乙武仁美は乙武洋匡と不倫の相手を許した?画像や責任の一端とは?

 

また不倫か・・・
そう思わざるを得ませんね。
まさか乙武洋匡さんが不倫とは。
しかも、嫁の乙武仁美さんの声明文も
自身のブログに掲載したりさ、
もう中々のカオスになってきてますね。
コメンテーターとして色々な
不倫騒動にコメントしてたけども、
内心はどうだったんでしょうか。

乙武洋匡さんって、
めっちゃクリーンで爽やか~
っなイメージがあった人だし、
何より、ワイドショーなんかでも
結構的確なコメントをしていたので
私は好きだったんですけどね。

しかも、ゲスの極みとベッキーさんの
不倫騒動とかその他不倫騒動の時も
それなりのコメントもしてたしさ、
内心は「俺もしてるけどな」くらいの
黒い感じだったのかと思うとね、
正直、超ショックです・・・。

乙武洋匡 不倫

今回の不倫騒動について、
乙武洋匡さんがブログでさ、
妻の乙武仁美さんの声明文をね、
掲載したことも叩かれる一端だわ。

乙武仁美のコメントが切実

乙武さんのブログに掲載された
妻の乙武仁美さんのコメントもさ、
もうなんか色々と辛くなるよホントに・・・。

乙武仁美

いやもう、乙武仁美さんに責任はないと思うよ。
そこまで思いつめなくてもいいよ乙武仁美さん。

どう考えても、乙武さんの不倫が
100%悪いんだから・・・。

なんかこう、色々と責任を
感じてしまう部分もあったのね。
とはいえ、乙武さんもさ、
一応はある程度の好感度で
テレビに出演していたんですから、
今回の不倫騒動は絶対にアカンわ。

乙武の不倫相手画像がヤバイ

乙武さんの不倫相手なのでは?
なんて写真がすでに特定されていて、
中には「友達」というには近すぎる
とても親密に写っている写真もね、
マジであったりしてショックです。

乙武洋匡 不倫 相手

何枚かはブログとかツイッターでね、
見た事はあるものの、無いのもある。

しかも、不倫している人の場合さ、
あえて一緒にいる写真をアップして
友達ですよアピールするっていうのが
なんかこう常套手段というかさwww

この場合も完全にそのパターンやね。
あえて堂々とアップするパターンwww

とはいえね、乙武洋匡さん・・・
こればっかりはダメだよホントに・・・。

乙武仁美は不倫相手を許した?

乙武洋匡 不倫 嫁

話は前後してしまいますけど、
乙武仁美さんのコメントを見る限り、
不倫相手も旦那も許しているように
感じるんですよね~。

でも、引っ掛かるところは、
子供のためって言っている部分!

恐らく、子供達の為に離婚はせず、
子供達がある程度大きくなったら、
離婚する感じなのかも知れませんな~。

心から不倫を許せるような人は
正直なところいませんからwww
私だったら即刻離婚ですよ!

今回の乙武仁美さんのコメントを
乙武さんがあえて掲載したのは、
世間に許してもらいたいからじゃなく
自身の戒めの為に掲載したかもね。

っていうかそうじゃないと嫌。

まとめる

もうホントにやってくれたね。
あんだけ堂々とコメントしていた男が
まだか本人が不倫しているなんてね。

これは今度のワイドナショーが
相当面白くなりそうだぞ~www
絶対にみたいとですよ。

それにしても、乙武洋匡の今回の
不倫のおかげでさ、わかったよね?

 

「芸能界ってそういうところ」

 

だということがね!
だって、確かに乙武洋匡さんは
評論家っていう肩書きがあるものの
タレントとしての色も強いでしょ?

そんな人は不倫なんて絶対ダメ!
なぁ~んて事を言っていたのに
実際はさ、ほら!不倫してますやん!笑

これだけ有名な人が不倫してたんですよ?
だったら、週刊誌に掲載されているね、
「不確か」みたいな記事だって、
正直、結構信憑性があるんだよ本当は!

芸能人のズルいところは、
彼らは「映像」っていう
武器があるところなんだよ。

やっぱりね、文章や写真程度で
その噂を見ても「嘘だろうな」っていう
懐疑心が生まれるわけだけども、
「映像」っていうものはさ、
音・映像・写真・文(テロップ)っていう
全てのメディア要素がつまった
洗脳道具っていう感じなわけよ。

最近は、週刊誌に書かれていることは
嘘なんですよ~なんていう芸能人が
一気に増えてきているんだけども、
これは完全な「作戦」なのでね。

ダメ ゼッタイ

とはいえ、週刊誌が全部正しい訳じゃないし、
テレビが全部正しいわけでもないのでね。

この辺りは自分で勉強して
判断してみて下さいよ。

話を戻しますけど、
これからしばらくは乙武洋匡さん
散々追い掛け回されると思うが、
頑張っていただきたいです。

でも、不倫を潔く認めたのは、
ちょっと好感持てたけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP