モナリザに隠された謎やモデルの正体は誰?もう1枚がロシアで発見?

 

モナリザといえば、世界で最も
有名な絵画だと思います。
その作者である世界一の天才と
呼ばれているダヴィンチにも
多くの謎が未だ見え隠れしています。
今回、唯一無二だと思われていた
モナリザがもう1枚あったという
興味深いニュースがあったので紹介します。

モナリザに隠された謎

モナリザ モデル

綺麗な絵画ですし歴史的価値も
相当高いモナリザの絵なんですが、
作者がダヴィンチだという事だけ
判ってはいるけどもほかは謎。

ちょっと前に、
「ダヴィンチコード」って
映画が上映されて話題になりましたね。

ダヴィンチが本当に伝えたかった事を
自身の作品の中に隠したというやつ。

今回はモナリザの大きな謎について
迫って行きたいと思います!

モナリザの正体は誰?

もはや最大の謎とされてきた部分!
たいていの絵にはモデルが存在し
例えば農作業をしている婦人とかね。

ただ、モナリザについては、
ハッキリとしたモデルが不明で
あくまでも憶測でしか判断できないという
なんとも謎に包まれた絵画だったんです。

 

「ですが!」

 

都市伝説な部分もあるんだけど、
モナリザの正体だと言われる
本当の正体(モデル)がいるんです!

これまで、聖母マリアなのでは?とか
マグダラのマリアなのでは?とかね。
このマグダラのマリアっていうのは、
イエス・キリストに生涯寄り添って生きた
側近的な人物なんです(妻っていう説もあり)。

本当に色々な憶測が飛び交っていますが、
モナリザの正体を明かします。
(あくまでも都市伝説ね)

 

「イエス・キリストの子孫」

 

だということ!(∵)b

イエス・キリストとその妻である
マグダラのマリアの子孫だよっていう、
物凄くあり得そうな噂ですよコレは!

しかも、モナリザって良く見ると
妊婦さんの要素がたくさん描かれていて
若干ふくよかな体型だっていうもあるし
かなり信憑性の高い話なんですわ。

なんでこんなに信憑性が高いのか?
それは、ダヴィンチが生涯に渡り、
「モナリザ」
「聖アンナと聖母子」
「洗礼者ヨハネ」

 

この3枚の絵だけは、決して売らず
自分で所有していたという謎もあるからです。

ダヴィンチコード

普通、絵描きさんがですよ?
執拗に自身の描いた絵を守るのは
まぁ~不自然極まりないです。

しかも強烈にメッセージ性の高い
絵画なんで尚更なんだよねwww

モナリザについてですが、
要はイエスの血は受け継がれているぞ
っていうメッセージが隠されています。

ここまでくればもうわかった方も
いるかと思いますけども、
モナリザって実在した人物です!

これが何より世に出てはマズイ
絵画なんですよ、本当はね。

簡単に説明すると、
イエス・キリストってさ、
神的な存在なのでね、
その子孫が残っているというのは
かなりマズイ話なんだよね。

ダヴィンチ

偶像崇拝っていうものが宗教だし
その神となる人物が現世にいるのは
あってはならない事って感じかな。

世の中には色々な不都合があって、
それを信じる側面もあるわけなので、
私的にはこの辺りについては
なんら偏見は無いんですが不思議ですね(^^)

もう1枚のモナリザがロシアで発見?

これまた驚きのニュースでしたね~
決して中国のようなパクりじゃなくて
ダヴィンチが描いた本物のモナリザ!
写真はギャグですからwww

この時代の絵ってね、
だいたい2枚あるみたいよ。

依頼主から修正を頼まれたり
宗教的な問題なら消したり足したり
もう1枚描かされたりって感じで
同じ作品でも複数まいあるパターンが
非常に多いっていうのはここね。

んで、今回見つかったもう1枚のモナリザ。
その場所が何故かロシアっていう謎www
ロシアも中国と根底は似てるからな、
最初はかなり疑っていたけども
マジで本物みたいよ。笑

世間的に知られているモナリザは、
パリのルーブル美術館が所有・展示していて
広く知られているのはこのモナリザ。

一報のロシアのモナリザはね・・・
って言う前に実はさらにもう1枚、
イングランドでもモナリザが
見つかっているという謎。

ロンドンのアイルワースという
アトリエでかつて保管していたので
「アイルワースのモナリザ」

 

って呼ばれているみたい。
今はスイスで保管されているようで
もしからしたら結構ヤバイレベルの
ダヴィンチコードが隠されているのかも。

っていうか、基本的にコンセプトが
まるで違うような雰囲気だよね。
色々な説もあるんだけど、
一般的なモナリザの「娘説」とかさ、
モナリザの若い時なのでは?とかね。

個人的には、モナリザの娘っていう
説の方がしっくりくるんですが。

モナリザ アイルワース

まぁこれも都市伝説なんだけど、
たいていの絵とか文化遺産的なものは、
本当のモノは絶対に公開しないで、
我々庶民が目にしているのは偽物だという説も
少なからずあるくらいなんで、
隠されたメッセージはあるのかもね。

むしろ、これが本当に
アイルワースのモナリザなのかも
ちょっと疑問に感じてきたなwww

んで、今回の目玉ニュースとして、
ロシアのモナリザなんだがね、
何故かロシアのコレクターが
所有していたと謎さもあるし、
当然、ダヴィンチコードとして
右目に「S」左目には「L」
隠されているんだって。

あれ?って感じじゃない?

ダヴィンチが描いたなら、
「L」と「V」なはずだよ。

レオナルド・ダヴィンチだからね。
※Leonardo da Vinci

んで、ロシアのモナリザは、
「L」と「S」ですよね?
これは弟子のサライとリザだって・・・

この時点でダヴィンチのじゃない・・・
けど、その意志を次いだ弟子なら
これはこれでダヴィンチコードが
隠されている可能性が超高いね!

モナリザ ロシア

ぶっちゃけ、このモナリザはね
本当にヤバイよ!いやホントに。

っていうのも、両端に柱ありますよね?
「こ・こ・が!」マジでヤバイ部分!!

この柱さ、某有名な秘密結社にも
関係してくるものなのよね。

 

『この柱を通ったら入会できる的な』
ってことはね、
モナリザってイエスの子孫なのに
フリー〇イソンに入会してるじゃん!
っていうリアル問題作!!

そもそもモナリザって結構な
パターンがある絵画作品なんでね。
全部集めたら何かわかるかもね。
ポーネグリフ的な扱いな件ねwww

少なからず、世の中の秘密を
隠しているとみて間違いはないような
そんな感じがする今日この頃。

都市伝説っていですね~(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP