだとか・・・

だから、病院に入院したり施設で
カウンセリングを受けたり・・・っと
さまざまな対処や治療がなされるんだよね~。

 

それで。
清原和博の場合はどうなのか?

 

密売人で逮捕された
関連筋の人からの情報では、

 

「清原は13年頃から薬をやっている」
「面識のない売人にも電話をかけていて、ヤバいと思った」

 

なんていう話も・・・

現役時代から薬を使用していたといううわさもあったから、
これはそれに裏付けするかのような証言!

さらに、かつて逮捕された経歴を持つホリエモンこと
堀江貴文も清原和博の再犯について言ってたけど・・・

 

「刑務所にいたとき、
覚醒剤で捕まった人は1/4くらいいた。

そのほとんどが全然悪いと思っていない」

 

「1回派手な世界を知っている人立ちだからこそ、
再犯の可能性は高い。誰かが支えてあげないと無理」

 

間近でそんな人を見てきたこそ、
言える内容だよね~。説得力あるなぁ・・・

清原和博に限らず、
どうも薬物に手を出してしまう人
っていうのは似てるんだろうねぇ・・・

現在も薬が抜けず判決は実刑?

清原和博 判決 実刑

保釈保証金500万円で
保釈された、清原和博。

初公判が5月17日に行われたわけだけど、

 

「薬が抜けてない」
「判決は実刑?」

 

といった予想がなされてるね~。

確かに、清原和博はこの初公判で
逮捕後初めて公の場に現れたわけだけど・・・

拘置所に入院といった、
一気に今までの生活とは
全く違う状況になったこともあって、
現役時代の迫力はなかったみたい。

傍聴した記者の書いたものをみると、

 

「息子のことを聞かれて泣いた」
「声を震わせて泣いていた」

 

といった描写がチラホラ・・・
すっかり弱気になってしまったのかなぁ・・・
っと思いつつ。

薬が抜けてないという見方もあり。
実刑になる可能性が高いのでは?
というもっぱらのうわさだよね。

これまでにも、
有名人が薬で逮捕されてるけど、
結果はほとんどが実刑だね。

槇原敬之しかり、酒井法子もだし、
最近ではASUKAとか。

ただ、初犯だと執行猶予がつくのが一般的で、
これはあちこちで専門家も言ってること。

まして、プロ野球界では
花形スターだったからね~。
社会的な影響は、それなりに
大きい人だったというのも関係あるかな?

まとめてみると

清原和博 再犯 可能性 再逮捕

清原和博は、
再犯の可能性が高いって言われてる。

やっぱり、一度薬物を使用してしまうと
依存性が高いことはもちろんのこと、
一人で乗り越えるのは厳しいみたい。

だから、ほとんどの人は
入院したり施設に入るわけだけど・・・

清原和博の場合、奥さんとも離婚してるし
子供には会えないようだし、
恋人の存在もあるらしいけど・・・

結局、保釈の際に身元引受人になったのは
父親らしいからね~。

親が一番かもしれないけど、
48歳になって親以外に頼る人が
いないというのも寂しいカンジだね。

で。
いよいよ初公判が行われたわけだけど、
傍聴していた記者なんかの情報によると
「すすり泣いてた」とかいうのが多い。

かつての番長といわれた姿はどこへやら。
まだ薬が抜けてないという説もあって・・・

実刑からは免れなさそう~。

過去にも、薬で捕まった有名人は
実刑判決をされてるしね。
初犯であれば執行猶予が付く可能性が高い。

とはいえかつての華々しい様子を知っていると、
その落差にびっくりしちゃうよね~。

それだけ、
清原和博の影響力はあったってコト。

これからでも、ちゃんと罪を償って、
人生の再スタートを切って欲しいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP