ホピ族の予言は地球滅亡?宇宙人との繋がりや日本人の未来は?

 

世界には色々な民族がいて、
特にマヤに関係してくる民族には、
予言というものが付いて回ります。
神話とか色々あるんだけど、
今回クローズアップしてみたいのは、
アメリカの大地でひっそりと生活している
ホピ族について見て行きたいと思います。
都市伝説とか好きなんですが、
このホピ族はあまり世に出てないんですね。

ホピ族とは?

ホピ族

世に出ていないというよりは、
日本での認知度が高くは無い民族です。

やりすぎコージーで、
ミスター都市伝説こと関さんが
よく地球滅亡説とか陰謀論を
話しているのは見るんですけど、
このホピ族についてはまだ言及してません。

特に、関さんが取り上げるのは、
メキシコのマヤ民族の話だし、
キャッチーなのはマヤ民族なんで、
あえてそっちを取り上げているのかも。

さて、今回紹介していきたい、
ホピ族についてなんですけど、
まぁ~不思議なもので、
マヤ民族の末裔なのでは?
っていう話も出ているみたいなんです。

北米にも多種多様な民族はいますが、
ホピ族はその中でも最古の民族だと
言われるほど歴史は深いんです。

これだけ古いとね、
ホピ族に代々伝わる神話や、
予言が存在しているんですよ(・~・)>

ホピ族 予言

嘘か本当かわかりませんが、
ホピ族は5万年前の地球の歴史を
代々伝承しているみたいなわけ。

その内容は、マヤの末裔と言われるだけあって、
もうほとんど一緒なんですよ。

例えば、
マヤのアステカカレンダーってありますよ?
めっちゃデカイ石のレリーフです。
いわゆる『オーパーツ』ってやつ。
その時代には存在するはずないとか、
その時代の技術では作れないものみたいな
そんな感じの謎に満ちたものの事ね。

アステカカレンダー

そのアステカカレンダーっていうのは、
世の中の『時代』が刻まれていて、
第一の時代から第四の時代までがあるわけ。

んで、今我々が生きている今現在が、
『第五の時代』っていうことなんです。

第一から簡単に説明すると、

●第一の時代
⇒太陽が消滅しその時代が終焉

●第二の時代
⇒風によって時代が終焉

●第三の時代
⇒火山の爆発によって時代が終焉

●第四の時代
⇒大洪水によって時代が終焉

●第五の時代
⇒我々が生きている現在

って感じの時代に別れているみたい。
正確に言えば、新たな時代が始まっていて、
今現在は第五の時代と第六の時代の中間。

第六の時代は、人がどうこうじゃなくて、
人工知能によって支配される時代なのでは?
ってことが噂になっておりますな・・・(-~-;)

これはあくまでも『マヤ民族』の
カレンダーに過ぎませんが、
ホピ族もこれと同じカレンダーや
時代の流れを伝承しているのが
かなり不思議な部分なんです!

っとまぁホピ族やホピ族とマヤ族との
類似点はこんな感じなんですけど、
さらに興味深い点があるので、
紹介していきます。

ホピ族と宇宙人の繋がり!

ホピ族 宇宙人

いきなり胡散臭いっていう罠。笑
月刊ムーかよっていうレベルwww

でもこれが個人的には1番興味深い!
マヤ民族も宇宙との繋がりがあって
メキシコのテオティワカンにある、
パレンケのレリーフが有名です。

このレリーフなんだけども、
明らかに『宇宙船』らしき乗り物に
乗船し操縦している絵が描いてあるんです。

パレンケのレリーフ

この時点で衝撃的なんですけどね、
ホピ族の壁画にはもっと凄いのが
描かれているんですよ(*・^・*)

それが見出しにもあるように、

 

「宇宙人!」

 

なんです。
もうね、露骨に絵に残しちゃってるのが
結構とんでもないことなんですよ。

ホピ族 宇宙人

たいてい、もし仮に宇宙人との
繋がりがあったとしてもね、
例えば日本でいうところの「土偶」みたいな
非常にわかりにくい形として残すのは
まぁなんとなくわかるんだけども、
姿を絵に残したというのがヤバイわけ。

根本的な疑問としてね、
ホピ族の人達やマヤの人達の顔って
日本人と非常~に似ているんです。

まぁこれ言ってもいいと思うんですが、
DNAや日本人特有のウイルスである、
ATLウイルスというのがあるんですけど、
このATLウイルスというのはね、
世界でも多少持っている民族がいるけど、
日本人が圧倒的に多く持っている、
日本人特有のウイルス。

 

「こ・れ・が!」
これがマヤ民族とか南米・中米の民族も
持っていることが判明したんですよ。

しかも、ATLウイルスの遺伝子配列って
地域ごとに全然違うみたいんですが、
不思議なことに、マヤとか南米・中米の
民族と日本人のATLウイルスの
遺伝子配列はほぼ同じっていう・・・。

 

う~ん・・・
こりゃ行ったな古代日本人!

 

っていうのもね、
そこ辺りの民族の伝承には、
我々は先祖代々の言い伝えで、
「遥か遠い東の国から、
我々の祖先は海を渡ってきた」

 

こんな言い伝えがあるみたいです。
マジかよ・・・って話なんですけどね、
科学的には正しいってことなんですわ。

確かに、日本にも宇宙との繋がりを
感じさせるものってたくさんあるんです。

前掲した土偶なんて良い例で、
沖縄の海底遺跡から発見された、
沖縄のロゼッタストーンとかいう
謎の彫刻がされた石版があってね、
そこにも明らかにその当時では
考えにくい彫刻がされているんですね~。

さらに、ホピ族の伝承には、
ホピ族が迫害されてなくなりそうな時、
バハナという人達が石版を持って東の海に
船出をして、そのまま姿を消したという
なんとも興味深い伝承があるんです。

その時の石版が沖縄で見つかった
ロゼッタストーンなのでは?という
都市伝説があるんですよ。

沖縄 石版

壁画ひとつとってもそうだけど、
あの時代の技術力でさ、
そもそもあんな絵は描けないですよ。

しかも、日本には勾玉(まがたま)っていう
ヒスイっていう石でできた装飾品がありますよね?

ただ、このヒスイってめちゃくちゃ硬くて
当時の道具で穴を空けるのは不可能!って
言われるくらい硬い石だったりします。

謎ですよね?

こういった背景をみると、
もはや宇宙人とのコンタクトが
あったと考える方が自然です。

ホピ族の予言

ホピ族 予言

ホピ族の予言は実はかなり有名で、
これまでの世界で起きた大事件を
ドンピシャで予言し的中させています!

例えば、第二次世界大戦のことだったり、
原爆のこともかなり的確に当てています。
東日本大震災までも予言しているほどです。

厳密に言うとこれだけじゃなくて、
今の時代は一応第五の時代なんですが、
実は第五の時代ってもう終わっているんです。

しかも2013年に。
まぁ前掲したのと矛盾がありますよね?

っていうのは、
今現在が第五の時代が終わりかけている
真っ只中にいるからなんです。

簡単に言えば、

「第六の時代への転換期」

こう考えた方がわかりやすですね。

今現在ね、世の中で色々な事件や
争いが起こっていますよね?
特にヨーロッパ辺りで。

この事はバッチリ予言したますよ。
ホピ族だけではなくマヤ民族の末裔や、
中米にいる民族のほとんどが的中させとる。

このマヤ民族の末裔と言われる、
ホピ族なんかの少数民族に加えて、
イスラエル辺りの伝承が同じなんです!

それは、

メシア(救世主)は東の小さな国より生まれ
そのメシアが世界に現れたとき、
世界の戦いは収束し平和になっていくと。

また、第六の時代は皆が手を取り、
人種・民族・宗教の壁を乗り越えなければ、
人類は滅亡するだろう。

っていう伝承があるんですが、
若干内容は違えどほぼ同じ!

東の小さな国・・・
うん、間違いなく日本だね!

日本の昔話『かぐや姫』ね。
これと同じような話もマヤ民族にあるし。
もうね、ホントに共通点ありすぎ。

色々と見てきましたが、
我々日本人が目を向ける場所は、
こういった私たち日本人と近い
民族の方々なのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP