高橋ジョージが捨てられたのは夜の営みのせい?悲惨な現在!

 

夫婦喧嘩は犬も食わないとは
よく言ったものでね、
高橋ジョージと三船美佳の離婚。
ダラダラしすぎだったよね。
高橋ジョージが一方的に悪い!
みたいな風潮になってるけど、
実際は捨てられたんでしょ?っていう
微妙に同情票もあるみたいです。
夜の営みのせいとも言われてるし。笑

いつまで離婚裁判してたんですか?
っていう話。

高橋ジョージもさ、
相手が離婚したいって言ったんだから、
ロック謳って歌ってるだから、
もっとカッコイイやり方あっただろwww

初老のネチネチ感なんて、
それこそ犬も食わないぞ。

って思ってたら離婚が決定してたのか。
別居問題が発覚した後の高橋ジョージの
テレビ出演とかウケたな~www

確かダウンタウンと坂上忍がやってる
番組で離婚とか別居について語ってて、
テレビから攻めようとして失敗!
ってネットで言われてて笑ったwww

高橋ジョージは捨てられた?

高橋ジョージ 捨てられた 夜の営み

っとまぁ~、今回の離婚問題の
争点となってポイントは1つ。

 

「高橋ジョージによる
三船美佳へのモラハラ」

 

まぁ~これなんだけどね。
実際は色々と言われているので、
釈然とはしないんだが・・・。
⇒高橋ジョージの離婚歴など

そのモラハラも結構きつかったというのが
三船美佳さんが語る離婚原因だって。

これを連日ニュースや雑誌で
報道しまくったわけなんで、
高橋ジョージはたちまち悪者になったよね。

でも、高橋ジョージは断固否定。
高橋ジョージを擁護する芸能人も
結構いてネットでも賛否両論あった。

 

怖いね、女って・・・www

 

ただ、女は怖いと思うのは、
これだけじゃないんです。

もし、何年もの間モラハラを受けたら、
ぶっちゃけもっと早い段階で、
三船さんの精神は崩壊してるはずですし、
あれだけ普通の仕事をこなせないだろうし、
ちょっと不可解な点が非常に多い!

んで、今回噂され始めたのが、
次に紹介する内容みたい。

捨てられたのは夜の営みのせい?

高橋ジョージ 三船美佳 夜の営み

なんとも!
っな噂なんだけどもね、
実際に三船美佳さんは
1982年生まれの現在33歳。

余裕でまだまだ若いし、
子供も欲しかったかも知れないよね。

一方、高橋ジョージさんは、
57歳っていうギリギリのライン。

さらには、モラハラ疑惑もあるし。
これで夫婦間に亀裂が入ったのかな。

そう考えると離婚原因が、
夜の営みのせいっていうのは、
なんとなく納得できるわww

ってことは、
元々モラハラを受けていて、
それが原因で夜の営みが減った?
っと考えるのが自然かも知れないね。

まとめる

高橋ジョージ モラハラ 離婚

なんていうか、
高橋ジョージさんが捨てられたと
捉えることも出来るし、
三船美佳さんが捨てたという
捉えかたも出来るわけです。

捨てたっていうと、
ちょっと言い方が悪いけども、
もしかたしら高橋ジョージさんの
薬疑惑も噓じゃないかもな!
⇒高橋ジョージと薬の影が?

それに、モラハラっていうのも
もしかしたら可能性あるよね。

三船美佳さんが、
見切りをつけたっていう
考え方の方が良いかも知れない。

高橋ジョージには宗教の影もあるんで、
その活動とかについていけなくなったりかな。

私が思う高橋ジョージのモラハラって、
洗脳から解けた三船美佳さんに対し、
高橋ジョージが執拗に学会の
教えを説き続けたのかも知れない。
それも毎晩毎晩。

そでも洗脳から解けた三船美佳さんは
その教えに対してはもう響かず、
ただただ苦痛になっていったと。

って考えれば、
毎日、罵倒されたとか言ってた
三船美佳さんの発言の裏側が、
ちょっと見た気がしません?

ゾルタクスゼイアンの卵運び 人工知能 Siri

でも、高橋ジョージの宗教は、
久本雅美をはじめとする大物も
多く入信している団体なので、
多少の気は遣ったんでしょう。

だから、高橋ジョージから、
モラハラを受けたとして、
悪者にするしかなかったのかもね。

直接、高橋ジョージの宗教を
否定するわけにはいかないし。

三船美佳も本出さないかな~www
暴露本みたいなやつ。

「あの日」

みたいなタイトルでさwww
絶対にスマッシュヒットするよこれは!
みんな読みたいと思うよ絶対。

私なら絶対に買うね。笑

色々な原因もあるみたいだけど、
実際のところは2人しかわからない。

まぁ~

「真実は小説よりも奇なり!」

っていうしね。
もしかしたら私の考察は、
案外当たっているかも知れないね。

とはいえ、高橋ジョージの現在も、
かなり老け込んで残念になってるし、
次の相手が見つかるといいけど・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP