工藤めぐみってサンバのダンサーが超絶!結婚やブラジル生活は?

   2016/05/06

日本人でブラジルのリオのカーニバルに
出場して大きな結果を残した工藤めぐみ!
幼少からクラシックバレエをしていて
基礎はバッチリ、根っからのダンス好きな方です。
気になるブラジルでの生活や、
結婚について調べて見ました。
また、サンバのダンサーとしての
工藤めぐみさんを知りたいですよね(^^)
男性人は彼女の有無ですかね?笑

ダンスの基礎を幼少から身につける

工藤めぐみ サンバ
出展:http://www.cieej.or.jp/cieeclub/interview/1508/

日本人でリオのカーニバルにパシスタとして
出場する工藤めぐみさん!
綺麗ですよね輝いてますよね!

大好きなダンスは、
小さい頃からバッチリと
習っていたそうです。
ブロードウェイでも当たり前ですが
クラシックバレエは踊りの基本

ヒップホップダンサーでも、
クラシックバレエは
ダンスに絶対に必要だと
言うくらいに基礎なんです。

そのダンスの基礎を9歳から目的を持って
習い始めた彼女、小さな時から踊るのが
大好きだったみたいですね。

工藤めぐみ サンバ ダンサー
出展:http://www.cieej.or.jp/cieeclub/interview/1508/

この頃は、お母さんと一緒に
サンバとバレエの両方を習っていて、
最終目標はリオを目指していたそうです。

でも、プロのクラシックバレエのレッスン
3歳くらいから始めないと、9歳では
少し遅いように思いますが、
彼女はここから努力します。

始めが遅かった分懸命に努力をして
19歳まで頑張りまくって
ダンスインストラクターになります。

すごいファイトですよね!
そうまでするくらいに
ダンスが大好きなんですよね。

19歳からブラジルへ無視されても頑張った

工藤めぐみ ブラジル

19歳の時に彼女は、小さな頃から夢見た
ブラジルに行きます。

工藤めぐみさんは、
小さいな頃からサンバのダンサーに
なることが「夢」で、それに向かってバイト代や
お小遣いを貯めていたんですって

えらいわー、私が19歳の時はバイト代は全部
洋服代や、カラオケ代になって自分の夢のために
使うなんてなかったwww

どっちが幸せなんでしょうね?友達と遊んで暮らすか
自分の夢に向かって突き進むか?
やっぱり夢に向かう人がかっこいいですね。

工藤めぐみ ブラジル サンバ

工藤めぐみちゃん、ブラジルに留学してからは
とっても大変だったみたい

リオのカーニバルは、ブラジルの人にとって
人生そのもの、とても大切な誇りなんです。

ブラジルの方に一番大切な物はなんですか?
っと聞くと家族が一番大事よ、
だけどカーニバルがホントは
一番大事なのと答えますよwww

どんな国やねんwww

 

自分たちのカーニバルに誇りを持って
一年間のほとんどを、カーニバルの準備に
使っているんですよねー。

そんな大切なカーニバル、
ソロで踊るダンサーが
ノってるじゃないですか。

あれはパシスタと言うんですけど、
工藤めぐみちゃんはパシスタになるために
ブラジルで練習を始めました。

ソロダンサーのパシスタは、一つの団体が
3000~4000人もいる中で、
ひと握りの数人しかなれないんですよ。

工藤めぐみ サンバ リオデジャネイロ

なんか意外ですよね。
おざっぱそうな国なのに。笑

そんな厳しい世界で苦労したみたいですねー。
彼女は明るいから、いつも笑顔で話しかけて
ずっと頑張ったみたい

言葉が全く通じない中でよくやりましたねー。

工藤めぐみってサンバのダンサーが超絶

工藤めぐみ ダンサー ブラジル

もはや誰かわからんねwww

っとまぁ話を戻してね、
工藤めぐみちゃんは、ブラジルに一度留学して
帰ってきてから、大学を卒業して
さらにダンスの腕を磨きました。

工藤めぐみちゃんのダンスは超絶で
ホントに日本人って感じの腰使いで
激しいんですよ。

あれだけ激しいダンスをするから、彼女の
腹筋は素晴らしく鍛えられていて筋肉が
すごいんです!

工藤めぐみ ブラジル 生活

ダンスの腕は、現地でも認められるほどですから
最近では、日本国内で行われるカーニバルの
イベントにも出ています。

地元神戸で行われるサンバフェスタKOBEに
毎年出ていて、最優秀賞をもらっているとか
当たり前ですよねー本場じこみですからね。

日本人の中にも、工藤めぐみちゃんみたいな
プロのパシスタになりたいと憧れている人も多くて
最近注目されています。

キレイな彼女ですが、
結婚していませんねー。

工藤めぐみ 結婚 サンバ カーニバル

彼氏は、いないみたい
彼女のオフィシャルブログにもお母さんは
よく出てきますが、男の影は出てこない

まだまだダンス一本で生きていたい
年頃なのかもしれないですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

▲ PAGE TOP