岸谷香は印税の限界か?プリプリ再結成の本当の理由は?

 

伝説のガールズバンド、
プリンセス・プリンセスのヴォーカル、
岸谷香(奥居香)さんについてなんですが、
解散後も芸能人として活動していて
1年に1回くらいはテレビで見かける
今何してるの?感が強い方だと思います。

もはや社会現象レベルの人気と
カッコイイ楽曲で一世を風靡して
今でも根強い人気がありますよね?
私もプリプリの大ファンでした(^^)
っていうと年齢感バレちゃうので
あまり深追いはしないけどもwww

岸谷香 印税

そんな岸谷香(奥居香)さんなんですが、
東日本大震災が発生してから、
「復興」をテーマにして再結成し
被災地支援・復興をしていましたね。

方々でニュースになっていたんで
ご存知の方も多いかと思いますが、
個人的には中々の「?」っていう
部分と裏側がね、見え隠れしてない?
って感じがあったので俄然調査した!

岸谷香(奥居香)さんの印税ってどれくらい?

奥居香

プリンセス・プリンセス自体は、
当時は信じられないほどの人気があり
テレビや雑誌、ラジオなどの
各種メディアから引っ張りだこで
1983年のデビューから1996年に
解散するまでず~っと売れていた
そんな印象があるバンドなんでね、
しかも、ミリオンセラーもあるし
ミリオンじゃないにせよ、
オリコンチャートは楽曲発表すれば
常に上位っていう感じだったよね。

ってなるとさ、
「印税」なんて尋常ではない額が
入ってくるわけですよ(∵;)

さらに、岸谷香(奥居香)さんは作曲しているし
恐ろしい額が今でも入っているはず。

 

額を予想したら、億は当然ありますね。
今でもそれくらいの印税があるでしょう。

 

だから、「アーティスト=一攫千金」
っと言われているんだよね。

ん~もはや何もしないで
遊んで暮らせると思うけども
再結成した理由も間違いなく金。
ちょっとみてみましょうか。

岸谷香(奥居香)は印税の限界でプリプリ再結成?

奥居香 印税 限界

おかしいと思いませんか?っていうね。
私はプリプリの大ファンだったんで
再結成については超嬉しかったけど、
ファンじゃなかった人からみると
今回の再結成には裏を感じるみたい。

まぁ~私もこの点については
ちょっと不自然さを感じてたけど・・・(^^;)

プリンセスプリンセスの解散理由は、
岸谷香(奥居香)さんが楽曲を作れなくなったとか、
方向性の違いでとか公表しているけど、
それはあくまでも表向きの話。

プリプリ解散の理由や現在について

本当の理由は間違いなく、
『金銭トラブル』でしょうね!

内輪モメの理由なんてね、
大体が金銭トラブルなんだよね。
下積みって言えば聞こえはいいけど、
実際は売れるか売れないかわからない
賭けみたいな部分がある世界だし
当たれば何十億っていうお金が
手に入るかもしれない世界でもあるわけ。

そんな狂った世界にいてさ、
普通なら仲悪くなるってことはないし
どんな手を使っても解散はしないのよ。

そうなると間違いなく
金銭トラブルが原因でしょう。

岸谷香 プリプリ 再結成

最近では昔の曲が流行ってきてて、
特に90年代に活躍してた人達の
芸能界復帰が非常に目に付くのよ。

これってさ、考えてみればわるけど、
プリプリを知らない世代が増えてくれば、
当然、印税も少なくなってくるんですよ?
早い話が、お金がなくなってきた証拠。

プリプリのドンピシャ世代って
今の40代前後なのでね、
結婚して子供に手が掛かる世代なわけ。

そうなるとカラオケにもいかないし
子供以外に時間を使えないんです。
ってことは、もうプリプリに印税を
献上することは不可能なんだよねwww

必然的に印税もなくなってね、
再結成をするしかないってことやね。

ネット言われている裏側はさ、
震災後に再結成したっていうのが
上記の様な風に捉えられるのよ。

まとめる

岸谷香 再結成 理由 本当

何よりさ、金銭トラブル且つ
不仲によって解散してるバンドだし
震災があったからといって再結成して、
1年間限定といっていたものの
確実にこの先もまだ活動するよね。

まぁ~1点良かったと思うのは
義援金の額を公表している事かな。
ほんとそれだけだと思うよね。

ってことは、それ以上のお金がね
モチロン入ってくるわけだし
過去の楽曲がリバイバルヒットする
そんな可能性も視野に入れているのは
もう確実ってことだよね。

とはいえ、プリプリがまた見れるのは
ファンとしては嬉しいことなので
これからの活動を楽しみにしてます(^^)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP