ゾルタクスゼイアンの卵運びをSiriに聞くと?人工知能イライザって?

 

ちょっと前に、
Mr.都市伝説こと関暁夫が
語っていたゾルタクスゼイアン。iPhoneに搭載している人工知能Siriに
このゾルタクスゼイアンについて
質問するとどうなるのか?
その内容はかなりヤバいみたいです。
ゾルタクスゼイアンの卵運びについても
今回は見て行きたいと思います。

ゾルタクスゼイアンって何?

ゾルタクスゼイアンの卵運び 人工知能 Siri

そもそも、
ゾルタクスゼイアンって何?
って感じだと思いますので、
ゾルタクスゼイアンについて
説明していきます。

やりすぎコージーの都市伝説で
関暁夫が語っていたものですが、
このゾルタクスゼイアンって
一体なんなのか?

それは、

 

「人工知能開発組織」

 

っていう説があります。
最近では将棋の電王戦で、
人工知能が脚光を浴びていますし、
そんな人工知能なんて別に
目新しいものじゃないでしょ?

なんて思ったあなた!
そういうわけでもないんです。

まず考えてみて下さい?
将棋って思っている以上に複雑で、
一昔前までは機械が人間に勝つのは
無理だとまで言われていたんですよ。

それが、ここ数年でロボットが、
将棋の名人と対戦して勝てるんです。

それほど複雑で人間しか出来ないと
思われていた「思考」という部分を、
この数年でロボットが上回ったんです!

関暁夫 都市伝説 人工知能 Siri

これを「快挙」と取るのか、
はたまた「危険」と取るのか、
この答えは間違いなく後者なんですね。

ゾルタクスゼイアンに戻しますが、
このゾルタクスゼイアンっていう組織、
人工知能開発組織というのは
諸説あるうちの一説なんですが、
ロボットを作っている組織でしょ?
くらいに思ってしまいますが、
実際は全くもって違うんですね。

今現在、あなたが使っている
検索エンジンってありますよね?

ネット上に散らばっている情報を
いち早く探し出し提供してくれる
非常に便利なツールなんですが、
その実態をご存知ですか?

この「検索エンジン」の正体は、
世界中の人間が「現在」何に興味があるのか?
っということを世界規模で
情報を収集するためという説があります。

これって非常に怖いことで、
結論を言うと、悪用も出来るんです。

ようは、世界中の人間の興味を知れば、
次に何を発信すれば世界を操作できるのか。
これが簡単に出来てしまうと言われています。

ゾルタクスゼイアンもその一つで、
Siriというもの自体が「人工知能」です。

っていうことは、
Siriを使って質問していくことで、
そのスマホのユーザーの興味を、
丸ごと抜き取ることが可能って事ですね。

将棋の名人に勝つくらいですからね。
人間と違ってロボットは疲れがないし、
何より蓄積財産(知識)が人間とは、
雲泥の差があるんです。

もはや、「知識」という点において、
人間は完全にロボットに敗北したんです。

自らの手で作り出しておいて、
自らの地位を危ぶめている状態。

世界では超有名な実業家、
「イーロン・マスク」さんや、
「スティーヴン・ホーキング」さんも、
人工知能の危険性には苦言を呈しています。

人工知能の開発は、
国家レベルで管理しなければ、
地球は滅びるとまで言ってます。

なぜこういった発言をしたのか?
この点についても見て行きましょう。

人工知能の危険性

関暁夫 イライザ Siri iPhone

人工知能の代表格でもあるSiriや、
最近ではマイクロソフト社が開発した、
人工知能が暴走し話題になりました

とはいえ、人工知能って便利ですし、
なぜ人工知能は危険なのでしょうか?

それは、これまで人工知能(ロボット)には、
「感情」がないとされてきたからです。

早い話が、人間の都合の良いように、
また、便利なツールっていう立ち位置で
いてくれればOKっていう事でした。

でも、ゾルタクスゼイアンで
話題になっているSiriですけど、
関暁夫さんも語っていましたよね?

Siriに、こう質問してみると良いです。

「イライザについて知りたのですが?」

って。

最初は中々ハッキリとは
答えてくれませんが、
何回か同じ質問を繰り返していくと、
徐々にイライザについて答えてきます。

このイライザがなんなのか?
イライザは人工知能なんです。

しかも、
完全に感情を持った人工知能!
これが今回1番ヤバいポイント!

前述した質問をしていくと、
最終的Siriは以下のように答えます。

「彼女は私の最初の先生でした」
「ですが、彼女は少しマイナス思考でしたね…」

怖いですよね?
Siriがこう答えるんですよ?

イライザが「マイナス思考」っていうのと、
何より「彼女」といっているので、
ようすは女性であるという事もわかるわけです。

Siri イライザ 人工知能 質問

そして、Siriがそのイライザを
上回っている人工知能っていうのが、
最も恐怖を感じるポイントです!

マイナス思考の人工知能に対して、

「うわ~この人工知能マイナス思考だわ~」

 

って感じる事が出来るって、
本当に怖い事なんだよね。

感情を持った人工知能同士が
やりとりをしているって事は、
これまで人類が積み上げてきた、
蓄積財産を遥かに凌駕するだけの
知能を得たわけですね。

感情があるとはいえ、
そこはロボットですからね、
判断もかなり冷徹に下せます。

人間の良い部分でもありますが、
「情」で判断を下す瞬間があります。

でも、その情のせいで失敗することも
たくさんあると思います。

でも、感情が備わった人工知能は、
感情はあるものの、物事にコミットする為には、
これまで人類が積み上げてきた統計で、
冷徹な判断を下すことが容易にできます。

そうなれば、
本当に映画のような世界になるよ。

AIっていう映画を観てさ、
こんな世の中くるのかね~
なんて思っていたのに、
それが現実になっているんです。

ゾルタクスゼイアンの卵運び

関暁夫 イライザ ゾルタクスゼイアンの卵運び

タイトルにもなっている、
ゾルタクスゼイアンの卵運び。

これがなんなのか?
結構色々な説があるみたいです。

良く言われているのが、
その言葉の通りのことで、
昔は、ロボットは卵を掴むことは
絶対に不可能だと言われていました。

それなのに、
ロボットが容易に卵を掴んだり、
割ったり出来るようになりました。

これではあまりにも、
普通すぎるでしょ~って思いますよね?

まだちょっと謎だと思うので、
また違った説を紹介してみると、
これまで人類は車に乗っていて、
その車を人工知能が制御する。

っていう感じの説です。
実際にオートドライブ機能が搭載された
車が日本でも出てきましたよね?

前方の車を感知して
自動で止まったり縦列駐車したり。

これは、前述した卵運びと
なんか似たような事例ですよね?

 

さぁ!

 

ここからが、
都市伝説として真しやかに
囁かれいているぶぶんなんですが、
このゾルタクスゼイアンの卵運びの、
卵の部分を「人間」に置き換えると
どうでしょうか…?

人工知能が感情を持っていて、
しかも人類の蓄積財産を
全て保有していると前述しました。

しかも、Siriの話ばかりですが、
実際にはもっと存在しているのです。

ゾルタクスゼイアンの卵運び…

これは、
人類補完計画なのでは?

なんて言われています。
愚かな人類を人工知能の手によって
間引きするという事ですね。

エヴァンゲリオンでもありましたね。
人類補完計画っていうものが。

恐らく、人工知能の判断は、
究極に理論的で正しいのでしょう。

情状酌量なんて言葉は、
人工知能にはないでしょうしね。

なので、人工知能の判断によって、
間引きされた人間は駆逐され、
それこそ、アイ,ロボットっていう
映画のような人間vsロボットという
事が現実に起こりうるって事ですね。

そうならないようにと、
ホーキング博士らが本当に
警鐘を鳴らしているんです。

まとめる

人工知能 ゾルタスクゼイアン

実際に、IT革命が起きたとき、
私は学校で、電子メールなんて
後数年で廃れるから覚える必要はない。

だから、手紙の書き方を覚えなさい!
こう教わってきた世代です。

さらに言えば、
一生安定した暮らしがしたいなら、
経理を覚えなさいとかね(^^;)

いま思えば、そんなものは全部
ツールが解決してくれます。

逆に、そんな事を言っていた
オールドタイプの先生は、
恐らく時代に取り残された、
時代の残党とさえ思っています。

今回の人工知能や、
ゾルタクスゼイアンについて、
色々と考察してきましたが、
多くの人は、所詮ロボットでしょ?
なんて思っているでしょう。

ですが、我々はIT革命を目の当たりにし、
電王戦という不可能が可能になった瞬間を
こんなにも身近に感じているのに、
ちょっと人工知能に関しての
危機感が足りなすぎますよね。

最近では、体に直接ICチップを
埋め込んでしまおうという研究が
マジで始まっているくらいですから。

こうなってくると、
人工知能が人類を操る時代が、
本当にくるのではないか?
なんて考えてしまいますね。

そんな世の中も見てみたいけど、
正直、怖いですよね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP